FC2ブログ

記事一覧

読むゴルフ “ゴルフマナーの基本”

Best golf books to read

より少ないスコアを追い求め、その結果に喜怒哀楽の心を動かされるのがゴルフですが、それだけではゴルフから得られる偉大な楽しみのうちのほんの一部に触れたことにしかなりません。

今日、多くのゴルファーの関心は、クラブやボールなどの進歩、飛びとスコアといったいわば物理的、数量的なゴルフ文明に集まっていて、知的、精神的なゴルフ文化の面の楽しみがとかく疎んじられています。ゴルフが今日までに残したかけがえのない歴史的遺産には、後者のもののほうが圧倒的に多いのです。

ゴルフの世界には、スコア追求のほかに、じつにさまざまな楽しみ道がいく筋もあります。



ゴルフの歴史や精神を知る教養

ゴルファーたる者、まずゴルフの歴史を知るべきであります。ゴルフは昔も今もその基となる精神、本質はなんら変わらずに存在しています。しかし、今日、人の価値観の変容、社会環境の変化、日本独特のゴルフシステムの在り方などによって、ゴルフ悠久不変の精神、本質が見えにくくなっています。

ゴルフスウィングが常に『基本に帰れ』であるように、ゴルフの心もまた常に原点回帰『歴史に帰れ』なのです。歴史を知ることによって、いま自分がいかにゴルフを楽しむべきか、そのために何をすべきかに気づくことができます。

歴史を著したゴルフ書は多く、誰もが手軽に読むことができます。



先人ゴルファーの生き方を知る感動

ゴルフの歴史の中には、ゴルフと感動的な付き合いをして人生を過ごした有名、無名の人々が、世界各国に日本各地にも幾千、幾万といます。プロにもいますが、アマチュアにも多くいます。

幸い、伝統的なゴルフ倶楽部には倶楽部の日々を記録に留めておくシステムがあり、豊富な記録・資料が今日に残されています。それらを忠実なる原本として調べあげ、彼らのゴルフとその思い、その生き方を著す作家が、わが国にもほんの数人だがいます。その数人の手によってゴルフ史を生きた人々の感動的なゴルフライフが読み物として著されています。



コース設計者を知るたしなみ

ゴルフコースにはそこにはいないゲームの相手がいます。コース設計者です。たいていの場合、ベットの相手よりも設計者のほうが手強く、設計者の企みを研究したほうが勝ちにつながります。

そこにホールの線を引き、バンカーを掘り、グリーンにアンジュレーションを施し、カップを切ったのは設計者であります。見えるものだけではありません。誘惑、恐怖、錯覚といった、目には見えない罠をもそこにレイアウトしています。ティショットからアプローチショット、ショートパットまで常に設計者がゴルファーの相手をします。

ゴルフコースは自然の営みを生かした空間と時間との壮大な造形作品であります。作品論の対象として吟味し、鑑賞するに値するものが多くあります。また、作家論として研究するに値するゴルフコース設計者も多くいます。わが国でも過去・現在に名コースを残した人はいらっしゃいます。



ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”


【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018
ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018