記事一覧

コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本”

13113993_509939282527233_974544982_n.jpg

ゴルフをはじめたばかりのビギナーが1か月でコースデビューなんて早すぎると思う方は、きっと多いことでしょう。半年くらい練習を積んでからコースデビューさせるべきだ。とか、トラック1台分のボールを打ってからでも遅くはない。そんな意見もあることと察します。

でも、ビギナーにもできるだけ早くコースでプレーをしてもらいたいというのが私の考えです。ミスしたって大いに結構。恥ずかしいことなんてありません。

ゴルフ場とはどんな構造になっていて、どんな特徴や特色があるかを早く体験することで、その後の練習内容、上達の過程が変わってきます。



「失敗して当たり前」くらいの気持ちでプレーに臨もう

ゴルフを始めたばかりの人には夢があります。「自分はいいプレーが割とできるんじゃないかな」と、誰もがどこかに淡い期待を抱いていることでしょう。

でも、実際にコースに出てみると、なかなか前に進みません。どんどん置いていかれる自分にパニック状態になることでしょう。

2回、3回とコースに出かけて、「周りの人たちに迷惑をかけているな」と感じた瞬間から、ゴルフの楽しさを失っていきます。

ですから、まず自分をあまり追い込まないようにして頂きたいのです。「ゴルフって楽しい」と思える瞬間だけを記憶にとどめるようにしてください。

1球だけでもいいから気持ちの良いショットが打てたとか、パターが1回で入ったとか、自然の中で心地よい汗を流して爽快感を味わえたとか、ある程度の気持ちのゆとりや余裕を持ってください。難しいかもしれませんが、ゴルフの楽しさを何か一つ発見してほしいと思います。

そのためには周囲の同伴者の協力が必要不可欠です。ビギナーを追い込むようなことをしないようにし、楽しさを発見する手助けをしてあげましょう。ただし、スロープレーにならないように十分な配慮も必要になります。

何球かミスったら前へ進むとか、パットは3回までで後はOKにするとか、臨機応変にルールに縛られずに対応する配慮が必要になります。



コースデビューの時に散々な目に遭って、「もう二度とゴルフなんていくもんか」と思う人もいるかもしれません。でも。今ゴルフの上手な人も含めて、誰もが最初は悲惨な目に遭っているのです。最初から「楽しいな」と思えた人も中にはいますが、大抵の人は「ゴルフを舐めていたな」「こんなはずじゃなかった」というのが本音のところでしょう。

ゴルフの楽しさを発見して、「次はもっと上手くなってやるぞ!」とポジティブな心境になってもらえたら、コースデビューは大成功と言えるでしょう。

ちなみに私の初ラウンドのスコアは136でキャディさんに散々迷惑をかけた苦い思い出があります。しかしその後はもっとゴルフの楽しいことを見つけよう、悔しい思いはしないぞ!という思いで練習に励みました。

誰もが最初はビギナー。恐れずに挑戦してはじめの一歩を踏み出しましょう!



“ゴルフビギナーの基本”一覧全集


■ビギナーの不安材料を取り除こう

 コースデビューは「失敗して当たり前」

 ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する

■すぐに上手くなれる「ゴルフの考え方」

 出発点を間違えると上達が遅れる

 ゴルフにボールを上げる意識は必要ない

 難しくない「グリップ」の握り方

【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018