記事一覧

出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本”

今、あなたはゴルフ入門のスタートラインに立っています。ゴルフというスポーツにゴールは永遠にないに等しいのですが、みんな同じように「ゴルフ上達」という目標に向かって出発しようとしています。

しかし、ゴルフの経験がまったくない2人がいたとして、ゴルフの学び方が正しい人とそうでない人とでは、同じゴルフ初心者でも上達の過程やスピードに大きな差が出てきます。

スポーツ経験や運動神経、体の柔軟性などの違いはあるとしても、ゴルフの最初の入り方を間違えなかった人はどんどん上手くなれるのです。

16584973_258057807972409_2781612689963614208_n.jpg

未経験者のほぼ全員がスタートからつまづいている

ゴルフは、スタートラインから進む方向を間違ってしまうケースがとても多いスポーツです。

間違った方向にどんどん進んでいくと、正しい方向との幅がどんどん広がっていき、途中から修正しようとしても直すのがとても難しいですし、体が覚えてしまった後は、最初のスタートラインに戻ることさえも困難になります。

しかし、最初に進む方向さえ間違えなければ、上達の過程が早かろうがゆっくりだろうが、必ず上手くなります。

どこを間違えるのがいけないかというと、以前のこちらの記事:ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本”でも述べたように腕や手を一生懸命に振ろうとすることです。

上手い人のスイングを見ると、腕を振っているようにしか見えないため、それを真似て一生懸命振ろうとしてしまいます。そうすると手打ちになってしまい、結果としてボールに正確に当たりにくくなります。



間違った動きでも当たるようになるから勘違いしてしまう

本当は間違った動きである手打ちでも不幸なことに、それを何度も何度も繰り返すうちに、ボールに当たるようにはなってきます。

その瞬間から、スイングは間違った方向に向かいます。「ちゃんと打てるから、これでいいんだな」と思い込むと、どんどん悪い方向に向かってしまうのです。

やがて大きな壁に突き当たって、そこから先に進めなくなります。迷路にはまり、長いスランプから逃れられなくなり、とても憂鬱な悩みを抱えてしまうことにもなりかねません。

そうなったら、ゴルフを心から楽しめなくなるのは目に見えています。

早く確実に上達するためには、ゴルフの本質を理解し、目標に向かって道を踏み外すことのないように、ゴルフを正しく学ぶ心構えを持つことが大切です。

少しでもゴルフを心から楽しめるように、そのためのアドバイスをこの“ゴルフビギナーの基本”では紹介していきます。
ゴルフビギナーはもちろん、迷路にはまった経験者のかたも、もう一度襟を正す気持ちになってスタートラインに立ってみましょう。


【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017