記事一覧

ドライバーの飛距離アップは「飛ばさない」練習から始める

ドライバーショットが誰よりも飛ばせる人は、ゴルファー憧れの的です。

ジャンボ尾崎の全盛期がその象徴でしたし、ドライバーの飛距離に勝るということは、次のショットでそれだけ短いクラブを使えますから、大きなアドバンテージとなります。

ゴルファーの誰もが「もっと飛ばしたい!」「飛距離アップを実現させたい!」と意欲を燃やすのも当然でしょう。

しかし、ドライバーの飛距離を伸ばしたいと思い、「飛ばす練習に取り組めばいい」と安易に考えると、スイングを壊してしまうことになりかねません。

体のオーバーターンや力み、クラブの振り過ぎなどから「上体と下半身のバランスが整わず、ミート率が低下する」「自分ではクラブを速く振っているつもりでもヘッドスピードは全然上がっていない」といった症状が出てしまいます。

Golf-kid-640x440.jpg

“ゆっくりしたフルスイング”で、最小の飛距離を知る

飛ばせるようになりたければ、発想を逆転させてください。

そう、「飛ばさない」練習をするのです。

と言っても、アプローチと同じくらいの小さい振り幅で打つわけではありません。

スイング自体はフルショットですが、この練習では「体をしっかり捻ることを意識し、できるだけゆっくり」とバックスイングします。

ダウンスイング以降も、ゆっくりとクラブを振りましょう。

インパクトでは力を入れず、クラブヘッドの重量をボールにぶつけるだけのイメージです。

この飛ばさない練習で、自分のドライバーの最小距離を知ることができます。

ここが、飛距離アップの出発点です。



それでは、やり方を説明しましょう。

軽くスイングするのですが、両手を緩く握り過ぎてはいけません。

全力を10とすれば、4~5くらいの力加減を最後までキープし、体のどこも緩めないことが重要です。

「150ヤードくらい飛べば十分」というくらいの気持ちでスイングしても、当たりが全然違うことにきっと驚くでしょう。

バックスイングで捻転がしっかり作られるので、クラブヘッドの質量がボールに伝わりやすく、ミート率も上がるため、思った以上に飛距離が出るのです。

まず、自分の最小飛距離を把握し、そこからスイングスピードを徐々に速くしていきましょう。

仮に最小飛距離が150ヤードであれば、そこから10ヤード刻みで距離を伸ばしていくことを目標にしてください。

飛ばさない練習を通じて、クラブを軽く振る難しさがわかります。

「軽く振ることが、緩みとはまったく違う」ということが理解できるようになれば、スイングのスピードを上げようとした際、力みが入ってしまう心配がなくなります。

プロのスイングを見ていても「あんなに軽く振っているのによく飛ぶなー」と驚くときありますよね。

飛ばさないスイングの延長に飛ばせるスイングがあり、クラブの運動効率がまったく損なわれないから、最大の飛距離が生まれるのです。

いきなり力任せに振り回しても飛距離アップは期待できません。

ゆっくりとしたフルスイングで、最小の飛距離を知る練習からスタートしましょう。

“飛ばさないスイング”の延長に“飛ばせるスイング”があります!

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017