記事一覧

適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える

みなさん素振りをする際はどのように行ってますか?

私の場合、自宅の庭などでコースでのショットを想定した素振りをするときは、必ず地面にティペグを刺しておきます。

ティペグを使わず、落ち葉を置いて打つだけでもいいですし、土の上に縦に線を引き、その線の上にクラブヘッドを入れる素振りもとても有効です。

golf-kid.jpg

ボールをヒットするイメージを強調した素振りは、本番のショットとのリンク性が向上します。

素振りのクオリティーがアップし「素振り」と「本番」を限りなく近づけることが可能です。

ところがコース上で、フェアウェイウッドやアイアンなどでショットする際、ほとんどのゴルファーは、クラブヘッドを空中で振る素振りを繰り返しています。

クラブヘッドが芝にまったく触れていないので、文字通り「空振り」です。

空振りしている素振りですから、ダフる人はいないでしょう。

しかし、素振りでの「空振りの感覚」が残っているために、反対に本番のショットでは「ボールに当てよう」として体が突っ込み、結果ダフりを招いてしまうのです。

クラブヘッドを上からドンと叩きつけて芝を傷つけるのはマナー違反ですが、本番のショットの前には、芝を軽くこする素振りをしましょう。

ホウキで掃くような感覚で、ソールを芝の上で滑らせるイメージです。



“素手の素振り”で安定したスイングが身につく


素振り練習は、両手をバランスよく握るコツや、適正な「グリッププレッシャー」を把握しやすいという利点もあります。

また、普段の素振り練習をするときは、グローブをはめずに「素手でクラブを振る」ことをおすすめします。

グリッププレッシャーとは「両手の握り加減」のことですが、全力を10として、ずっと10の力で強く握りしめたままでは、クラブをスムーズに振ることができません。

show_img (1)

私は手のひらにすぐに汗をかいてしまいます。

ですから「グリップが滑るのが怖い」と、両手を強く握りすぎる傾向がありました。

ところが強く握れば握るほど、インパクトでグリップが緩み、クラブが飛んで行きそうになることが多々ありました。

グリップが滑るのは汗のせいだと思い込んでいましたが、実はそうではなく、両手の握りのバランスや、力加減を間違えていたのです。

そうかといって、1~2まで力を緩めると、今度はインパクトで余計に力が入りやすく、これも正しいとは言えません。

理想は、4~5くらいの中間の力加減で握り、その握りの強さをできるだけ変えないでスイングする。

言い換えれば「握りの圧力をキープできる最大の強さでスイングする」です。

「素手の素振り」を50回から100回続けてみてください。

クラブを振っているうちに、両手をどう握り、どのくらいの力加減で握れば一定の動きで、かつスムーズに振れるかが、体で実感できます。

結果的に、効率のいいスイングの感覚が、体に馴染んでくるのです。

1回振るごとにクラブヘッドの軌道が変わったり、体のバランスを崩したりするのは、両手の握り方やグリッププレッシャーに、エラーが発生している証拠です。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018