記事一覧

アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本”

アドレスはクラブを気持ちよく振れ、同時にボールを正確にヒットするための姿勢でなくてはなりません。

バランスのいいアドレスをつくるための要素はいくつかありますが、ゴルフをこれから始める人たちに守って頂きたい絶対的なポイントをひとつだけ取り上げたいと思います。

それは、「左腕が伸びて右腕が曲がっている」というセットアップを実行することです。

左腕を伸ばしておくこと以上に、右腕を曲げておくことが重要ですが、その理由としては理想的なインパクトには右腕が曲がっていることが絶対条件だからです。

000001.jpg

右ヒジが突っ張った構えがスイングをおかしくしてしまう

インパクトというクラブフェースがボールをとらえる瞬間に、パワーをボールに効率よく伝達するには、右腕が曲がっていなくてはなりません。

ボクサーのストレートパンチのように、相手の顔面をヒットする瞬間は右腕が曲がっていて、ヒットしてから右腕が一気に伸びていくのが理想的な動きです。

逆にヒットした瞬間にすでに右腕が伸び切っていてはパワーが半減して、相手へのダメージも小さくなってしまいます。

それとまったく同様で、インパクトの体勢をイメージして、アドレスの段階から右腕を曲げておくことが大切です。

ところが、経験者も含めて大半のゴルファーは右腕を曲げられないままでいます。右ヒジが突っ張っているからアドレスの姿勢のバランスが悪くなるし、ドライバーのスライスがなかなか直らない、アイアンでダフリやトップ、シャンクなどのミスが発生してしまうのです。



両ヒジの間にクラブを通して右腕の位置をチェック

右手のグリップをつくるときは右ヒジを軽く曲げておくことは以前に解説しましたが、これがそのままアドレスのもっとも重要なポイントに直結していることは、もうお分かりのことでしょう。

これだけ守っておき、つねに実行できるようになれば、それだけでゴルフのレベルを大きく前進させることができます。後々で苦労することもありません。

アドレスに関しての他のポイントが上手くできていなくても、心配することはないのです。

自己チェック方法としては両ヒジの間にクラブ、またはポールなどを差し込んで、左腕はクラブの上、右腕はクラブの下となるように構えられるかどうかを確かめるといいでしょう。

アドレスで右腕が曲がっているか、それとも伸びているかが、今後の上達の大きな分岐点であることを知ってください。

“ゴルフビギナーの基本”の一覧はこちらから⇒コースデビューは「失敗して当たり前」





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018