記事一覧

14本のクラブは大家族。

クラブを良く替える人っていますよね。

ドライバーが当たらないからって、いつも新製品に飛びついている人もいれば、パターが入らず、昔使っていたパターを引っ張り出してきて使う人も少なくありません。

それはそれで構わないのですが、他のクラブとのマッチングを考えないと調子が悪くなるので気を付けてください。

パターとドライバーの性格揃えましょう


たとえばセンターシャフトのマレット型パターを使っていた人がL字パターに替えたとしましょう。

最初のうちは気分が変わったこともあって、パッティングが決まり始めるかもしれませんが、やがて決まらなくなり、そのうちドライバーがまったく当たらなくなる場合があるのです。

なぜこういうことが起こるかというと、ドライバーとパターの性格がまったく違くなってしまったからです。

慣性モーメントが大きくて、勝手にフェースターンするように設計されているドライバーを使っているなら、同じような挙動のパターを使わなければならない、ということです。

オートマチックに振ればうまくいく、やさしいモデルのドライバーを使っているのにも関わらず、パターは自分でボールをつかまえる必要のあるモデルを使うと、ドライバーとパターの操作性がまったく違うので、両方上手く打てることはないのです。

それどころか、両方が中途半端になって調子を崩しかねません。

つまりオートマチックなドライバーを使うなら、オートマチックなパターを使わなければならないし、ピン型とかL字など、自分で操作する必要のあるパターを使いたければ、ドライバーも重心距離が短くて操作性の良いモデルを使った方が良いというわけです。

パターの簡単な分類方法


自分のパターがオートマチックなのか操作性がよいのかわからない、という人の為に簡単な分類法を紹介しておきましょう。

オートマチックパターの代名詞はフェースバランスのパターです。

「フェースバランス」とは、シャフトを支点にしてバランスをとると、フェースが真上を向くパターのことをいいます。

一方、ノンフェースバランスのトゥヒールバランスのパターは、シャフトを支点にしてバランスをとると、フェースが斜め上を向きます。

フェースバランス

フェースバランスタイプの代表的なパターはスパイダーやオデッセイの2ボールなどですね。

シャフトの軸線上に重心があるとフェースバランスになるのですが、このタイプのパターはストローク中にフェース面が変わりにくいので、まっすぐ打ちだすのに向いています。

使い方のイメージは鐘突きのイメージ。

ソールで円を描くように、ラインに対してヘッドをまっすぐ動かせばいいんです。



一方トゥヒールバランスのパターはピン型やL字型が代表的なものですが、マレット型でもトゥヒールバランスのものは多いんです。

シャフト軸よりも外に重心があるのでフェースを開閉しやすく、イン・トゥ・インにストロークしたい人に向いています。

使い方は車のワイパーのイメージで、ラインに対してヘッドが弧を描くようにするとインパクトでフェースがスクエアになり、まっすぐ転がってくれます。



どちらがやさしいかと言えば、圧倒的にフェースバランスでしょうね。

近代科学の結集ともいえるフェースバランスのパターは、まっすぐ動きたがるから確かにやさしいです。

しかし他のクラブとのつながりを考えると、私自身は使えません。

パッティングは別物だと頭を切り替えられればいいのですが、なかなかそうもいきません。

一番頼れるのは信頼できる家族


ドライバーとパターに限らず、14本のクラブはいわば大家族なんです。

血液型や性格が似ていなければならないんですよ。

クラブセッティングには「流れ」というものがあって、デカヘッドのオートマチックなドライバーを使っているなら、フェースバランスの大型マレットパターを使った方がいいというだけでなく、アイアンも大型ヘッドのオートマチックなモデルを使うべきなんです。

逆に、小ぶりで操作性の良い、ヘッドが良く回るドライバーを使っているなら、アイアンだって鍛造の良く回るモデルがいいし、ウェッジも小ぶりでシャープな顔をしている方がイメージが出しやすいんです。

だからキャディバックの中に「これだけどうしっちゃたの?」っていうようなクラブを入れてはダメだということです。

アイアン・ウェッジ・パターを重心距離が短い操作性のよいモデルで揃えているのに、ドライバーだけ重心距離が長くてしかも深重心のモデルを入れていたら、それは真面目な大家族の中に一人だけド派手なお水系のお姉さんがいるようなもの...完全に浮いちゃうんです。

ドライバーだけは別のスイングをすれば問題ないとしても、実際問題としてそれはなかなかできなんですよね。

ですからクラブを替えるときは、家族の一員なれそうなモデルを選んでください。

性格の不一致は離婚原因にもなりかねないですよ。。。

【関連コンテンツ】

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017