FC2ブログ

記事一覧

初ラウンド前の予備知識 “ゴルフビギナーの基本”

OBや池、林などをできるだけ回避してプレーを進行

各ホールの第1打は、ティグラウンド(ティーイングエリア)と呼ばれる区域内において、ボールをティアップして打ちます。芝生を短く刈った区域であるフェアウェイ方向に向かって打ち、2打目、3打目とつなげてグリーン上に設置されたカップ(ホール)にボールを入れた時点で、そのホールでのスコアが決まります。

フェアウェイの両サイドには芝をやや長く伸ばしたラフの区域がありますが、フェアウェイからのショットと同じスイングで対応しましょう。

フェアウェイから大きく外れた区域には池や崖、急斜面などがあり、そこに打ち込んでしまうとスコアを悪くしてしまう可能性が大きくなります。白い杭の外側はOBといってプレーの区域外ですから、1打罰を加えてもう一度打ち直さなくてはなりません。

バンカーはグリーン周りだけでなく、フェアウェイとラフの境目付近にも点在しています。バンカーからは1回で出すことに専念しましょう。

練習場との一番の違いは、コースは平らではないことです。バンカーや傾斜地からのショット、林からの脱出など初めて経験するショットばかりなので、ラウンド前に予備知識をある程度詰め込んでおいてください。

0019.jpg

コースデビューに持参するクラブは6本でOK

コースデビューに持ってくるクラブは練習で使った5番ウッド、7番アイアン、9番アイアンの3本をメインとして、そこにピッチングウェッジ、サンドウェッジ、パターの3本を加えましょう。

ピッチングウェッジは入れなくても構いませんが、サンドウェッジはバンカーショットのイザというときのために一応入れておくことをお勧めします。

最初からいきなり14本のフルセットを持参する人もいますが、プレーの進行の仕方とか、状況に適応したクラブ選択がよくわからないうちは、クラブは少ない方がプレーの効率がいいのです。

ティショットを打つときやフェアウェイから長い距離を打つ場合は、5番ウッドを使いようにして、グリーンがやや遠ければ7番アイアン、比較的近ければ9番アイアンを使いましょう。

クラブ選択にいちいち神経を使わず速やかにプレーすることで、同伴者や後続の組の方々にも迷惑をかけずにすみますし、最大の利点は自分自身のプレーのリズムが良くなることです。

ドライバーはコースへは絶対に持ってこないことが大切です。



“ゴルフビギナーの基本”の一覧はこちらから⇒コースデビューは「失敗して当たり前」



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

アプローチは『イメージ3回、ヒット1回』で練習効率を上げる“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 26, 2020
『ヘッドの動き』に全神経を集中する“ゴルフ・メンタルの極意” Sep 17, 2020
2020年 美人女子ゴルファー人気ランキングトップ10(日本人女子) Sep 09, 2020
パットのタッチは『前向き素振り』でフィーリングをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Aug 31, 2020
『10球連続カップイン』してから寝る“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 22, 2020
毎日10分ずつボールを転がす“ゴルフ・メンタルの極意” Jun 15, 2020
スイング理論は盲信せず、『球筋で判断』する “ゴルフ・メンタルの極意” May 11, 2020
『フィニッシュをしっかりとる』 “ゴルフ・メンタルの極意” May 07, 2020
『前向き素振り』でリズムをつかむ“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 22, 2020
『ルーティーン』は2つの『ボックス』を使い分ける“ゴルフ・メンタルの極意” Mar 07, 2020