FC2ブログ

記事一覧

練習の半分は『本番ショット』を打つ“ゴルフ・メンタルの極意”

「昨日の練習場では完璧なドライバーショットが打てていたのに!」

ゴルフ場ではこの手のセリフをよく聞きます。この後には「それなのに今日は曲がってばっかりで、全然真っ直ぐ飛ばないよ。機能とは別人になっちゃった」という嘆きが続くのがお約束のパターンです。

こういうことが何度かあると、「どうして本番では練習場みたいに打てないんだろう。オレは本番に弱いなあ」と思ったり、口にしたり、だれかに言われたりします。すると「本番に弱いオレ」「コースで下手なオレ」というネガティブな自分というイメージができ、ますます本番=コースでナイスショットが打てなくなるのです。

一刻も早くネガティブなイメージという泥沼から脱出する必要があります。

考えてください。「コースで下手。本番に弱い」というイメージは正しいものですか?結果が出ていない間は正しいといえます。でも逆に考えてみましょう。「練習場では上手い、打席では強い」というイメージがあるなら、あなたは「上手い」のです。

0032.jpg

練習場で上手ければ、コースでも上手くなれる。

これが真実です。練習場で真っ直ぐ遠くに飛ばせる「能力」を、コースで出せるようにしていきましょう。

多くのゴルファーがやっているのはこういう練習です。
・打席に入ったまま、同じ目標に向かって1本のクラブを連続して打つ。

この「連続打ち」は「スイングを固める」ことが目的なら有効な方法です。でも、コースではこういう打ち方はしないのです。

一般的にドライバーを使うのは1ラウンドで14回ですが、連続しては打ちません。1回ずつの間にアイアンやパターなどを打ちます。さらには、同じ場所から同じ風景の中の同じ目標を狙って打つことも、基本的にはないのです。

このように「連続打ち」と本番はまったく違います。コースで練習場と同じように打てない原因がここにあるのです。

悪いのは「コースでのスイング」ではなくて「コースでの打ち方を無視した練習方法」だったんです。スイングを固めることと、そのスイング力をコースで発揮することは別の問題。「連続打ち」だけではコースでミスが出やすくなるのです。

練習は目的をハッキリ決めてやりましょう。「スイングを固める」ことや「スイングを変える」のが目的なら「連続打ち」が必要な場合もあります。

でも「コースでナイスショットを打つ」ことが目的なら、この練習をしてください。



コースと同じイメージで1球ずつていねいに打つ。

これを『本番ショット』といいます。ルールは次の3つです。

○1球ずつ使うクラブを替える。

○1球ずつ狙う場所を替える。

○1球ずつ飛球線後方から打席に入る。


基本的な手順はこうなります。

①ドライバーを打つときはフェアウェイの広さをイメージする。

②その幅をネットなどに当てはめる。その幅が支柱4本分なら、その真ん中に飛ばせるように狙う場所を決める。スライスを打つなら左側のポール、フックなら右側のポールを狙うというように、球筋も考慮する。

③飛球線後方から打席に入り、狙う方向と平行に構える。

④本番と同じように『フェアウェイに飛ばす』ことを意識してスイングする。

この「本番ショット」をやるときは「左のポールより左に曲がったらOBだ」というように、本番と同じ制約を作ってください。「練習なのだから曲がってもいい」と考えていいのは「スイングを固める(替える)」練習のときだけです。

この方法で18ホールをラウンドする練習もできます。ホームコースやよく回るコースをイメージして、狙いどころや距離をリアルに決めて1ホールずつのショットを打ちます。実在のホールをイメージすると、とてもリアルな『本番ショット』の練習ができます。リアルなほど「コースでナイスショットを打つ」効果が上がります。

「少なくとも練習の半分」は本番をイメージして行うことをお勧めします。「連続打ち」だけでは「練習だけが上手くなる」からです。



スイングは筋肉ではなく「脳から始まる」

スイングは「脳」から始まります。

「こういう打球を打つ。そのためにこういうスイングをする」ということを脳がイメージすると、それが指令となって全身の筋肉が動き、クラブが振られるのです。

このメカニズムを認識できれば「練習と違うことを本番で考えると、練習どおりに筋肉が動かない」ことが理解できます。「本番のショットをイメージすると、練習場でも本番と同じスイングができる」という理由も分かってくるのです。

このことはスポーツ全般に共通ですが、とくにゴルフは止まっている球を自分ひとりで動かす競技。「脳から始まる」傾向が強く、メンタルの重要性も非常に高いのです。

「スイングがよくならないうちは、メンタルを鍛えても無意味」という考え方は間違っています。練習時間が少ない人ほど、メンタルの力を活用することが大切なのです。

“ゴルフ・メンタルの極意”の一覧はこちらから⇒ゴルフはメンタルだ!“ゴルフ・メンタルの極意”




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

メンタル強化のためにアドレス前に行うこと“ゴルフ・メンタルの極意” Feb 15, 2020
練習の半分は『本番ショット』を打つ“ゴルフ・メンタルの極意” Jan 27, 2020
ゴルフはメンタルだ!“ゴルフ・メンタルの極意” Jan 27, 2020
渋野日向子に石川遼は東京五輪に出られるか? オリンピックゴルフ日本代表は誰に? Dec 12, 2019
スライスの様々な原因と対処法 Nov 27, 2019
金谷拓実が松山英樹に続くアマ優勝。 「“心臓がない”みたい」な逞しさ。 Nov 22, 2019
コースデビューで慌てなくてすむ方法“ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2019
移動は素早く、スイングは「ゆっくり」と “ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2019
傾斜地ではバランス感覚を第一に “ゴルフビギナーの基本” Oct 17, 2019
自分のマックス以上のスイングは絶対にしない “ゴルフビギナーの基本” Aug 28, 2019