記事一覧

腕を速く振れば振るほど、ヘッドスピードは上がらない?

maxresdefault2.jpg

ボールを遠くまで飛ばしたければ、「ヘッドスピードの向上」が絶対条件です。他にもミート率やクラブヘッドの軌道、クラブの入射角、ボールの打ちだし角、ボールのスピン量なども飛ばしの要素ですが、やはりなんといっても、スイングのスピードアップがロングヒッターに変身する近道と言えます。

ところが現状では、クラブを速く振ろうとして失敗するゴルファーがとても多いのです。それは、ヘッドスピードを上げることを「腕を速く振ること」と勘違いしているからです。

腕を速く振ろうとすると、手ばかりが先行してしまいがちです。一生懸命になって腕を速く振れば振るほど、ダウンスイングからインパクトにかけて両手が先に出てしまい、肝心のクラブヘッドが走りません。

おまけに両手のローテーションがスムーズに運ばず、フェースが開いて当たり、曲りのひどいスライスが多発します。

「腕を速く振ろう」と考えること自体が、もう手打ちなのです。さらにそれに加えて、スイングの支点がグリップエンドとなり、スイングアークが小さくなってしまう弊害もあります。「速く振るだけ損」というわけです。



左手素振りの感覚で、クラブヘッドの“遠心力”を最大限に引き出す

現在のドライバーは「シャフトが長い」「ヘッド体積が大きい」「クラブの総重量が軽い」という特性を持ちますから、ヘッドスピードを上げて飛距離アップを実現させるには、「クラブヘッドの“遠心力”をいかに引き出すか」にかかっています。

スイングの作用点をクラブヘッドとすれば、支点は体の回転軸です。この場合はスイングの支点を体の後ろ側、つまり背骨や首の付け根と置き換えて考えてください。

作用点と支点の距離が長いほど、スイングアークが大きくなり、体を回転するだけで、クラブヘッドの遠心力が最大限に働き、ヘッドスピードが自然に上がります。

それに比べ、腕を速く振ることばかりに意識がいくと体の回転が止まりやすく、スイングの支点がグリップエンドになってしまうので、スイングの半径が2分の1、つまり半分になってしまいます。

腕を速く振っている割には飛びませんし、左右に曲がるという残念な結果にしかならないのです。

体の回転を主体にするには、ヒップターンを動力と考えるのが原則ですが、ここでは「腕とクラブをつねに体の正面にキープしてスイングする」ことを心がけてみてください。

これを体感するには、「左手だけでクラブを持ち、素振りをする(左手素振り」練習が効果的です。左の二の腕を左胸に軽く乗せるように構え、左ワキに締まりを感じておきます。バックスイングでは左ヒジを曲げずに、左肩の付け根からクラブヘッドの長さをキープするつもりで、左肩を大きく回して振り上げましょう。

PGOG-108426.png

アドレスからインパクトまでは左ワキの締まり感覚と、左腕の長さを変えないようにして、フォロースルーでは左胸を大きく張り、フィニッシュへと振り抜きます。

左ワキにヘッドカバーを挟んで行うとわかりやすく、インパクト以降でヘッドカバーが落ちるのが正しい動きです。体幹を使ってクラブヘッドの遠心力を有効活用する感覚を、この練習でつかんでください。

腕を速く振るほどインパクトで手先が先行して、クラブヘッドは走りません。

体の回転を使い、クラブヘッドの遠心力を活用する感じをつかむには、左手素振りが有効です。左腕を伸ばしたままバックスイングをし、大きなアークで振り抜きましょう。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017