FC2ブログ

記事一覧

『ヘッドの動き』に全神経を集中する“ゴルフ・メンタルの極意”

タッチをフィーリングで出すといっても「それでうまくいくなら苦労しないよ」とお叱りを頂くかも知れません。でも、これが真実です。

フィーリング・ゲームで頼りになるのはフィーリング。

パットが得意な人ほどフィーリングを活かして打つものです。昔から「パットに型なし」といわれるのもこのためです。

golf_putter_1.png

タッチのフィーリングは、だれでも必ず持っている。

逆にパットが苦手な人ほど型に頼る傾向があります。プロも例外ではありません。型に頼るほどフィーリングは活かせなくなります。苦手意識が抜けなくなる危険があります。

こういう説明をしてもなお「フィーリングだけではうまくいかない」と信じて疑わない人がいます。この頑固さの元になっているのは「自分にはフィーリングがない」とか「フィーリングはあるが、それがよいとは思えない」という思いです。そういう考え方は間違っています。

タッチのフィーリングは、だれでも必ず持っている。

「自分はノーカンだ」と自認する人がいますが、そんなことはありません。例えばこういう経験をしたことがあるでしょうか。

・他の人がロングパットを打った瞬間に「入る」と感じたら本当に入った。

答えが「イエス」なら優れたフィーリングを持っています。そして、ほとんどのゴルファーの答えは「イエス」です。



ヘッドの動きにイメージを集中させる。

問題は持ち前のフィーリングの活かし方です。

〇ヘッドの動きにイメージを集中させる。

これが大切です。ボールを転がすスピードをイメージしたら、そのとおりに転がせるヘッドの動きを『前向き素振り』でフィーリング的につかむのです。

意識するのはダウンスイング以降。ここでのヘッドの動きを正確につかむには、ヘッドを「上げる大きさ」や「上げる方向」などのバックスイングを考えないことが大切です。

そうしてダウンでヘッドを「スーッと出す」というフィーリングがいいと判断したら、そのように下ろしやすい「バックスイングのリズム」をフィーリングでつかみます。「右足の前まで上げる」という理屈的なものではなく、「スーッ」とか「サッ」というリズムでつかんでください。

〇正しい「上げ方」とはイメージどおりにヘッドを出せる上げ方のこと。

「スーッと出すために上げる」ことができればいいのです。

その上げ方が「スッ」というフィーリングなら打つときも「スッ・スーッ」というリズムを刻みながら、そのとおりに振ることに集中してください。

Embed from Getty Images

ヘッドが主で、手は従。

『ヘッドの動きのフィーリング』をつかむために。これを試してください。

〇ヒジや手首の力みをとる。

力みが取れるとヘッドの重さを敏感に感じます。手首が柔らかく動かせるとヘッドの動きも敏感に感じ取れます。ヘッドの動きのフィーリングを出しやすくなるのです。

またダウンスイングで手首を柔らかく使えると、フォロースルーもしっかり出せるようになります。

●パットはヘッドを正確に動かしたい。大きく振る必要はないのだから、パターを強く握り、手首を固定するほうが正確に打てる。

こう考えるとヘッドの重さや動きが感じにくくなります。フィーリングがつかみにくく、出しにくくなりやすいのです。

このように手先を「固めよう」とする一つの原因は「手をこう動かせばヘッドもそれに従って動く。だからきちんと当たる」という考え方です。

●手の動きが主でヘッドは従。

こう考えると手先に余計な力が入ってフィーリングを失うリスクが高くなります。

〇ヘッドが主で、手は従。

こう考えてください。ヒジから先の力を抜いて「ヘッドを動かす」ことだけに全神経を集中させるのです。極端な言い方をすると「ヘッドを念力で動かす」感覚ともいえます。そうすれば手はフィーリングの働きを助けてくれるはずです。



苦手意識や恐怖心が手先の力みを生み出す

プロはパットの重要性をもっとも熟知しているゴルファーです。入らなければ飯の食い上げ。極端にいえば人生がパットにかかっているともいえるからです。

そのプロにもパットに苦手意識を持つ人はいます。基本的にはショット・メーカーほどそうなりやすいのです。バーディーチャンスをたくさん作れるのに、それがなかなか入らないと、苦手意識ができていきます。ショットのときは手首を柔らかく使えるのに、パットになると手首を固めてしまう、という傾向になります。

このように特定のストロークに「苦手意識」を持つと、それが「恐怖心」になり、そうなると「手先が力む」「硬くなる」という関係があります。

ですから、苦手意識は持ってはいけません。パットが入らない日も、プレーが終わったらよくない結果はすべて忘れてください。

“ゴルフ・メンタルの極意”の一覧はこちらから⇒ゴルフはメンタルだ!“ゴルフ・メンタルの極意”




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

アプローチは『イメージ3回、ヒット1回』で練習効率を上げる“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 26, 2020
『ヘッドの動き』に全神経を集中する“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 17, 2020
2020年 美人女子ゴルファー人気ランキングトップ10(日本人女子) Sep 09, 2020
パットのタッチは『前向き素振り』でフィーリングをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Aug 31, 2020
『10球連続カップイン』してから寝る“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 22, 2020
毎日10分ずつボールを転がす“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 15, 2020
スイング理論は盲信せず、『球筋で判断』する “ゴルフ・メンタルの極意” May 11, 2020
『フィニッシュをしっかりとる』 “ゴルフ・メンタルの極意” May 07, 2020
『前向き素振り』でリズムをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 22, 2020
『ルーティーン』は2つの『ボックス』を使い分ける“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 07, 2020