記事一覧

鍛造?鋳造?複合型?今一度整理しておきたいアイアン選定基準

1033033-2-1-7-0-0-0-0-0-18.jpg

上級者しか受け付けない軟鉄鍛造のマッスルバックアイアン

そんなイメージはありませんか?

今どきのアイアンは製法、技術、素材など様々に進化しているので昔からの固定概念は一度捨て去って、今一度整理したほうがいいです。

きっとあなたにあった最適なアイアンが見つかると思いますよ。

軟鉄の巧みな鍛造技術が性能の幅を広げる

一体成形の軟鉄鍛造(なんてつたんぞう)アイアンは従来、設計の幅は今ほど大きくなかったのは事実です。

そのためマッスルバックを筆頭にシンプルなデザインのものが多かったです。

しかし現在はコンピューターを駆使した細部までの設計、複雑なデザイン、そしてそれを可能にする成形技術の進歩により、単に軟鉄鍛造アイアンと言っても、様々なゴルファーをターゲットにしたモデルラインナップが可能になりました。

ヘッドスピードが速いアスリートゴルファーだけでなく、低重心でアベレージクラスでも十分に打ちこなせるモデルもあり、いわゆる軟鉄鍛造の打ち応えを多くのゴルファーが味わうことが可能となっています。

しかしながら軟鉄鍛造アイアンの一番のメリットは、やはりライ角を調整できることにあります。

アイアンショットの精度にギアでもこだわりたいのなら、プロゴルファーのようにしっかりとライ角をフィットさせて、ぜひご使用ください。


ヤマハ RMX RMX 116 アイアン(6本セット) ダイナミックゴールド 2016年モデル

飛距離に絶対有利の鋳造アイアン

軟鉄鍛造アイアンの技術が進化しているのと同時に、鋳造(ちゅうぞう)アイアンの製造技術も進化しているのを忘れてはいけません。

鋳造アイアンの何よりのメリットは鍛造アイアンにはできない複雑な構造を可能にすることです。

フェース、ボディ、重量タングステンを組み合わせた構造が一般的ですが、それぞれの素材や役割を利用することで、あらゆる重心設計を可能にしています。

さらにフェースやボディのたわみを利用して、反発性能を高めていけるため、飛距離には絶対に有利なのも特徴的です。

昨今はネック部にソフトステンレスも採用し、ライ角の調整が可能なモデルもあります。

また、たわみや弾き感といった、高反発ならではともいえる打感の柔らかさもあります。

ドライバーと同じ構造が生み出す初速感や打ち応えが一致しているため、鋳造アイアンのフィーリングには親しみを持てる方も多いはずです。

時代の流れによって、ゴルファー趣向も変わります。

軟鉄が柔らかい、鋳造が硬いという固定概念をもしお持ちなら、捨て去りましょう。


ブリヂストンゴルフ JGR ハイブリッド フォージド アイアン(7-PW1 4本セット)Air Speeder「J」J16-12Iシャフト

上級者志向にも対応する複合型フォージドアイアン

昨今はフォージドアイアンと呼ばれるモデルの中にも、効果的に素材を組み合わせて、機能を追求しながら、軟鉄鍛造に近いフィーリングを兼ね備えているモデルもあります。

溶接技術の進化が、それらの構造を可能にして、ソリッドな打ち応えと共に飛距離性能やボールの上がりやすさといった、これまでのフォージドアイアンでは得られなかった機能が評価され、プロや上級者から高い支持を得ています。

機能の追求方法はエンジニアの思考やブランドのセグメントによっても異なります。

一体型成形の軟鉄鍛造アイアンと、こういった複合型のフォージドアイアン、その両者の歩み寄っている機能の中から、しっかりと自分なりに性能評価をして最適なモデルを選び出して頂きたいものです。


タイトリスト 716 AP2アイアン 716(7本セット) ダイナミックゴールドAMT

最適セットの基準は5番アイアン

ロフト角24度、27度というクラブはどういったセッティングをされていますか?

一般的にアイアンで言うと5番、6番といった番手になってきます。

まずアイアン選びの一つの基準にしたいのが、この番手を打ちこなせるか、ということです。

ロフト角が少なくなればなるほど、昨今のボールの低スピン化が及ぼす影響が大きくなり、確実にボールが上がりにくくなり、ヘッドスピードを要します。

自分のパワー、あるいは技術にマッチしたモデル選びの基準を5番アイアンとすることで、多くのモデルから選びやすくなるはずです。

もちろん5番アイアンはユーティリティーやショートウッドでカバーするといった方は、それ以降の番手を判断基準とするのも良いでしょう。

そして選び出したアイアンは、ロフト角を知っておく必要があります。

鍛造、鋳造と製法に関わらずストロングロフト化傾向の昨今のアイアン事情において、番手の概念はあまり通用しません。

また、ピッチングからサンドウェッジまでのロフト差に気を付けて、そこが開きすぎないようにセッティングの工夫を心がけてください。


キャロウェイゴルフ APEX APEX アイアン(6本セット) N.S.PRO 950GH

【関連コンテンツ】

スポンサーリンク

最新記事一覧

服装規定(ドレスコード)の基本 “ゴルフマナーの基本” Dec 12, 2017
ラウンド中における練習スイングの注意点 “ゴルフマナーの基本” Dec 02, 2017
ゴルフに適したサングラスを選ぶポイントとオススメのメーカー Nov 25, 2017
パー3の進め方 後続の組に打たせる? “ゴルフマナーの基本” Nov 17, 2017
カップインしたボールの拾い方 “ゴルフマナーの基本” Nov 07, 2017
ゴルフにボールを上げる意識は必要ない “ゴルフビギナーの基本” Oct 28, 2017
旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017