FC2ブログ

記事一覧

アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本”

アドレスはクラブを気持ちよく振れ、同時にボールを正確にヒットするための姿勢でなくてはなりません。

バランスのいいアドレスをつくるための要素はいくつかありますが、ゴルフをこれから始める人たちに守って頂きたい絶対的なポイントをひとつだけ取り上げたいと思います。

それは、「左腕が伸びて右腕が曲がっている」というセットアップを実行することです。

左腕を伸ばしておくこと以上に、右腕を曲げておくことが重要ですが、その理由としては理想的なインパクトには右腕が曲がっていることが絶対条件だからです。

000001.jpg

右ヒジが突っ張った構えがスイングをおかしくしてしまう

インパクトというクラブフェースがボールをとらえる瞬間に、パワーをボールに効率よく伝達するには、右腕が曲がっていなくてはなりません。

ボクサーのストレートパンチのように、相手の顔面をヒットする瞬間は右腕が曲がっていて、ヒットしてから右腕が一気に伸びていくのが理想的な動きです。

逆にヒットした瞬間にすでに右腕が伸び切っていてはパワーが半減して、相手へのダメージも小さくなってしまいます。

それとまったく同様で、インパクトの体勢をイメージして、アドレスの段階から右腕を曲げておくことが大切です。

ところが、経験者も含めて大半のゴルファーは右腕を曲げられないままでいます。右ヒジが突っ張っているからアドレスの姿勢のバランスが悪くなるし、ドライバーのスライスがなかなか直らない、アイアンでダフリやトップ、シャンクなどのミスが発生してしまうのです。



両ヒジの間にクラブを通して右腕の位置をチェック

右手のグリップをつくるときは右ヒジを軽く曲げておくことは以前に解説しましたが、これがそのままアドレスのもっとも重要なポイントに直結していることは、もうお分かりのことでしょう。

これだけ守っておき、つねに実行できるようになれば、それだけでゴルフのレベルを大きく前進させることができます。後々で苦労することもありません。

アドレスに関しての他のポイントが上手くできていなくても、心配することはないのです。

自己チェック方法としては両ヒジの間にクラブ、またはポールなどを差し込んで、左腕はクラブの上、右腕はクラブの下となるように構えられるかどうかを確かめるといいでしょう。

アドレスで右腕が曲がっているか、それとも伸びているかが、今後の上達の大きな分岐点であることを知ってください。

“ゴルフビギナーの基本”の一覧はこちらから⇒コースデビューは「失敗して当たり前」





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018