FC2ブログ

記事一覧

最終ホールの悲劇はなぜ起こる

486214537.jpg

「カーヌスティの悲劇」をご存知でしょうか?

ゴルフ史上最大の悲劇と呼ばれるその事件は、カーヌスティで行われた1999年の全英オープン最終日に起こりました。

最終ホールを3打差の首位で迎えたのはフランス人のジャン・バンデベルデ。

ジャン・バンデベルデは、下馬評にもなくヨーロッパツアーで一勝しただけの無名の選手。

しかもマンデートーナメントを勝ち抜いて本戦出場を果たした選手でした。

最終ホールは18番パー4。

バンデベルデは二位に3打差をつけているのでこのホールはダブルボギーでも優勝のはずでしたが、なんと土壇場でトリプルボギーを叩き、プレーオフにもつれた末に地元出身のポール・ローリーに優勝をさらわれてしまったのです。

このように、ゴルフでは最終ホールで事件が起こりやすいんです。

バンデベルデほどにないにせよ、最終ホールで叩いてしまい悔しい思いをしたことは誰もがありますよね?

ここではなぜ最終ホールで悲劇が起こるのかを考えてみようと思います。

バンデベルデの第一打はドライバーで大きく右に曲げる。が短いラフに止まるラッキー。

誰もが二打目は刻むだろうと思っていたが、バンデベルデは第二打で無謀にも直接グリーンを狙う。

再び大きく右へ曲げると、ギャラリースタンドの壁に当たって跳ね返り、ボールは深いラフに。

思い返せばここが運命の分かれ目だったと言えます。

その後の展開を含めこちらの動画を・・・


メジャー最終日の優勝争いという一般人では経験できない場面ですが、一番の原因は冷静さを失い、そして決定的だったのはプレーのスピードを変えてしまったことです。

最終ホールは丁寧にではなく、同じリズムで


みなさんにも経験があると思いますが、それまでいい流れでプレーしてきても、スコアを意識すると途端にプレーが丁寧になってしまうものなんです。

最終ホールをパーであがれば30台なんて状況になると、誰もが丁寧にやろうとします。

ところがこの丁寧というのが曲者で、自分のゴルフができなくなってしまう場合が多いんです。

丁寧でいいじゃない、と思うかもしれませんが、そうじゃないんです。

丁寧になるとプレーが遅くなるんです。



それまではスムーズにプレー出来ていたからショットが好調だったのに、プレーイングスピードを遅くしてしまうと、それまでのショットが打てなくなるものなんです。

打ち急ぎはダメだと言いますけれど。こういう場合はむしろ打ち急いだ方がいいんです。

プレーイングスピードが遅くなると、例えばティーショットをラフに入れるとします。

そうするとそこからなかなか打たないわけです。

考えて考えて、それから打ってミスをする。

「丁寧に行こう」という気持ちがプレーを遅くし、いろんなシチュエーションが見えてきてしまうんです。

それまではフェアウェイセンターしか見えていなかったのに、右のOBが気になったり、左の池が視界に入ってくるんです。

そうするとゴルフは難しくなってしまうんですね。

余計なインフォメーションが動きを硬くし自滅を招いてしまうんです。



最終ホールに限らずスコアを意識し始めたあたりから変化してきます。

あがり3ホールあたりでプレッシャーがやってきますよね。

「今日は30台が出ちゃうかもしれない」っていう状況になると、途端に丁寧になってしまい、上がってみれば43なんてことになります。

そういう残念な人のスコアカードを見て「なんで16番でダボ打っちゃったの?」って聞くと

「いや、大事に行こうとしたら曲げちゃったんだよ」とか答えるけれど、プレーイングスピードが遅くなったことには気づいていないんです。

いかなる状況でもプレーイングスピードを変えないようにしましょう。

特に思いがけずに上手くプレー出来ているとき、ベストスコアを狙えそうなとき、そんな時こそ「丁寧にやろう」などと思わず、出来るだけそこまでと同じリズムでプレーしてみてください。

もちろん「いつもより丁寧に」というリズムで上手くきた場合は、それまで同様丁寧に行きましょう

上手くいっているときのリズムは間違いなくいいリズムなんです。

リズムを変えずにゴールラインまでアクセルを踏み続けましょう。

そうすればきっとスコアの壁を越えられるでしょう。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018