FC2ブログ

記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選

体温を超えるような気温の中の暑い日のゴルフはもちろん、気温30度くらいでも「熱中症対策」が絶対に必要になってきます。

「熱中症の怖さ」と「熱中症を予防するための対策」を紹介しますので、あなたも万全の「熱中症対策」で夏ゴルフを楽しみましょう!

0011.jpg

こんな症状は要注意!熱中症の症状とは?

暑い日のゴルフのプレー中に、次のような症状が出たら「熱中症」の可能性がありますので、注意が必要です。

●熱中症の症状
めまい 立ちくらみ
熱中症の代表的な初期症状です。
暑さで体温が上昇すると、人間の体は、体の中にこもった熱を放出して体温を下げようとします。
そうすると、その分、脳への血流が減ることで「めまい」や「立ちくらみ」などが症状として出ることもあります。

痙攣、筋肉痛、足がつる
血液中の塩分濃度が低下すると手足の痙攣や、足がつる等の症状があらわれます。

全身の倦怠感、吐き気、嘔吐、頭痛
水分補給する量よりも大量の汗をかくため軽い脱水症状があらわれることにより、頭痛や吐き気などの症状があらわれます。

熱射病、40℃以上の体温上昇、意識障害
脱水症状が悪化すると、熱射病になるおそれがあります。
熱射病は死に至ることもある危険な症状です。
救急車を呼ぶ必要があります。

ゴルフプレー中に熱中症になってしまったら?

熱中症の恐いところは、最初は軽度でもすぐに重症化する恐れがあるという点です。
大事なことは、軽度の状態の時に何とかするということです。
重症化させないということです。

軽度な熱中症の対策は2点。

・涼しい場所に移動すること
・水分と塩分を補給すること


自分の身は自分で守らなければいけません。
プレー中でも、なにかいつもと様子がおかしいなと感じたら、プレーを中断して応急処置をする勇気が大切です。

すぐにマスター室に連絡を取って、ちょっと休憩する旨を伝えるか、症状が重ければ迎えに来てもらう。さらに重症化して、意識障害や自力で水分や塩分を補給できない状態になってしまったら、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。



ゴルフの熱中症対策に必要なものは?

●凍らせたスポーツドリンク
熱中症対策として水分と塩分補給は最も大切です。最近では常識ですが、水分だけを取っていてもダメです。
しっかりと、塩分も補給しなくては熱中症対策にはなりません。
ですから、水やお茶ではなくスポーツドリンクがよいでしょう。

また、凍らせて持っていくことで体に当てて冷やすこともできます。
熱中症対策としては、とにかく体にこもった熱を放出することが重要です。

とにかく、体を冷やしてあげること。

そのために、凍らせたペットボトルや氷、保冷材などがあると良いです。
ほとんどのゴルフ場は、カートで移動することが多いので、カートでの移動中や、他の人が打っている時にしっかりと自分の体を冷やすことで熱中症対策になります。

スタート前に、ゴルフ用のアイスバック(氷のう)に氷を入れておくとかなり重宝します。とけてきた氷水はラウンド中に頭や首筋にかけるとかなり涼しくなります。

●日焼け止め
日焼けをすると思っている以上に体力が消耗します。日焼け止めを塗ることは、熱中症対策にもなるのです。




●日傘
日傘と言うと、何となく女性が使うものと言うイメージがありますが、暑い夏のゴルフでは、日傘を使うことが熱中症対策となります。

ゴルフは、結構な時間を相手がプレーしているのを待っていることになりますから、日差しの強い日は特に注意しなければなりません。
また、長時間日差しに直接あたっていると、皮膚にも良くありません。疲労の原因にもなります。

●サンバイザーよりもキャップ
まずは、帽子はかぶるようにしましょう。真夏に何もかぶらないなんてありえません。
そして、できるならばサンバイザーよりもキャップをかぶることで熱中症対策になります。

