記事一覧

ゴルフ場社会人としての良識、人格、行動力 “ゴルフマナーの基本”

ゴルフ場の中はひとつの共同社会

パブリックコースであれ、メンバー制のゴルフクラブであれ、ゴルフ場はゴルフを楽しもうという共通の目的を持つ人たちが集う社会、いわば仲間社会です。同伴競技者はもちろん、前後の組のプレーヤー、ときには隣のホールのプレーヤー、ハウスの中や練習場で隣り合う人、すれ違う人、みんな同好の仲間なんです。

ほかにもフロント、ロッカールーム、キャディマスター室、茶店、食堂、浴室などではコース側の人たちにも会います。コース上ではマーシャル、コース管理の人、雑草取りの人たちとすれ違います。ここでのすべてのふれ合いは出会いの挨拶をはじめ、ゴルフの精神に乗っ取ったフレンドシップが通うものでなければいけません。

ゴルフ場は一般の社会と同じで、さまざまな人たちがいる社会でもあります。老若男女、身体的強者弱者、出自、身分、地位、人間観、政治や宗教上の価値観など、人ひとりずつ違っています。その違いを超えて、共通の目的を楽しもうというところが肝心で、だからこそ、ゴルファー一人一人にゴルフ場社会人としての良識と人格と、それを表す行動力が求められます。

ゴルファーたるもの、プレーが楽しくスマートにできるのと同じように、これらゴルフ場の中の人々との付き合いもまた楽しくスマートにできる社交能力を持っていなければいけません。

Kelowna_Springs_Weddings-1.jpg

さばくのが難しいボールと自分

ゴルフ場にいる人間の中でいちばん付き合いにくいのは、誰でしょう?あなた自身ではないでしょうか。

ゴルフほど「御し難きは己なり」と思い知らされるゲームは他にありません。ボールのさばき方、運び方と同じぐらい自分自身のさばき方、運び方がうまくいきません。ゴルフ上手は自分との付き合い方が上手です。感情的に不安定になりやすい自分自身といかに上手に付き合うか、それがゴルフ上手への第一歩であるとも言えるでしょう。

ゴルフはペアマッチなどの例外を除けば個人プレーです。はしゃぎ過ぎている自分や落ち込んでいる自分に声を掛けてくれるのは、あなた以外にいません。プロのように専属キャディのいないアマチュアゴルファーの場合はなおさらです。

また、自分を上手にコントロールできないゴルファーは、ほかのゴルファーにとっても気持ちのよい同伴競技者ではありません。これをポジティブに言うのなら、ゴルファーには社交と孤独の両面の楽しみがある、とも言えます。

ダメになっていく自分に早く気づき、平常な自分に戻すもうひとりの自分役がいなければなりません。こうしたセルフコントロールやメンタルトレーニングは、心理学という専門分野のものであって、この分野のゴルフ書も数多く出ています。



同伴競技者との旅

ふつう、自分と同伴競技者との間には二種の人間関係が並行します。ひとつはストローク数を競い合う競技相手の関係、もうひとつはラウンドを共にする旅仲間のような関係です。

たとえば、ふらっとやってきた初対面の2人がセルフでスタートしていく、そしてベットをするでもなく、というような場合でも二種の関係が並行します。どちらが次打を先に打つか、どちらが次のホールのオナーかという競技が行われ、その一方で互いに互いを尊重し、思いやり、よいショットを讃え、見つからないボールを探し合うという2人旅です。

一般的なゴルフは1パーティ4バッグです、これにキャディが加わることもあるでしょう。プレーヤー4人とキャディひとりの5人旅のようなものです。ひとりだけ先に行くことはできないし、ひとりだけ置いて行くこともできません。目配り、思いやり、助け合いによって、あるときは他の人を助け、あるときは率直に他の人の協力を頼りながら、効率よく旅をすることが重要です。





パーティの中の自分の役割

ラウンド中は、自分が今どういう立場にいて、進行上どんな役割をすべきかを考えなければいけません。自分の組がスムーズに進むということは、言うまでもなくあなた自身のトクになるからです。

たとえばABCD4人の組の場合、
①パッティングをいちばん早くすませたAはキャディから旗竿を受け取り、キャディを次のティインググラウンドへ向かわせる。

②次のホールのオナーBは、すみやかにティインググラウンドに立つために、他の人より先に歩を進める。

③Cのドライバーショットが林の中に飛び込んだら、ボールがフェアウェイにあるAやBはCと一緒にボール探しを手伝う。

④Aが前方を探すなら、Bは手前、Cは横奥、それぞれに少し違うところを手分けして探す。

⑤キャディとA、B、Cが林の中に探しにいった場合、Dまでが林の中へ探しに行くのはやりすぎで、ひとりはフェアウェイに残ったほうがよい。キャディが置いていったカートの面倒を見ます。後続の組へ「まだいます」のサインにもなります。

⑥3人がすでにグリーンにオンしていて、Dひとりがバンカーからホームランを打ったような場合、カップにいちばん近いAがバンカーならしを代わる。

などなど・・・


ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場の芝に種類があるのは知っていますか? Jan 15, 2018
ゴルフ場社会人としての良識、人格、行動力 “ゴルフマナーの基本” Jan 10, 2018
食堂、浴室、トイレの利用マナー “ゴルフマナーの基本” Jan 05, 2018
練習グリーンの使い方 “ゴルフマナーの基本” Jan 04, 2018
練習場の使い方 “ゴルフマナーの基本” Dec 25, 2017
クラブハウス内での過ごし方 “ゴルフマナーの基本” Dec 22, 2017
スタート時間の何分前到着がいいのか? “ゴルフマナーの基本” Dec 20, 2017
身支度の工夫 “ゴルフマナーの基本” Dec 14, 2017
服装規定(ドレスコード)の基本 “ゴルフマナーの基本” Dec 12, 2017
ラウンド中における練習スイングの注意点 “ゴルフマナーの基本” Dec 02, 2017