記事一覧

アプローチやパットは「振り幅」ではなく「スピード」で距離感を覚える

アプローチの距離感について語るとき、私は「自分自身の感覚」をもっともっと前面に出す事をオススメしています。

たとえば30ヤードの距離を打ちたいとき、ほとんどのゴルファーは「振り幅」を考えようとします。

目標までの距離を、机上の計算のごとく「思考」によって対応しようとするわけです。

これは、距離感を把握する練習法のひとつとして、大きな時計盤のイメージを学習させられたのが、要因になっていると思います。

背中に大きな時計盤を想定し「8時から4時までの振り幅」「9時から3時までの振り幅」で打つという具合に「スイングの大きさを変えて距離感をコントロールしなさい」と、どのレッスン書にも書かれています。

86f7307e93030090e1ed7923623e5714-840x440.jpg

目標までの距離が遠ければスイングが大きくなり、目標が近ければスイングも小さくなるのは当然のこと。

ですから、距離感の基準を作る上で、時計盤のイメージがそれなりに役立つのは確かです。

時計盤のイメージが、距離感をダメにする

アプローチの基準づくり-275x300

時計盤のイメージだけでアプローチを覚えた人は、絶対にうまくなれません。

絶対は言いすぎですね。しかし、ある程度上手くなることはあっても、上達に限度が見えてきます。

なぜなら、誰もが本来持っている「本能」を封印してしまうからです。

もう一度考えてみてください。距離感とは「カン」です。

頭で処理することではなく、視覚による「感覚」で対応すべきものなのです。

5ヤードくらい先のゴミ箱を狙ってゴミを入れようとするとき、いちいち「腕をどのくらいの大きさで振ろうか」などと考えるでしょうか?

目で見た感覚に合わせて、腕を振ろうとするはずです。これが本来の距離感なのです。

パットでも同じことが当てはまります。

パットを打つ時に必ずストロークの大きさ(振り幅)を考える人でも、パターを持たずにボールを右手で転がす時は腕の振り幅を考えません。

それでも、自分の本能が働き、案外距離感が合いやすいものです。

バックスイングで「クラブをこのくらいの高さまで上げて、この振り幅で打てば何ヤード飛ぶ」といった発想は、もう捨てましょう。

自分でモノサシを作ってしまったり、変に型にはめたりすると、それが距離感を作る上で、手かせ足かせになるケースがとても多いのです。

それに振り幅の大きさを気にするあまり、インパクトが緩んでしまうことにもなりかねません。



自分自身の“感覚”と“スピード”が大切!


ゴルファー個々の距離感の基準はそれぞれ違います。

筋力や体型、ゴルフの経験値などから、同じ30ヤードを打つにしてもスイングの大きさが異なって当然です。

重要なのは、自分自身の感覚を頼りにして、打ちたい距離を打つということです。

そこには「スピード」という要素も加わります。

「ピンまで30ヤードだけど、グリーンエッジまでは、大体15ヤード。グリーンは左から右に傾斜している。だからキャリーで20ヤード打って、グリーン乗ったら後は、転がりに任せてピンに寄せよう」

というようにまず、このようなアプローチショットの組み立てや、弾道のイメージを明確にしておくことが大切なポイントです。

そして「ボールをどのくらいのスピードで打ち出すか」のイメージが決め手となります。

100632720.jpg

先ほど述べた、グリーン上でパターを持たずに、右手でボールを転がすのと同じです。

カップが近ければ転がすスピードはゆっくりになりますし、カップが遠ければボールの転がりの初速は速くなるでしょう。

この「スピード」がすなわち「距離感」であって、これによってはじめて、スイングの大きさと腕の振るスピードが決まるのです。

時計盤のイメージしか持たない人は、ショットのイメージがありません。

ある程度上手くなることはあっても、上達に限度が見えてきます。

練習場では振り幅を考えず「30ヤードや50ヤードの表示板を狙って打つ」「1球ずつ目標までの距離をランダムに変えて打つ」などして、本物の距離感(自分自身の感覚とスピード)を磨いてください。

距離感を合わせるには振り幅よりも“スピード”です。

大きな時計盤をイメージして振り幅を第一に考えると、本来の距離感が磨かれません。

落としどころをを狙って「ボールをどのくらいのスピードで打ち出すか」をしっかりイメージして距離感を磨いていきましょう。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017