FC2ブログ

記事一覧

最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント

今やクラブセッティングに欠かせない存在ともいえるユーティリティー。

ユーティリティーの一番の功績は、ゴルファーがもっとも苦手とする180ヤード前後の距離を簡単に打てるようになったことです。自分にあったユーティリティーを手に入れることで、あなたのゴルフはさらにワンランクレベルが上がることでしょう。

ユーティリティーはここ数年で劇的な進化を遂げていますが、逆に選び方が難しくなってきています。そこで、ユーティリティー選びで失敗しないポイントをまとめてみました。

ユーティリティー GOLFANS

今やユーティリティーはプロにも必要不可欠なクラブ

ユーティリティーがなかった頃は、物理的にグリーンに乗ることのない3番アイアンや4番アイアンを一か八かで打っていたのが、ユーティリティークラブの出現で、安定してグリーンを狙えるようになりました。

その恩恵はアベレージゴルファーだけでなく、アスリートゴルファーも等しく受けていて、今やプロにとってもユーティリティはなくてはならないクラブとなりました。

しかし、ゴルファーが自分好みのユーティリティーを自由に選べるようになったは最近の話。ユーティリティーが出始めた頃は、2番や3番アイアンの代わりに使うアイアン型ユーティリティーがほとんどで、アスリートにも打ちこなすのが難しいクラブでした。

その後、アベレージ向きのウッド型ユーティリティーが出始めると、今度はお助けクラブとしての要素が強い、軽量でつかまりのいいモデルばかり。

ある程度パワーがある人や。もともと球をつかまえられる人には軽すぎたり、左が怖くて振り切れないクラブでした。

そんな二極化状態が続いたあと、最近になってようやく重さやロフトのバリエーションが増えたことで、すべてのゴルファーがユーティリティーの恩恵を受けられるようになったのです。



製造技術の進化でやさしく打てるアイアン型も登場

しかし、バリエーションが増えると、今度はどれを選んだらいいのかわからないという問題が出てきます。そこで重要なのは、自分にとってユーティリティーがどういうクラブかを明確にすることです。

例えば、ヘッドスピードが速くてミート率が高いアスリートにとって、ユーティリティーは確実にグリーンを“狙う”クラブです。そのためには重心深度が深すぎず、しっかり振っても左に行かないことや、スピン量が減りすぎないことが求められます。

また、シャフトのチップ径(先端側の太さ)がアイアンと同じ太めのほうが、バラつきを抑えてイメージどおりに球質をコントロールできます。

逆に、アベレージにとっては、いくらユーティリティーでも180ヤードの距離からグリーンに乗せるのは難しいので、狙うクラブではなく、確実にグリーン側まで“運ぶ”クラブとして選ぶのが正解です。

その場合、重心深度が深くてオフセンターヒットに強く、なおかつ飛距離が出るもののほうが有利です。また、チップ径もアイアンより細いウッド径のほうが、やさしく球を上げてつかまえることができます。



ただし、最近は製造技術の進化によって、ウッド型でも重心深度が浅くてパワーヒッターが左を気にせずに打てるものや、しっかりスピンがかかってアイアン感覚でグリーンを狙えるものがあります。

また、見た目はアイアン型でも、低・深重心設計で球が上がりやすく、アベレージにも十分使えるモデルもあります。

これは、誰もが自分好みの形状を選べるということですが、逆にいうと、見た目だけでは判断できなくなっているということでもあります。

また、ロフトと長さが同じでも、ヘッドの構造が違うと飛距離がまったく異なる場合があります。よって、気になるユーティリティーがあったら、ショップで試打をしたり、ヘッドの特性やチップ径などいろいろな情報を集めましょう。

そして、ドライバーやアイアンと同じくらいの時間と労力をかけて選んでみましょう。

ユーティリティークラブ最新売上ランキング ≪楽天市場≫



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

インパクトゾーン素振りでクラブの動きを理解 “ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2018
カッコいいスイングに基本が詰まっている“ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2018
スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018