記事一覧

正しいゴルフレッスンの受け方 “ゴルフマナーの基本”

ゴルフはなかなかうまくはいきません。練習の成果もなかなか思うようにあがりません。だからといって成り行き任せで良いというものでもありません。できるだけ技術向上に努めましょう。うまくできるようになるほどゴルフは愉快になるからです。

ゴルフは下手でもマナーが良ければ人の迷惑になりませんが、技量が良ければなおいいです。上手くなるほどコースを傷めません。普段の練習運動を通じて体力や筋力を養うことができ、実践で体を傷めることも少なくなるからです。

練習にはプロのレッスンが大事です。いうまでありませんが、練習は効果が上がることが目的ではありませんか。細部よりも基本からしっかり教わって覚え、正しいスウィングに体を慣らすことが本筋です。自己流の楽しさも否定はできませんが効率は悪くなります。専門家に教わるレッスンが上達への早道です。

Golf-Lessonsf-Family-1a.png

良い先生の見つけ方

①評判を聞く。教えているそばで観察する。試しにレッスンを受けてみる、など。

②表情が明るく、態度が紳士的で、身なりが清潔なスポーツマンであること。

③言葉づかいが丁寧で(敬語だらけという意味ではなく)優しいこと。レッスンはコミュニケーション作業。表現に丁寧さと積極性と思いやりがなければ伝わってきません。

④教える相手を生徒ではあるが、客でもあると思って対応する人であること。

⑤自身も魅力的なスウィングで、範を垂れる人であること。



効果的なレッスンの受け方

①基本のマスターが目的だから、ビギナーは早いうちに教わるほどに効果的。

②継続的に、長期的な計画を立てて受ける方がトク。単発的なレッスンは付け焼き刃で、すぐまた元に戻りやすくなります。長い付き合いになるので信頼性の高い、魅力的な人を見つけましょう。

③耳を傾け、心を開き、信頼して身を預ける。教わるほうも教えるほうも一生懸命になるのが理想。両者に一生懸命さが生まれない関係ならやめて、ほかの人を探したほうがよいです。ゴルフはレッスンさえもメンタルなものだからです。

④先生に打ってもらう。スローモーションでも見せてもらったり、自分のスウィングの真似もしてもらいましょう。また、先生がフルスウィングしたとき、ボールの行方には目を向けず、ずっと体の動きを追うようにしましょう。

⑤レッスンとレッスンの間に予習、復習をしましょう。家での素振り、シャドウスウィングでもよいです。その先生がすすめるレッスン書を開くものよいです。

ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”


【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018
「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018