記事一覧

「ピンを狙わない勇気」を持ってスコアをまとめよう!

イボミ

トーナメントプロや競技会によく出場する上級アマチュアゴルファーたちは、勝負のかかった場面では、アイアンショットでピンをデッドに攻めたり、グリーン周りからのアプローチでもカップインを狙ったりします。

でもそれは、それができるだけの技術の裏付けがあるからで、90~100くらいのスコアで回るアベレージクラスのゴルファーが、プロや上級アマと同じ攻め方ばかりしていては、スコアを崩してしまうことになります。

たとえば、ピンまで残り130ヤードをアイアンショッで狙うとします。ピンの位置はグリーンの右側で、グリーンの右にはアゴの深いバンカーが待ち受けています。

このようなケースで、プロたちはバーディーが欲しいときはピンを真っ直ぐ攻めます。しかし「パーでいい」と思えば、ピンを無理に狙わずに、ピンの左側のグリーンの広くなった場所を狙って打ちます。

スコアがうまくまとまらないというゴルファーは、果たしてどうでしょうか。残りの距離によって手にするクラブの番手が違うとはいえ、大抵の人はピンを真っ直ぐに狙おうとしてばかりいます。ゲームプランやスコアのことはまったく考えず、ピンしか目に入らないわけです。

結果的にボールを右に曲げてしまうとアゴの深いバンカーにつかまり、1回で脱出できず、大叩きにもなりかねません。もし、バンカーが池だとしたら、左に逃げるかもしれませんが、ピンだけでなくグリーンを取り囲む状況をしっかりと確認して、危険な場所を見極めることが大切です。



グリーン面を広く使える場所を狙うのが最善策

グリーンを狙うアイアンショットの場合、基本的にはグリーンの中央にターゲットを絞るのが、安全・確実な作戦です。

ただし、前述の場面のように、たとえグリーンの左側のセフティーエリアに外してもいいから、絶対にグリーンの右側に外したくないときは、グリーンの左半分に狙いを絞るという考え方の方がいいでしょう。

グリーン周りからのアプローチショットも同様です。ピンまでの距離が30~40ヤード以内と近ければ、どうしてもピンばかりに意識がいきますが、バンカーが苦手な人がバンカー越えのアプローチでピンを狙うとなると、大ピンチを迎えたような境地に陥ることでしょう。うまく当てようとして、インパクトで緩んで手前をダフってしまい、入れたくないはずのバンカーにつかまったという最悪の事態を招きやすいのです。

ピンの方向を向くとプレッシャーを感じるようなら、プレッシャーをあまり感じなくてすむ方向を向けばいいのです。ピンを直接的に攻めないで、ピンと反対側のグリーン面を広く使える場所のほうに打てば、精神的にもリラックスできますし、打ち損じも少ないはずです。

これは決して「逃げ」ではありません。そして、何でもかんでもピンばかりを狙うのが勇気ではないのです。
スコアをつくるには、どこを狙うのがベストか。自分のレベルに応じたゲームプランをしっかりと組み立てましょう。

時には「ピンを狙わない勇気」を持つことも、ゴルフというゲームのひとつの楽しみです。



“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018