FC2ブログ

記事一覧

『プリショット・ルーティーン』を作る“ゴルフ・メンタルの極意”

『プリショット・ルーティーン』とは「ショットの前の手順」のこと。「テークバックを始める前の動作の手順」を指し、この記事内では以降は主に『ルーティーン』と言うことにします。実はショットの後にも『アフターショット・ルーティーン』と言われるものがあります。これも大切なので別の機会に説明しますが、特別な注意書きをしない限り『ルーティーン』は『プリショット・ルーティーン』のことと理解して読み進めて下さい。打...

続きを読む

メンタル強化のためにアドレス前に行うこと“ゴルフ・メンタルの極意”

ボールを打つ前におしゃべりをする人はあまりいません。たまには「ど真ん中にドカーンと飛ばすぞ」などと言うことがありますが、たいていは黙って構えて打ちます。このことは練習のときでも同じです。でもメンタルを強化するにはアドレス前にしゃべってほしいことがあります。どこに、どう打つかを宣言するこれから打つ球筋を『宣言』するのですが、特に『本番ショット』の練習では必ずこれをやってほしいのです。よい『宣言』とは...

続きを読む

練習の半分は『本番ショット』を打つ“ゴルフ・メンタルの極意”

「昨日の練習場では完璧なドライバーショットが打てていたのに!」ゴルフ場ではこの手のセリフをよく聞きます。この後には「それなのに今日は曲がってばっかりで、全然真っ直ぐ飛ばないよ。機能とは別人になっちゃった」という嘆きが続くのがお約束のパターンです。こういうことが何度かあると、「どうして本番では練習場みたいに打てないんだろう。オレは本番に弱いなあ」と思ったり、口にしたり、だれかに言われたりします。する...

続きを読む

ゴルフはメンタルだ!“ゴルフ・メンタルの極意”

『ゴルフはメンタルだ』という言葉を否定するゴルファーはいないでしょう。でも「メンタルを使って、よいゴルフをするにはどうすればいいか」を知っているゴルファーはかなり少ないのです。プロも例外ではありません。例えばプロツアーで優勝争いに敗れた選手は「気持ちで負けた」、ということが非常に多いのです。でも、その後にその選手が取り組んでいるのは、それまでと同じ技術的な練習だけ、ということがよく見られます。メン...

続きを読む

渋野日向子に石川遼は東京五輪に出られるか? オリンピックゴルフ日本代表は誰に?

2019年の男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制した石川遼は、東京五輪出場へ首の皮一枚つながったとコメントしていました。では、晴れて出場を決めるにはどうしたらいいのか? 改めて、オリンピックに出場するための“条件”をまとめてみました。オリンピックゴルフランキングとは?オリンピックに出られるか出られないか。それを決めるのが「オリンピックゴルフランキング」です。後述するようにいくつかの条件があ...

続きを読む

スライスの様々な原因と対処法

ゴルファーが最初にぶち当たるゴルフの壁のひとつが、「スライス」です。勢いよく飛び出したボールが右に弧を描いて曲がり、林の中や、OBゾーンへ……。ゴルファーを悩ませる球筋「スライス」はなぜ起きるのか? それを防ぐには、どんな打ち方やどんな道具がいいのか? 基本をまとめてみました。スライスはなぜ起こる?スライスはなぜ起こるのでしょうか。根本的な理由は、ゴルフクラブの構造にあります。自分から見た場合、ゴルフク...

続きを読む

金谷拓実が松山英樹に続くアマ優勝。 「“心臓がない”みたい」な逞しさ。

身体よりわずかばかり大きい、真っ赤なチャンピオンブレザーに西日が溶ける。プロツアーの表彰式に出るのは初めてではない。日本オープンの3回を含め、ベストアマチュア賞で列席したこと多数。とはいえいつも隣にいるはずの優勝者が、この日は他ならぬ自分だった。静岡・御殿場での三井住友VISA太平洋マスターズで、東北福祉大に通う21歳の金谷拓実が初優勝を飾った。アマチュアが日本男子ツアーを制したのは1980年の倉本昌弘、200...

続きを読む

コースデビューで慌てなくてすむ方法“ゴルフビギナーの基本”

林からは7番アイアンのアプローチでフェアウェイに戻そうティショットなどで運悪く林の中に打ち込んでしまったときは、ボールをいったんフェアウェイに戻すことが先決です。グリーンの方向を見たら、木と木とのスペースが狭く、枝が左右に張り出していて脱出が困難と判断した場合、グリーンの方向に打つのは断念してください。グリーンが見えているからといって、狭いルートの方向に打ち出せば、ボールを木に当てて、さらに林の奥...

続きを読む

移動は素早く、スイングは「ゆっくり」と “ゴルフビギナーの基本”

コースデビューの時は万事が上手く運ばず、安定したプレーなんてなかなかできないものです。ゆっくりと歩いていられる時間もあるかもしれませんが、おそらくは走っている時間のほうが多いことと察します。むやみやたらに走り回らなくても結構ですが、できるだけ先行することを心掛けましょう。ゴルフは目標から一番遠い人から打つと決まっています。初ラウンドの人は、ティショット以降は、一番先に打つケースが絶対的に多くなりま...

続きを読む

傾斜地ではバランス感覚を第一に “ゴルフビギナーの基本”

ゴルフ場と練習場の一番の違いは、ゴルフ場には平坦な場所がほとんどない点です。ティーイングエリアは基本的には平らですが、ティショットを打ち終えてボールをカップインするまで様々な傾斜に遭遇します。ボールがフェアウェイ上にあっても、平らとは限らないのです。フェアウェイでも傾斜地になっていたらトラブルショットと考えてください。傾斜地では7番アイアンより長いクラブは持たない傾斜には大きく分類してツマ先上がり...

続きを読む

スポンサーリンク

最新記事一覧

アプローチは『イメージ3回、ヒット1回』で練習効率を上げる“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 26, 2020
『ヘッドの動き』に全神経を集中する“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 17, 2020
2020年 美人女子ゴルファー人気ランキングトップ10(日本人女子) Sep 09, 2020
パットのタッチは『前向き素振り』でフィーリングをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Aug 31, 2020
『10球連続カップイン』してから寝る“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 22, 2020
毎日10分ずつボールを転がす“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 15, 2020
スイング理論は盲信せず、『球筋で判断』する “ゴルフ・メンタルの極意” May 11, 2020
『フィニッシュをしっかりとる』 “ゴルフ・メンタルの極意” May 07, 2020
『前向き素振り』でリズムをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 22, 2020
『ルーティーン』は2つの『ボックス』を使い分ける“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 07, 2020