記事一覧

ラウンド中における練習スイングの注意点 “ゴルフマナーの基本”

硬くて速くて飛ぶボール、硬くて長くて振り回されるクラブ、瞬発的な運動、それに、急斜面、雨風、雷・・・、ゴルフは様々な危険に満ちたゲームです。プレーヤーはつねに周囲への配慮に努めて、自身の安全にも心掛けが必要になります。

ゴルフ規則第1章『エチケット』では、一番目のテーマを「コース上の心得」として、「安全の確認」を訴えています。

●プレーヤーは、ストロークや練習スイングをする場合、次のことを必ずよく確かめるようにするべきである。
(a)近くに誰も人が立っていないかどうか
(b)クラブや、球や石、砂利、木の小枝などが飛んでいって当たりそうな場所に誰も人が立っていないかどうか


とくに危険な区域は、ティインググラウンド上とその周辺になります。狭くてプレイヤー同士が近づきやすい場所なので、しばしば大怪我の被害者を出すことがあります。ティインググラウンドでの素振り、練習スイングは、周辺とくに背後に人がいないことを必ず確認してからしてください。

ティインググラウンド上に限らず、フェアウェイでもラフでも練習スイングでは前方にも注意し、確認しましょう。万一ダフったときに石や土砂が飛びます。ラフの場合は隠れている石を打ち出すこともあります。



2打目以降の素振りにも注意

ティショットを終えた2打目以降も素振りには注意が必要です。前述のように石などを誤って打ってしまうケースがあるので同伴者のいる位置への注意も必要ですが、前の組に対しても注意しましょう。

フェアウェイやラフなどコース内で素振りを試みる場合は、これからショットする方向にアドレスをとってすべきではありません。昔は厳しく戒められていた不作法のひとつです。

目配りのいいプレーヤーは常に後続の組の動きを気にしています。前の組にそういう目配りのいいプレーヤーがいた場合、本人としてはまだ打たないタイミングだとしても、ショットする方向に素振りをすれば、打ち込んでくるのか?という危険を感じさせることになります。

同じ組の同伴者にも同様に打ちこむのではないか?という心配をかけます。また、場合によっては空振りと間違えられてしまいます。

実際のショットでフェアウェイにディボットマークをつくってしまうことはプレー上やむを得ないことですが、練習スイングでディボットマークをつくることは恥ずべき行為になります。それはラフでも同じことです。

練習とプレーとで二つのディボットマークをつくり、コースを倍に傷めることになります。芝が再び生え揃うまでの日数を考えてみましょう。

16584037_690899354425453_77907442574295040_n.jpg


ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018
ゴルフ上達のコツ・・・なぜ上達が伸び悩むのか Apr 04, 2018
ゴルフを始めるのに最低限必要な物:ゴルフボール編 Apr 02, 2018
ゴルフを始めるのに最低限必要な物:ゴルフシューズ編 Mar 30, 2018