記事一覧

ギッタンバッコンの「シーソー打ち」はイザというとき役に立つ

16465262_1833255453600355_9216075355570307072_n.jpg

ギッタンバッコンとはバックスイングで右腰が伸びて左肩が下がり、ダウンスイング以降では左腰が伸び、右肩が下がるような動きのことを勝手に言っています。

「リバースピボット」や「逆体重移動」とも言われ、ゴルフにおいて悪い動きとされています。要は腰が左右にスエーする動きで、結局のところ「骨盤のクネクネ運動」に通じます。

前の記事でも断言しましたが、腰のスエーは悪い動きではありません。一般的には間違いと考えられているスエーの裏側に隠された長所を生かすことで、逆にスイングのレベルアップに役立ちます。

以前の記事:「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。


実は、骨盤のクネクネ運動は、アプローチやバンカーショットにも活用できるのです。フルショットと違って、小さめの振り幅で打つので、あえてこれを「シーソー打ち」と呼んでいます。

ボールがグリーンエッジの近くのセミラフに沈んでいて、ピンまで10ヤードと近い場合。ピンまで20ヤード近くあれば、しっかり振れますが、ピンが近いと距離感を合わせるのがとても難しくなります。寄せようとしてインパクトで加減すると、ザックリしてしまうリスクがあるわけです。

そのようなときにサンドウェッジを持ってシーソー打ちをするのです。ポイントは腕や手でクラブを操作しないで、アドレスの姿勢のまま腰を右にスエーしながらテークバックし、今度は左にスエーさせてボールを打つことです。



腕を振らなくても“腰のスエー”でクラブが振られる

シーソー打ちは腕を振らずに、骨盤、腰の上下動によってクラブが勝手に振られるという感覚です。

振り幅が大きめでも、ボールを少し下からすくい上げるようにとらえられるので、飛びすぎることはありません。グリーンには確実に乗りますし、うまくいけばピンの近くで止まってくれる可能性も十分あります。

また、ボールがバンカーのアゴから比較的近い場所に止まっていて、グリーンに向かって軽い左足上がりとなるバンカーショットもシーソー打ちが有効です。

右足よりも左足が高くなったバンカーショットの場合、上から鋭角に打ち込みすぎるとクラブヘッドが砂の深くまで潜り、フォロースルーが取れなくなります。砂を前に飛ばせず、キャリーがまったく出ないので脱出に失敗してしまいます。



それに砂の面に沿ってボールを払い打とうとしても、手先だけの動きになりやすく、トップしてしまう心配があります。

その点、腰のスエーにまかせてシーソー打ちを実行すれば、手先の余分な動きが封じられて、「ボールを下からすくい上げる=自動的に砂の面に沿って払い打てる」という具合に、脱出の成功率がアップするのです。

アプローチやバンカーショットで、こう打たなくてはいけないという決まりなんてありません。間違いと考えられている打ち方でも状況次第では、大きな武器となるケースが案外多いものです。

ゴルフは「アイデアのゲーム」でもあるのです。当たり前とされる打ち方だけではなく、自分なりに創意工夫をしてレパートリーをどんどん広げていきましょう。



“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”




【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018
「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018