FC2ブログ

記事一覧

アプローチは『イメージ3回、ヒット1回』で練習効率を上げる“ゴルフ・メンタルの極意”

パットの練習はマットなどを使って家でもできますが、アプローチはそうはいきません。前述したような転がす練習はできますが、その距離は限られます。ある程度しっかり打ってボールを飛ばすことは難しいのです。

それでもアプローチはスコアメイクのカギですから、やらないわけにはいきません。できるだけ練習しておく必要があります。練習場ではこういう練習をしましょう。

1発打つ前に、3発のイメージ・ショットを打つ。

『イメージ・ショット』とは、マットの上にボールを置かずにやる素振りのこと。単なる素振りと違うのは、ボールを打ち、打ったボールが飛んで落ちるところまでをイメージで見極めるところです。『ボールを打たない本番ショット』だと思ってください。

200926.jpg

アプローチ練習の効率を上げる4つの手順

①目標設定
練習場の地面にあるピンやカゴ、ショートアプローチなら10~20ヤード先の地面に目印を見つけて、そこにどういう球筋で打球を落とすかを決める。

②イメージ・ショット
ボールを置かずにアドレスし、ボールを打つイメージできちんとスイングしてしっかりフィニッシュをとる。その姿勢のまま、打球が狙ったところに落ちることをイメージで確認する。これを3回やる。

③ヒット
『イメージ・ショット』と同じフィーリングで実際にボールを打つ。フィニッシュの姿勢のまま、ボールがどこに落ちたかを確認する。

④結果判定
イメージとヒットの差を判定する。要素は球筋、方向性、距離感の3つ。違いがあれば合わせる方法を考え、構え方や振り方を調整して再び①から繰り返す。

④までやると、練習ボールを1発打つのにタップリ時間がかけられます。
実は練習場でアプローチをやりにくいのは、ボール代が一因です。

「同じボール代を払うなら、大きく飛ばして気持ちよくなりたい。小さなショットにボール代を使うのはもったいない」と感じることです。その気持ちはよくわかります。でもやらないとうまくならないことも事実です。『イメージ3回・ヒット1回』なら少ない費用でよいアプローチの練習ができます。ボール代を節約できている感じがするほうがやりやすくなるはずです。

でもいたずらに長い時間をかけることがよいのではありません。「1球を打つ前にしっかりとした準備ができる」ことがよいのです。



もっとも大事なのは『イメージ・ショット』

もっとも大事なのは②のイメージ・ショット。こうイメージしてください。

〇イメージ・ショットは全部ナイスショットを打つ。

実際にボールを打つと何回かに一度はミスが出ます。でも『イメージ・ショット』は全部成功できます。『イメージ3回・ヒット1回』の合計のうち、少なくとも75パーセントはナイスショットになるのです。すると自分のストロークに自信が持てるようになります。手先に変な力みが出なくなり、ヒットするときもスムーズに振れるようになるのです。

そのために必要なことはパターと同じ。アドレスに入る前に素振りをして「この振り方ならあそこに落とせる」という『ヘッドの動きのフィーリング』をつかむことです。

もしもイメージ・ショットをしたときに違和感=目標に落とせないということを感じたら、プレーボックスから出てイメージ作りからやり直してください。

またアプローチでも大切なのは距離感です。これが合わないとピンに寄りません。この距離感の基本になるのがキャリーの距離感です。

「目標に落とせても寄らないかもしれない」と感じるかもしれません。確かにキャリー後のランも重要ですが。これは『読み』の問題。どう転がってどこで止まるかはコースに出たときの読みの力しだいです。それはコースでプレーしながら鍛えましょう。練習場で鍛えられるのはキャリーの距離感です。狙ったところに落とせれば、ランの読みがズレても大ケガはなくなります。実際にコースでアプローチを打つときも、ストロークは「落とし場所」までの距離感に集中することが基本なのです。

キャリーの距離感が磨ければ、例えばバンカー越えのアプローチをショートしたり、それを怖がって大きくオーバーさせるようなミスが防げるようになります。



100ヤード以内の練習場にウェッジだけを持っていく

練習場のタイプはさまざまです。200ヤード以上飛ばせる大きな練習場があれば、数十ヤードしか飛ばせない練習場もあります。気持ちよく飛ばせるのは大きなほうですが、アプローチの『イメージ・ショット』を練習するなら小さいところのほうが適しています。一般的にはボール代が安いからです。こうした練習場にはウェッジだけ持っていくのもよい方法です。小技の練習に集中できます。アプローチだけではなくコントロールショットにも取り組みましょう。AWで60ヤード飛ばすとか、SWで45ヤードを打つといった、フルスイングしない飛距離をコントロールする練習です。

70台で回った人と100を叩いた人のスコアを比べると、100ヤード以上のフルスイングは5打くらいしか違わない、ということがよくあります。100ヤード以内の打ち方を鍛えると、スコアを激減させられる可能性があるのです。

“ゴルフ・メンタルの極意”の一覧はこちらから⇒ゴルフはメンタルだ!“ゴルフ・メンタルの極意”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

アプローチは『イメージ3回、ヒット1回』で練習効率を上げる“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 26, 2020
『ヘッドの動き』に全神経を集中する“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 17, 2020
2020年 美人女子ゴルファー人気ランキングトップ10(日本人女子) Sep 09, 2020
パットのタッチは『前向き素振り』でフィーリングをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Aug 31, 2020
『10球連続カップイン』してから寝る“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 22, 2020
毎日10分ずつボールを転がす“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 15, 2020
スイング理論は盲信せず、『球筋で判断』する “ゴルフ・メンタルの極意” May 11, 2020
『フィニッシュをしっかりとる』 “ゴルフ・メンタルの極意” May 07, 2020
『前向き素振り』でリズムをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 22, 2020
『ルーティーン』は2つの『ボックス』を使い分ける“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 07, 2020