記事一覧

長いインパクトゾーンのイメージがスイング作りには重要

どのようなスイング軌道をイメージして練習するかで、上達の度合いも変わってきます。
スイングを作っていく上で、クラブが通る軌道をみなさんはどう考えていますか?

私が特に意識しているのがインパクト前後の軌道です。

スイング軌道を時計盤に置き換えて、ボールの位置を6時とします。
私が理想と考えているのが、7時から5時までフェースがスクエアな状態で真っ直ぐ動くスイングです。

o0800045013490344305.png

インサイドアウトではなく真っ直ぐが理想

スイング軌道をイメージする時、インサイドアウトのスイング軌道をイメージするゴルファーは多いと思います。これは決して間違えではありませんが、このインサイドアウトのイメージが合わない方もいます。

インサイドアウトはフェースの開閉を多く使って、フック系のボールを打つための動きとなります。アウトから入ってカットスライスに悩む多くのアマチュアに向けたレッスンとしてよく使われるイメージです。

デメリットとして、フェースがスクエアになる時間が短くインパクトがゾーンではなく点になってしまいます。インパクトが点になると、スピン量や出球の方向性がバラつきやすく、球筋がなかなか安定しません。

理想はやはりインサイドアウトではなく真っ直ぐスクエア軌道です。クラブを体の正面に常に置きつつ、7時の位置でフェースがスクエアに戻ってボールを向くように意識しましょう。

そして、スクエアフェースのまま真っ直ぐボールを打ち抜くイメージで振り抜いてください。グッとボールを押し込むことによって長いインパクトゾーンが手に入り、フェースにボールが長く乗るので、無駄なスピンを抑えることができます。

また、スクエアにボールにインパクトできるようになると、その後のフォローでアウトに抜けばドロー、インに抜けばフェードと抜き方ひとつで簡単に球筋をコントロールできるようになります。

スピン量と方向性を安定させるだけでなく、攻めのバリエーションも増やすことにつながるスイングなのです。



インパクトゾーンの作り方とチェック方法

このスクエアスイングができているか否かは、飛球線後方から見たときのインパクトでの左腕が見えるかどうかで判断できます。

と言っても、自分では見れないので仲間に見てもらうか、スマホなどで撮影してチェックしましょう。

たとえば松山英樹のインパクトを見ると、右腕に隠されて左腕が見えなくなっています。

これが理想的な軌道を描いている証拠です。



ドライバーからアイアンまで、すべて長いインパクトゾーンでヘッドを真っ直ぐ動かしているから、飛んで曲がらない正確なショットが打てるんですね。

この長いインパクトゾーンを作るには、体幹を使う事、そして下半身リードが必要不可欠となります。

手先だけでのスイングでは、たとえ7時にフェースをスクエアに戻せたとしても、そこから真っ直ぐに振り抜くことはできません。手先だけでは詰まって、ヘッドが加速せずにダフりになるのがオチです。

しっかりと体幹を使い、自然なローテーションでスクエアにフェースを戻し、下半身リードによってヘッドを真っ直ぐ抜いていく。これで余分なフェースローテーションが抑えられ、真っ直ぐヘッドが動く時間が長くなり飛距離も方向性も安定します。

しかしあくまでも理想的なスイングの話なので、実際にできるかどうかはかなり難しいです。正直私も言うだけでできません(笑)

しかし、このイメージを持っているかいないかでは、上達の度合いが違ってきます。ぜひ長いインパクトゾーンをイメージして、スイング作りに励んで頂ければきっと結果は違ってきますよ。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018
「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018