サンバイザーだと、頭に直接日光が当たることで頭部の温度が上がり、体内の温度も上がってしまいますのでキャップ、又は麦わら帽子のような形の帽子が良いです。

●吸汗速乾のゴルフウェア
暑いとどうしても、半袖でプレーをしたくなる気持ちはわかります。わかりますが、熱中症対策としては、お勧めできません。

じつは、夏用の長袖のインナーは着た方が涼しいのです。
猛暑日が続く夏場のゴルフでは、半袖でプレーする方が良いと考えている人が多いかと思いますが、実は長袖のインナーを着用する方が暑さを感じることなくプレーできるのです。

もちろん、長袖のインナーは専用のものでなくてはなりません。
いろいろなゴルフブランドが夏用のインナーを発売していますが、共通点はこのような点です。

・体にフィットするデザインで、ストレッチが効く素材である。
・メッシュ素材などを合わせ持ち、通気性に優れている。
・遮熱効果があり、炎天下のジリジリとくる日差しを感じさせない。
・汗をかいてもインナーと体との間はべたつかない。

夏なのに長袖なんてと思いがちですが、必ず、吸汗速乾のアンダーウェアを着用することをおすすめします。

素早く水分を吸収して気化させて体をドライな状態に保ってくれますし、紫外線をカットしてくれるので、日焼けによる疲労感を和らげるという効果もあります。

●吸汗速乾性を重視した通気性の良いウェア
長袖のインナーの上に着る半袖のポロシャツ、またズボンやスカートですが、ポリエステル系の速乾性のあるメッシュタイプなどを選ぶ方が良いでしょう。

長袖のインナーは汗を外に出す機能を持つものが多いので、外に出た汗で上に来ている半袖ポロシャツが汗で濡れることもあります。なので、すぐに乾く速乾性が重要です。

下半身も上半身よりは汗をかきませんが、通気性のあるものの方が夏場は冷感を感じられます。

夏のゴルフの服装は、通気性、吸汗速乾性を重要視することが、熱中症対策としてとても重要になります。

暑さ対策グッズで熱中症予防!


●アイスバッグ(氷のう)
これがあるとかなり便利、かなり重宝します。実はこのアイスバック(氷のう)もプロゴルファーたちが愛用する品です!

夏のゴルフで暑くてどうしようもない時にアイスバッグで頭や首や顔を冷やすと生き返ります。
凍ったタオルなどでも良いですが、やはりアイスバッグが一番長持ちしますね。

また、万が一熱中症になってしまったときに、アイスバッグがあると役に立ちますし、ケガをした時にも役に立つので、準備しておいて損はないかと思います。

ゴルフでアイスバッグを活用している人も増えてきたようで、各種ゴルフメーカーもゴルフのグッズとしてアイスバッグを販売しています。
アイズバッグ(氷嚢)は、夏の暑さ対策、熱中症対策に欠かせません。

夏場のゴルフコースでは無料で氷を用意してくれるので、アイスバックのみを用意していけば問題ありません。
冷たさを長持ちさせるコツは、氷をぎっしりと隙間なく入れることです。
氷の隙間に空気が入ると溶けやすくなるので、氷を入れた後は、中の空気を抜いてあげると長持ちしますよ。
ハーフで氷を取り替えるのも忘れないようにしましょう。





●冷却スプレー
最近は日常生活でも使用できる冷却スプレーが大ブームです。
洋服の上から吹き付けるだけでひんやり心地よい冷たさを感じます。
効果は様々ですが、カートに1台は常備して夏のゴルフには挑んでください。




●夏用グローブ
夏用のグローブも多く発売されています。

汗をかいて濡れてしまうと、雨の日のゴルフと同様にグリップ力が落ちてしまい、飛距離がダウンしてしまいます。
吸湿、速乾、発汗放出機能に優れた夏用グローブは、風を通し蒸れないような設計になっています。
夏場は汗で手が濡れしまう人は無意識のうちに力が入っているかもしれません。

