記事一覧

ミスパットを減らすラインの読み方

15875931_1828425424068027_1429886194426052608_n.jpg

パットのラインを上手に読むには、経験が大きくモノをいいます。

プロや上級アマチュアの方々は観察力に優れていて、プレー中はボールのライや風向き、グリーン周りの状況、グリーン上の傾斜などに絶えず気を配り、できるだけミスを軽減させることに神経を使っています。こうした観察力がリスクマネジメントにつながるわけです。

パットのラインを読み間違えないようにするには、グリーン上の傾斜をよく確かめることが第一です。グリーンに向かって歩いている最中から、グリーン全体を見渡してグリーンのどこが一番高いのか、傾斜がどうなっているかなどを見ておきましょう。グリーンに上がるときは、一番低くなっている花道から上がり、それからボールが止まっている場所に近づき、ボールとカップを結ぶライン上の傾斜を確認します。

ところが、最近では乗用カートでのセルフプレーが広まっており、グリーンの真横か奥側にカートを止めてからグリーンに上がる行動パターンが増えています。

グリーンを遠めに見て全体の傾斜をチェックするとか、花道側から上がって傾斜を見るといった作業をおろそかにして、グリーンの奥や真横から上がっては傾斜の特徴をよく把握しないままで打ってしまうことになり、ミスパットを招きやすいのです。

スロープレーにならない範囲で、なるべくグリーンの手前側から上がるように努めましょう。



カップの“先の傾斜”も見て、ラインのイメージを鮮明にする

ラインを読むときは、ボール側からカップを見るのが一般的なパターンです。でも、それだけではラインを読み切ったことにはなりません。ボールが右か左のどちらかに切れるかはわかったとしても、カップのどちら側が高いかを見るには、ラインの「真横」から見ることも大切です。

スライスラインならラインの右側から、フックラインはラインの左側というように低いサイドの「真横」から見ると、ボールとラインの高低差がつかみやすくなります。

そして。もうひとつは「逆側」からも必ずラインを見ておくことです。ほとんどのゴルファーは、ボールからカップまでのラインしか見ようとしませんが、そこに大きな落とし穴があるのです。



全体的には軽いスライスラインに見えても、実際はカップのすぐ手前側から少しフックラインになっているケースなどあります。ちょっとした傾斜の見落としを防ぐには、カップの先の傾斜がどうなっているかの確認も欠かせません。

たとえば、カップまで7メートルのフックラインがあるとして、カップを挟んだ反対側の2メートルくらい先にもう1個ボールがあるとイメージします。そして、カップの反対側から仮想のボールをカップインさせるには、どんなラインとなるのかを見るのです。こうしてカップの先の傾斜も確かめると、7メートルのフックラインのイメージがより鮮明となります。

また、ボール側から見たときと、カップ側から見たときでは、ラインが違って見えるケースが多々あります。その場合は、カップ側から見たラインのほうが当たっていることのほうが多いのです。

ミスパットを減らすには、ボールからカップを見るだけでなく、ラインの「真横」と「逆側」からも必ずみて、カップの先の傾斜も確認すれば、ラインの読みが正確になります。

ただし、スロープレーにはくれぐれもご注意を・・・



“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018