記事一覧

絶対にOBを出さない1つの手

スコアを大きく崩す原因となるのがOB。

不思議なもので、OBを嫌がれば嫌がるほど、OBゾーンにボールは飛んで行きますよね。

これには理由があって、OBゾーンと反対のほうを向いて打つからです。

たとえば左サイドがOBだと左を怖がって右を向きますが、緊張しているから体が回らず、手が引っかかっるわけです。

右サイドがOBなら左を向いて左に振るから、軌道がアウトサイドインになってスライスしてしまうんです。

10437_01.jpg

絶対にOBを出さない一手


思い切ってOBゾーンのほうを向いて打ってしまうのも1つの手です。

左を向き、フェースを開いておいてバンカーショットのスイングをすれば必ずボールは右に飛びますし、右を向いて手を返せば必ず左に飛びます。

大曲することもありますが、それぐらいやらなきゃOBを避けられないんです。

プロだって極端にやってますよ。

だから左がOBのホールでとんでもないスライスを打ったりしますし、右が池だとドチーピンが出るわけです。

要は左が危険なホールで右にどれだけ行こうが、そのショットは成功なんです。

やり過ぎでちょうどいいんです。

中途半端にやるのではなく思い切りが大事ですね。



左右両方のOBをさけるには?


では、左右がOBの場合はどうすればいいの?となりますよね。

まずはコースレイアウトを見極めましょう。たとえ左右両方OBだとしても、片側は傾斜になっていたりして、ボールが戻ってくる可能性が高い場合もあります。

しかし、どうしても左右共にOBでどちらにも思い切って打っていけない場合は、自分が一番まっすぐ打てる自信のあるクラブで打つことです。

それがサンドウェッジならサンドウェッジでティーショットをすればいいんです。

そういう腹のくくり方が出来るかどうかでスコアは変わってくるんです。

特に320ヤードぐらいの短いパー4は気を付けなくちゃいけません。

距離がない代わりに左右がOBで、ちょっとでも曲げるとアウト!というレイアウトになっていたりしますからね。

そんなホールで何も考えずにドライバーを握っていたら、いつまでたってもスコアは作れません。

こんな時は160ヤード飛ぶクラブで打てば2回で届くんです。

もしくは8番アイアン+8番アイアン+40ヤードのアプローチというような組み立て方でもいいんです。

スコアにこだわるのなら、とにかく絶対にOBを打たないプレーに徹することです。

1104-1-2.png

逃げるが勝ち!徹底して逃げる


我々アマチュアにとってのOBはもちろんですが、バンカーも避けたいハザードの一つです。

ましてはプロの大会開場に使われるようなコースやコースセッティングですと、バンカーもラフも実質1ペナルティの所もあります。

横にしか出せないバンカーに入れるくらいなら逃げたほうがマシです。

プロトーナメントでも最終日までトップを走ってたのに、最後の最後でバンカーにつかまって負けてしまう。なんてこともありますよね。

アマチュアの我々なんて特にそうです。

スコアを作るためにも絶対に避けたいOB。

OBを絶対に避けるには徹底的に逃げるが勝ちです。

58154.jpg

【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

服装規定(ドレスコード)の基本 “ゴルフマナーの基本” Dec 12, 2017
ラウンド中における練習スイングの注意点 “ゴルフマナーの基本” Dec 02, 2017
ゴルフに適したサングラスを選ぶポイントとオススメのメーカー Nov 25, 2017
パー3の進め方 後続の組に打たせる? “ゴルフマナーの基本” Nov 17, 2017
カップインしたボールの拾い方 “ゴルフマナーの基本” Nov 07, 2017
ゴルフにボールを上げる意識は必要ない “ゴルフビギナーの基本” Oct 28, 2017
旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017