FC2ブログ

記事一覧

スタート時間の何分前到着がいいのか? “ゴルフマナーの基本”

1時間以上前に着くように出発


富士クラシック

コース側のメッセージによく「スタート時間の30分前までにご来場ください」とあります。そのため、コースにはスタート時間の「30分前に着けばよい」と解釈する人が多いですが、その解釈は正しいとは言えません。「30分前までに」はコース側からのお願いとお断りなのです。

「遅くともスタート時間の30分前までには到着してください」というお願いと、「これより遅れた場合は予定の時間にスタートできなくなることがあります」というお断りなのです。けっして「スタート時間の30分前の到着で十分」なのではありません。

メンバーが慣れたホームコースへのんびりと電車とクラブバスで行く、そういう場合はその人なりのペースで十分です。

しかし、朝の通勤時刻とも重なるわが国の交通事情の中で、クルマで行く人、ビジターとして行く人、コンペに参加する人、まだまだ上手くない人などの場合は、遅くとも1時間前にはコースに到着するように家を出るべきです。ほんとうは1時間から1時間30分ぐらい前に到着する予定で家を出るのが望ましいです。その理由は以下に説明しますが数多くあります。




なぜ1時間以上前到着が望ましいか

①スタート前のウォーミングアップのため。スポーツをする人は生理学上、少なくとも40~50分間のウォーミングアップが必要と言われています。コースに着いてから、クルマを駐車場に置き、フロントで手続きをし、着替えたり、トイレに入ったり、仲間と談笑する時間を10~20分間とみて、ウォーミングアップの時間を足すと1時間となります。

②予期しない渋滞に引っかかることを考慮して、さらに15~30分の予備時間をみて家を出ると万全です。高速道路で事故渋滞に引っかかったり、現地の一般道でマイカー通勤の時間帯に出合ったりすると、10分や20分はあっという間に経過します。



30分前到着ではコース側がたいへん

③30分前到着ではコースの人たちがスタートの準備に大変せわしい仕事を余儀なくされます。その結果、静かでゆったりとした本来あるべきカントリークラブの雰囲気を壊してしまいます。

プレーヤーが到着してからスタートするまでの、コース側の標準的な段取りと時間を計算してみると、次のようになります。

プレーヤーがクラブハウスの玄関に到着し、バッグを下ろし、駐車場に止めて戻ってくるのに3分。フロントへ行き、列に並び、サインをしてチェックインするのに2分。これでようやく来場が確認され、フロントからキャディマスター室に伝票が回る、あるいはメンバーが持っていったり、パソコンに打ち込まれたりして、スタート予定氏名と予定時間とが確認されるのに1分。ここまでで6分経過です。

ここからキャディの仕事が始まります。キャディが呼び出され、伝票が手渡され、バッグ置き場に回されてきたバッグを探し出し、フードを開け、カートに積み、クラブとカバーを確認し、これと同様の作業をあと3人分行います。そして4バッグをベルトで締め、パターをパターホルダーに入れ、空模様によってはビニールカバーで覆い、傘を積んで、タオル、セーター、飲み物などを配置し、スターティングホールへと向かいます。これらの作業に15分かかるとしましょう。

手慣れたキャディなら15分間でやってできないことではありません。実際に、スタート30分前に飛び込む人のためにキャディたちはやっています。やってはいますが、30分前到着の場合その様子が問題になります。バッグ置き場は騒がしくなり、マスター室の声が大きくなります。キャディたちの声も荒っぽくなり、余裕がなくなり、すれ違ったりすぐそばに立つ客との挨拶がなくなります。せわしく、騒々しくなり、カントリークラブの価値のひとつである静けさを壊すことになります。原因は30分前到着にあります。

クラブハウスのバッグ置き場からティインググラウンドまでの移動が1分。これで22分経過。スタート予定時刻の8分前になります。

28056001943.jpg

前の組がティオフしていたら、すみやかにオナーを決め、オナーがティアップし、ティに立ち、この組のプレーの用意OKを意思表示するのが、スターティングホールでの作法です。これをするためには、前の組のティショットの前までにクラブ本数の確認手続きや小物の用意など、キャディと4人のスタート前のいろいろな仕事を済ませておかなければいけません。前の組がティショットするときは物音をたてたり、声を出したりしてはいけないからです。

ふつうスタートは6分か7分刻みになっています。したがって、スタート予定時刻の8分前にキャディがティインググラウンドの近くに到着していてちょうど良いわけです。

以上がスタート30分前到着の場合の計算です。ギリギリですよね。コースには早く出掛けすぎて早すぎるということはありません。

早朝は特に安全運転

コースへ向かう早朝は、ふつうの時間帯と道の様子が違うことに留意して運転しましょう。「まだ道が空いているから安心」と思って運転するのは大間違い。「まだ道が空いているから」と安心して道を使っている人が他にもいるからです。新聞配達、牛乳配達、ジョギングをしている人たち。クルマが少ない時間帯だという安心感で路地から急に飛び出してくることもあります。

朝の運転はメンタルトレーニングの絶好の訓練になります。たとえば、徹底的に制限速度で走ってみる。後ろからクルマが追いついたら路肩に寄って追い越させてみましょう。我慢の心、静かな心、堂々としたコンセントレーションを養いながらコースに行ってみましょう。勝者のメンタルトレーニングです。



助手席の人の役割

とくに初めてのコースへ向かう場合などは、助手席の人の役割がだいじになります。地図を見ながらのナビゲーターを務めるのが仕事です。次の曲がり角までの距離などを教えると、運転する人は余裕を持って安全運転ができます。役割分担はホールの途中でも、グリーン上でも、とてもだいじなチームプレーです。


ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

インパクトゾーン素振りでクラブの動きを理解 “ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2018
カッコいいスイングに基本が詰まっている“ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2018
スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018