FC2ブログ

記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本”

ビギナーがスイングをつくっていく過程で、インストラクターや経験豊富なゴルファーからは、「しっかり腕を振りなさい」とか「肩を大きく回しましょう」などとアドバイスされることでしょう。

まず、腕を振るという内容ですが、前にも述べたようにこの解釈は間違いです。体の回転が先にあって、腕やクラブは体の回転にしたがって振られるのです。

肩を回すという表現にしても、正しいようでいて実は曖昧です。「左肩を深く回しましょう」とか「アゴの下に左肩を入れましょう」「右肩を後ろに引きましょう」などと教える指導者もいますが、肩ばかりに目がいくと間違った動きになりかねません。

肩は腕とつながっていますから、誤解して腕や手を使いすぎることにもなります。

肩よりも胸を意識してみて下さい。両腕を胸の前で組み、バックスイングで胸を90度くらい右に向けましょう。そこから今度は胸を左に180度回すのです。

右向け右と左向け左の要領で、胸の左右の回転を繰り返してください。

結果的に肩が自然に回転しますが、肩よりも胸のほうに目を向けることで体がスムーズに回転しやすいことが実感できるでしょう。

00010.jpg

両腕を象の鼻のようにブランブランと振ろう

スイングづくりの第1段階として、まず胸を左右に回す動きを覚え、第2段階として、腕を左右に振る動きの練習をしましょう。

腕は自分の意図で振るものではありません。この練習を通して、体の回転によって腕が振られることを体感するのが狙いです。

胸を象の頭とすれば、腕は象の鼻のイメージです。両足を広げて立ち、体重を右足に乗せながら胸を右に回しましょう。すると両腕が後からついてくるように勝手に振られる感じがわかるでしょう。

両腕が右側に振られたら、今度は体重を左足に乗せて胸を左に180度回します。同じように腕が象の鼻のように振られることが体感できます。

この動きを左右連続で続けているうちに、胸の回転と腕の振りの時間差の感覚がつかめてきます。この時間差が、腕が振られることの真相です。

自分で腕を振らずに、胸の回転を主導させて腕が振られることによって、スイングのメカニズムがシンプルになります。肩や腕、手に余分な力が入ることがないし、体の動きにムダがないため、反復性や再現性が向上してスイングが安定します。

胸の回転よりも先に腕を振ろうとすると、腕や手に力が入り過ぎたり、グリップが緩んだりしやすいのです。

器用な手を使うことでクラブヘッドの軌道が逆に不安定になり、ミスショットを誘発してしまいます。



下半身主導の動きなら反復性や再現性が高い

要するにスイングの動力となるのは腕や手ではなく、お尻周りや脚などの大きな部位です。フットワークを使いながら胸を左右に回す動きは下半身主導といえます。

動きの主体である強くて太い筋肉は、器用な腕や手ほど神経が繊細ではなく、どちらかといえば不器用です。不器用ということはそれだけ動きが一定にしやすくて、反復性や再現性が高くなる利点があるのです。

最初のうちはどうしても「腕を振ろう」とか「クラブを振ろう」としがちです。中には下半身が完全に止まったまま、腕だけを振ろうとする人もいます。

自分で腕を振ろうとするクセがついてしまうと、修正が難しい場合があります。最初でつまずかないためにも、胸を左右にしっかりと回して、象の鼻が振られるように、両腕が振られる練習をしっかり積んでください。リズム感のいいスイング、きれいでダイナミックなスイングをマスターする上で重要なことです。

Embed from Getty Images

クラブが振られる感覚をマスターしよう

胸の回転によって両腕が振られる感覚を掴んだら、今度は実際にクラブを持ってスイングしてみましょう。

左手グリップを指の付け根の近くで握り、右ヒジを軽く曲げた状態で右手を握って、アドレスの姿勢をつくります。

この練習ではアドレスを正しくつくるよりも、象の鼻のように腕が振られる感覚そのままにスイングすることが目的ですから、アドレスは軽い前傾姿勢をつくる程度で十分です。

アドレスの姿勢をつくったら、体重を右足に乗せながら胸を右に90度回していきます。すると腕とクラブが遅れて上がっていくことがわかります。

自分では腕や手を動かしていないつもりでも、自動的にトップオブスイングのポジションに近い位置までクラブが上がります。




胸を左右に回し続けて連続素振りを繰り返そう

今度は体重を左足に移動して胸を左に回しましょう。時間差によって腕とクラブが遅れて下りてきて、クラブヘッドが加速してフィニッシュのポジションに近い位置まで自然に振り抜かれます。象の鼻のイメージで腕を振ることができれば、クラブの動きが体感できます。

振り幅はあまり大きくしなくても構いませんから、このように胸を左右交互に回し、トップオブスイングとフィニッシュの間を往復させるように連続して10~20回ほど素振りを繰り返してください。

素振りを反復しながら、クラブヘッドがどこを通過するかをチェックしましょう。鏡に映してみて体の動きやクラブヘッドの軌道を確認すればよくわかりますが、これだけで経験豊富なゴルファーのスイングのように見えるものです。

体を止めて腕を一生懸命に振ろうとするスイングとは、雲泥の差であることに気づいて頂ければと思います。下半身を止めて腕だけを振ろうとすると、スイングの再現性に乏しく、上達に直結しません。

Embed from Getty Images

ボールの位置は心臓の前を基準と考える

ボールをどこに置くかは、クラブヘッドがどこを通過するかを見ればある程度の目安がつかめてくるでしょう。

ボールの位置は基本的には左ワキの前ですが、左ワキを基準にするとちょっと難しいので、心臓の前あたりにボールがあればOKと考えてください。

心臓の前を目安にすれば、左ワキの前よりもやや内側にボールを置く感覚となります。ボールを上げない意識を持って、腕を象の鼻のイメージで振っているうちは、やや内側に置くのが合理的といえます。

ボールを打つ練習では9番アイアンからスタートし、コースデビューに備えて7番アイアンと5番ウッドも練習しておきます。

ボールを心臓の前に置くのは7番アイアンや5番ウッドでも同じです。違いといえば5番ウッドのようにシャフトが長いクラブほど両足の間隔がやや広くなり、ボールから離れて立つという点だけです。

慣れないうちは9番アイアンと5番ウッドではアドレスの感覚が全く違って感じられますが、持つクラブによってアドレスの姿勢を自然につくれるように繰り返しましょう。

“ゴルフビギナーの基本”の一覧はこちらから⇒コースデビューは「失敗して当たり前」



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018