FC2ブログ

記事一覧

カッコいいスイングに基本が詰まっている“ゴルフビギナーの基本”

「ゴルフの基本」といってしまうと、ビギナーの方々にはやるべきことが多くありそうな先入観が働き、難しく感じるかもしれません。大変さを感じることにより、ときにはセオリーを無視したくなることもあるでしょう。

でも、基本に忠実であれば、それが一番カッコよく見えるのも事実です。ゴルフはシンプルに見えれば見えるほど、カッコいいスイングになります。

基本を守るシンプルさを追求することが、カッコいいスイングづくりにつながります。無駄な動きを極力省いていけば反復性や再現性が高まり、インパクトの正確性がアップしますから、上達の近道にもなります。

あれこれと知識を詰め込むよりも、どんなことが本当に大事なのかを理解してください。そんなわけでこの記事においても、ビギナーの方々に最小限度の重要ポイントを取り上げています。

0013.jpg

腕やクラブの正しい動きのイメージづくりも必要

テークバックで両手やクラブが右腰くらいの高さに上がったときは、腕や手、シャフトが視界に入っています。腰くらいの高さの振り幅でスイングするなら、自分の視野から腕やクラブは外れませんが、クラブの先端部であるクラブヘッドばかりを目で追うのはなるべく避けましょう。

胸の回転で腕やクラブが勝手に振られるのですから、腕やクラブの動きを目で確認する必要はありません。

最終的には腕やクラブの動きを逐一チェックしなくても、胸の回転によって正しく振られるようになることがよいのですが、ビギナーの場合、正しいスイングをすれば、腕やクラブがこのように動いて見えるというイメージを頭に入れるのも大事なことになります。

そのイメージを練習で把握するのに役立つのが【インパクトゾーン素振り】と【水平素振り】です。

2つの素振りにはゴルフスイングの覚えるべき基本が集約されています。しっかりマスターしておけばスイングづくりに大きく役立つし、シンプルでカッコいいスイングが早く身につきます。

それ以外の素振りは一切やらなくても結構ですから、練習はこれに絞ってやってみましょう。



手を安定させておき、一重振り子の感覚でスイング

ゴルフのスイングは、振り子のイメージに置き換えることができます。スイングの支点となるのは首の付け根と左の肩甲骨ですが、作用点であるクラブヘッドが速く動けばいいだけで、手を早く動かすのは無意味なのです。

仮に手を支点にして、腕や手をビュンビュン振ったところで、肝心のクラブヘッドのスピードは上がりません。そればかりではなく、クラブヘッドの軌道が大きく波打ってボールを正確にヒットできなくなるのです。

バックスイングで手首を屈曲する動作が加わり、ダウンスイングでクラブヘッドが遅れて下りてくることでタメが生まれます。象の鼻のように腕が勝手に振られるのですから、体の回転と腕の振りに時間差が生まれるわけです。

このように説明すると、スイングの支点が2つある二重振り子のイメージが浮かぶかも知れませんが、二重振り子的な動きは自然に発生するものなのです。

腕や手を固定しておいて一重振り子のイメージで振る

大事なのは「手を安定させておいて、体を速く回転させる」ことで、手を動かす必要はまったくないのです。

目指すべきは一重振り子のイメージのスイングです。手を支点と考えずに、首の付け根と左の肩甲骨を支点にして、胸を左右にスピーディに回すことです。

腕や手を振らないということは、手を固定することでもあります。

グリップの握り方の基本が守られていれば、あとは握り方の形を細かく考えなくても結構です。それよりも両手に敏感な動作ができるようにしないことが大切です。

肩から先には体の全神経の8割があるといわれますが、手に繊細なフィーリングを出そうと考えないことです。腕の筋肉は下半身に比べるとずっと弱いですから腕や手に頼った瞬間にボールが飛ばなくなりますし、左右に曲がってしまうのです。

グリップが緩まないように両手を隙間なく握ることが大切

グリッププレッシャー、つまり両手の握りの強さも重要なポイントとなりますが、そこの部分も鈍感であるのがベターです。

両手の握り加減は強すぎても弱すぎてもいけませんが、最近の傾向としてはグリッププレッシャーが強すぎるよりは、弱すぎるためにスイングが安定せず、ミスしてしまう人が圧倒的多数です。

どうしてそうなるかというと、両手の握りに隙間があるためにグリップが緩んでしまうからです。とくにトップオブスイングやインパクト、フィニッシュでグリップが緩まないように、両手を隙間なく握ることを心がけてください。




重心を土踏まずに乗せてバランスのいい姿勢をつくる

アドレスの姿勢では、バランス感覚が重要です。重心がツマ先側やカカト側に寄りすぎてはいけませんし、前傾姿勢が浅すぎたり深すぎたりしてもバランスの悪い姿勢になってしまいます。

まずは両足を肩幅くらいに広げて、体重を左右均等に乗せましょう。そしてお辞儀をするように腰の付け根から上体を折りながら両ヒザを軽く曲げます。その姿勢から両腕を自然に下げて、両手でクラブを持てばアドレスの姿勢が出来上がります。

結果的に重心が土踏まずに乗れば、バランスのいい構えとなります。親指の付け根の膨らみの拇指丘と呼ばれる部分に重心を乗せるという人もいますが、これを意識するとツマ先体重になりすぎる傾向がありますから、「重心は足の真ん中に乗ればOK」と考えて下さい。

背中のラインに沿って骨盤も前傾させることが大事

アドレスの姿勢のつくり方がわかりにくいようなら、クラブを肩に担いだ姿勢から前傾姿勢をつくるといいでしょう。

胸をちょっと張った状態で、お辞儀をしながら両ヒザを軽く折れば、背中のラインがきれいに伸びた前傾姿勢が出来上がります。ここで重要なポイントとなるのが、背中のラインとお尻のラインが真っ直ぐに見えるように骨盤も前傾させることです。

腰が立って背中だけ丸めて構える人が多くいますが、これでは体の回転がスムーズにいきません。背骨と同じように骨盤にも前傾角度をつくることが大切です。

アドレスはクラブを気持ちよく振るための準備姿勢ですから、スイングづくりの練習に励むのも大いに結構ですが、アドレスをつくる練習も是非実行して下さい。

ボールを打つ必要がないので、自宅で鏡を見ながらアドレスの姿勢のバランスがいいかどうかをチェックする習慣をつけると、上達に大きく役立ちます。

“ゴルフビギナーの基本”の一覧はこちらから⇒コースデビューは「失敗して当たり前」



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

インパクトゾーン素振りでクラブの動きを理解 “ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2018
カッコいいスイングに基本が詰まっている“ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2018
スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018