汗かきの人は、一度試してみるのもよいでしょう。




●クーラーボックス
熱中症対策として、こまめな水分補給は基本中の基本です。

ゴルフコースでは9ホールのちょうど真ん中あたりに、休憩所の茶屋があります。
ここでドリンクを購入するという方法もありますが、ゴルフ場で買う飲み物はとても値段が高いです。

なので、あらかじめコンビニなどで購入したドリンクを持ち込むのが通常ですが、「飲み物がすぐにぬるくなる!」という悩みがあるかと思います。

カートに設置されているクーラーボックスは単なるプラスチック製のものが多く保冷効果はありません。

なので、自分でクーラーボックスを用意していきましょう。
最近ではペットボトルが数本入る小さめのクーラーボックスも販売されています。これをコースに持参して、カート内に置いておくのも良いでしょう。

少し大き目のクーラーバックを持参して、同伴者とシェアするのもありですね。

●クールダウンメッシュキャップ
夏のゴルフは、帽子が必須ですが、さらに効果的な暑さ対策、熱中症対策ができる帽子があります。

冷却帽子、冷却キャップ、クールダウンキャップと言われているものです。
まあ、見た目は普通のキャップです。

どのように使うのかというと・・、

①帽子を水に浸す
②帽子を軽く振って余計な水分を除去した上でかぶる
③乾いたら再度水に浸す
これだけです。

水分率の高い特殊ポリエステルであるため、体温による水分の蒸発にともなう気化熱が肌の熱を奪います。
熱中症対策としてかなり効果的でおすすめです。




●ネッククーラー
これも、基本的には、冷却キャップの原理と同じで、水を含ませてその水分が蒸発することにより、気化熱効果で首元を冷却します。

首を冷やすことがなぜ暑さ対策につながるかと言うと、血管の中でも首にある血管は太く、皮膚の表面の近いところにあるからです。
太い血管を冷やすことで血液を冷やすことが出来ますので、体全体の血液を冷やすことによって、体全体が冷えるというわけですね。

このように首を冷やすことは、熱中症対策として有効と言えますが、冷やしすぎてしまうのも危険です。
ですから、水に濡らして使うネッククーラーぐらいがちょうど良いのですね。





●日傘
女子プロゴルファーが日傘をしているのはよく見る光景です。

実は、日傘は熱中症対策としては効果バツグンです。
夏のゴルフは、男性ゴルファーもぜひ日傘を積極的に活用しましょう

おすすめは、晴雨兼用モデルです。
夏のゴルフの熱中症対策となり、雨の日でも使えますので、このような傘を1本持っておくと良いですよ。




●インナーウェア
夏のゴルフの暑さ対策として、半袖でゴルフをするよりも長袖インナーをしっかりと着ることが重要です。

インナー選びとしては、吸汗速乾性、放湿、外気循環性、UVカット機能、抗菌、防臭性などを基準として選ぶと良いです。
吸汗速乾性の優れているものだと確実に半袖でゴルフをするよりも涼しさを感じますから試してみて下さい。

インナーシャツで絶対おすすめなのが、王道の「アンダーアーマー」です。

アスリートが着用しているピチピチしたシャツを見たことがある人も多いのでは?
実はあの「ピチピチインナー」にはメリットがたくさんあって、パフォーマンス効率を上げる効果があるのです!

【アンダーアーマー6つのメリット】

アンダーアーマー独自素材による非常に高い吸汗速乾性で身体がドライな状態を持続
伸縮率が横だけはなく縦にも伸びる着心地抜群のストレッチ性
紫外線からダメージ90%以上防ぐUVカット機能
着圧によって筋肉のブレを抑制し体力消耗を軽減
適度な圧力により姿勢が安定しパフォーマンスを向上
抗菌防臭で嫌な臭いをカット




汗をたくさんかいてもすぐに乾くので、蒸れた時の不快感がありませんので、ぜひ夏のゴルフに試してみてください。

やはり、良いものと悪いものの差は大きいですからね。

特にインナーと言うと、見えない部分なのであまりお金をかけたがらない人が多いかとは思いますが、そこは自分の命を守るものと考えて良いものを選びましょう。




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018