記事一覧

打ち込み対策と対処・謝罪・被害者にならない方法 “ゴルフマナーの基本”

前の組のプレーヤーたちに届きそうな距離のところからは絶対にショットをしてはいけません。たとえそれがどんなナイスショットであろうと、前の組に対しては、判断の甘さと用心不足が原因のミスショット以外のなにものでもありません。

ボールの飛び具合で打ち込んでしまいそうなら躊躇せずに「フォアー!」の大声を発して知らせるべきです。事故を未然に防ぐための唯一の努力はこれしかありません。

以前のこちらの記事:スマートゴルファーのティショット “ゴルフマナーの基本”でも記載しましたが、
前の組に不愉快や生命の危険をもたらしたショットは、打った人にとってどんなにスーパーなショットであっても、コース内では最悪のミスショットでしかありません。

不幸にして事故が起きれば当事者間だけでは問題はすみません。プレーヤーがビジター(ゲスト)の場合、同伴者または紹介者であるメンバーの責任問題になり、そのメンバーが倶楽部からなんらかの制裁を受けることになります。同伴者全員の楽しいゴルフも台無しになり、たとえプレーヤーの勝手で起きた事故だとしても、キャディは職務上の叱責を受けることになります。

打ち込み

前の組にボールを当ててしまった場合の対応

まずどう行動すべきか。これはゴルフ作法以前の問題です。当たった様子が見えているのに、なにはともあれ走っていくとこをしない人はゴルファーにはいないと信じたいです。

たいていのキャディはこうした非常時の対応、マスター室への急報、当面の救急処置などを教育されているのでキャディの対応、指示に従いましょう。マスター室では必要に応じて119番へ出動を依頼し、移動用の車両を現場に向かわせ、さらには来場者の中に医師がいないかなどの対応をしてくれます。

セルフプレーが多くなりキャディがいない場合は、同伴者と協力して、被害者の状況確認をしてマスター室へ連絡し、場合によっては指示を仰ぎ、被害者の救急処置を行いましょう。プレー前には必ずマスター室への連絡方法を確認しておきましょう。

被害者自身が、怪我が軽いからプレーを続行するというような場合、それで良しとしないほうがよいです。お願いをして、近くの病院、診療所でレントゲン撮影などの診察、しかるべき治療を受けるように訴えるべきです。ゴルフボールのようなものによる怪我は、初期対応を怠ったために後の症状が大きくなることがあるとよく言われます。



直接当たった様子はない場合

打ち込みとは、前の組のプレー区域の優先使用権をおかしたことです。ボールが近くまで行き、前の組に不快感を与えた場合も、当然打ち込みです。

即座の謝罪と許し

打ち込んでしまった場合は、すぐに脱帽し、相手に届く声で「すみません」の言葉を発して、手を挙げるなり頭を下げるなりのジェスチャーで、謝罪の気持ちを表しましょう。

大事なことは謝ることではなく、謝りをきちんと相手に届けることです。「こちらは謝った」という言い分はこちらのこと。届いていない行為はないものと同じです。

普通の状況なら、打ち込まれた方は、後ろの組が悪意で打ち込んだとは思いません。謝罪の表現が見えればそれでいちおう納得します。しかし、謝罪の表現がすぐに見えないと怒りが生まれてきます。

また、「あとで謝ろう」という対応は自分本位のものであって、絶対に後回しにしてはいけません。怒っているところへ、あとで謝りにいっても、なかなか許してもらうことはできません。

打った地点からの謝罪は仮の謝罪です。その後の、正式な謝罪を欠かしてはいけません。表情がちゃんと見える近くまでいって、礼儀にかなった詫びをすべきです。謝罪は相手から許しの言葉をもらってはじめて成立するものです。



正式な謝罪と許しの得かた

正式に許しを得るためには、できるだけすみやかに前の組の近くへ急がなければいけません。急がないと、前の組はプレーを終えて次の地点へ進んでしまい、正式な謝罪のチャンスを遅らせてしまいます。ボールはすでに前方の前の組へ飛んでいるのだから、打ち込んだプレーヤーは打った場所あたりにいる必要はありません。

前の組がプレー中の場合は、目障りにならないようにラフか林の中を急ぎ、木陰などに隠れて待ち、プレーが終わったところで進み出て、謝罪の声を掛けましょう。

前の組がホールアウトして次のティインググランドへ向かってしまった場合は、追いかけていってでも謝るべきです。始動がすみやかなら、そのぐらいの時間はできないはずがありません。

それでももし追いつく間がない特別な状況なら、その後のホールや食堂などで「先ほどはたいへん失礼しました」と詫び、そしてもう一つの謝罪「お詫びが遅れて申し訳ありませんでした」と付け足しましょう。すみやかな謝罪が遅れると謝罪がもう一つ増えることになります。





打ち込みの被害者にならないための注意事項

ゴルフ場ではいつ不意の危険が襲ってくるかわからない、と心得て用心していたほうがいいです。

コースの中でどこからか「フォアー!」の叫び声が聞こえてきたら、それは後方からのボールとは限りません。どちらの方向からかを見る余裕もない。そんなときにはなにはともあれ、顔を下に向け、両手で頭をおおい、首をすくめるかがむなどして、体を小さくして、精いっぱいの防御態勢をとりましょう。

他のプレーヤーのボールが万一、頭部に当たったときのことを想定すると、帽子着用は被害をより軽くするのにたいへん有効な安全対策であることがわかります。ゴルファーは着帽してプレーすることを心がけましょう。

急な打ち上げホールでは、グリーン上で旗竿は立てて持たないように注意しましょう。打ち上げホールの場合は、旗竿を持っている人は見えなくても、立てて持っていると竿の先の旗が見える場合があります。後続の組はグリーン上のプレーが終わったものと思って打ってくるおそれがあります。平らなホールであっても視界の悪い霧や夕暮れ時も同じく注意が必要になります。

他人のプレー時に立つ位置はよく考えないと危険を招きやすくなります。ショットするプレーヤーの背後の側に立つのが安全であり、邪魔にもなりません。プレーヤーの横の側ではシャンクのような思わぬそれ球の危険があります。とくにビギナーの場合は直角に右に飛びだす場合もあるので特に注意が必要です。

プレーの進行のために自分の次打地点へ早く向かいたくなる時もありますが、他のプレーヤーの前方に出るのは危険が伴うので、用心しなければいけません。前方に出る場合、ショットしようとするプレーヤーの前方のとくに左側の危険度が高まります。俗に言うひっかけ球は、シャンク気味のスライス球よりも強い球になるからです。

ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”


【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017