記事一覧

「頭を残そう」という意識は持たなくていい?

「頭を残して打ちなさい」という教えは、ヘッドアップを戒めることを目的に生まれた言葉でしょう。

でも、「頭を残す」って一体どういうことでしょうか。また「ヘッドアップ」とは何でしょうか?

その問いに対して、正確に応えられるゴルファーはきっと少ないと思うのです。

頭を残そうとすると、大概のゴルファーは、インパクトからフォロースルーにかけて、ボールをティアップした地点を見続けようとします。ボールはとっくに目標に向かって飛んでいるのに、ボールの残像をとらえて離さないのです。

なぜそうなるかと言うと、「ヘッドアップ=悪い動き」と考えられているからです。インパクト前に顔や目が目標方向に向いてしまうのがヘッドアップですが、そうならないように頭を無理に止めてしまうのです。

PGOG-125041.jpg

頭の位置が不変なら、ルックアップしてもいい


ヘッドアップは確かに間違った動きです。ヘッドアップとは「頭が上がること」であり、本来「インパクトで上体が起きてしまう」エラーを指します。それとは逆にボールをしっかり見ようとしてインパクトで頭が下がるのを「ヘッドダウン」と言い、実はこれも悪い動きです。

インパクト前に、顔や目が早く目標を向いてしまうことを、正しくは「ルックアップ」と言います。

しかし、インパクト後も目線をボールがあった地点に注がなくてはいけない理由なんてどこにもありません。

インパクトまではボールをしっかり見つめて、体の回転に従って顔が左に回転するプロも多くいますが、インパクト前から顔が目標側を向いているプロも少なくないのです。

その現象が何を意味するかと言うと、「ヘッドアップを含む“頭の上下動はいけない”けれども、目線が早く目標を向くのは一向に構わない」ということです。



何度も言いますが、骨盤の旋回によるヒップターンを心がければ、アドレスの前傾姿勢が一定に保たれますし、スイング中に頭が前後左右に揺れることもなくなります。

「ヘッド・ビハインド・ザ・ボール」つまりアドレス同様、頭をボールよりも後ろ側にキープしてインパクトを迎えることで、パワーを効率よく伝達することが出来ますが、これも勝手にできてしまうのです。

極論すれば、頭を残す意識なんていらないのです。

ゴルフスイングは、わずか2秒足らずで済んでしまう一瞬の動きですから、体のどこかを止めておく意識は、できるだけ持てないようにしましょう。

インパクトまではなるべくボールを見ておくのがいいのは確かですが、体が硬くなったなと感じている人や、柔軟性に自信の持てない人は、ボールを打ち終えたら顔をさっと目標を向けてしまうくらいの気持ちでスイングしてみてください。

頭が上下動しなければルックアップしてもOK!

クラブヘッドで大きな円弧を描くように振り抜け、クラブの遠心力と体がそれを引き戻そうとする求心力の引っ張り合いが生まれますので、ヘッドスピードが向上します!

■レキシートンプソン ドライバー スロー動画

Trying out the new @cobragolf F7! #firestone

Lexi Thompsonさん(@lexi)が投稿した動画 -




“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017