記事一覧

序盤で叩いてしまった時の対処方法

調子の悪い日というのがあるものです。

その程度ならまだしも「今日はもうどうにもならない」と嘆き節の出る最悪の日もときには訪れますよね。

そんな時あなたはどうしてますか?

135642.jpg

よくあるのは「いやーキレちゃったよ。今日はもう練習だ」とか言って雑にプレーし始めるパターンですが、これはよくありません。

1つだけ確実に言えることは、序盤でつまんないことをやって叩いてしまった時、それを取り返しにいかないことです。

その日の流れというのはなかなか変わらないし、どうやっても上手くいかないときはあるんです。

くれぐれも投げてしまってはダメですよ。

狭いホールでまっすぐ飛びもしないドライバーでマン振りし始め、OBを打ってニヤニヤしている場合ではありません。

それでは次につながらないのです。

大事なのは最悪な状態がやって来ても、自分のワーストを繰り返さないという事なんです。

そこがゴルフの一番上手くなるところで、見方を変えれば上達をするチャンスなんです。

打ってしまったときにどう対応するか、それは習慣になるし、そのままそのゴルファーの実力なんです。

悪いスコアは恥ずかしいことではなく、その時の自分の力なわけですから、素直に受け止め、わざわざ最悪の上塗りをしないことです。

そしてかならず完走してください。



その日その時のコース条件によって自分のパー設定をしよう

では調子が悪い時にどうすれば良いのでしょうか?

まず、自分が叩いているときは相手も叩いているケースが多い、ということを覚えておいたほうがいいですね。

対ゴルフコースとしたら負けているけれども、対人間ではその限りではないということです。

ゴルフコンペなどで序盤から叩いてしまうときってありますよね。

「うわっ!やっちまったーこれじゃ上位入賞は無理だな~」なんて考えると思いますが、自分で決めつけたらいけません。

「何だこれ!?どうしちゃったんだこのコースは!」とか思っているときは、他の人もそう思っているものなんです。

そして自分が叩いているなら、他の人も叩いています。

ゴルフってそういうものなんです。

だから自分で決めつけて投げたらダメなんです。

me-20160421-1.png

激しい風の日とか雨などの気象条件やラフが伸びてるとか、グリーンが早すぎるとか、転がりが悪い、コースが狭い・・・などなどその日、そのコースによってさまざまな条件があります。

100前後のゴルファーが前半で55叩いてしまったときは、今日のラウンドのスペックは100ではなく110だ。そう思ったら楽ですよね。

上手くなれない人は、今日は100を切るぞ!って出て行って、それが実現できないとわかると投げてしまう人です。

でもそうではなくて、今日はグリーンが速い、硬い、風が強い、ピンが変な所に切ってある。などこれは難しいぞって思ったら100の設定を110に変えればいいわけですよ。

それもマネジメント力です。

ゴルフ場の難しさは様々な条件で変わります。

バンカーの砂が柔らかい、フェアウェイバンカーでボールが沈む、ラフが長い、フェアウェイでもボールが沈む、など様々な事を判断して、その日のパーの設定をできるのも実力のうちです。

また、前半はアゲインストが続くから悪くても当たり前、でも後半は逆にフォローになるからスコアはよくなるだろう、そこまで考えられる人はゴルフが上手くなりますよ。

序盤で叩いても決して投げ出さずに最後までその日、その時のベストを尽くして次につなげていきましょう。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017