記事一覧

あるがままに打つ “ゴルフマナーの基本”

ゴルフでは、プレー(ショット)の善し悪しは、次のプレーのための条件の善し悪しと必ずしも一致しない場合がよくあります。ボールが思い通りフェアウェイに飛んだのに、いってみると不運にも本人に責任のないディボットマークの中にはまっていたりする不運は、ゴルフでは珍しくありません。

この不公平こそが、ゴルフのスリリングな面白さのひとつであり、ゲームでありながらも実生活への教訓的な試練でもあると心得なければいけません。ここでナイスショットの功と不運を取り引きして、6インチ動かすようなルールは適用すべきではありません。

“Play the ball as it lies”あるがままに打てはゴルフルールの基本中の基本です。

ボールのライを変える6インチルールの非合法性については、こちらの記事でも紹介しました。
ローカルルールの在り方 “ゴルフマナーの基本”

ラフなどを含めたスルー・ザ・グリーンにおいて、ボールを6インチだけ動かして打ちやすい状況を作るという行為を、もしプロが行ったとしたら60台前半のスコアは当たり前、50台も連発することでしょう。

14448255_1755333944683675_8860368234289823744_n.jpg

もし6インチルールをやるのなら

このことを承知の上でもなお6インチルールを適用する場合は、次の3つの方法によらない処置はルール違反となることを知っておきましょう。

①ボールの中心の移動が6インチ以内のプレースであること。6インチとは15.24センチ。メジャーを持たずに15センチ測れない人は6インチルールを適用できません。

②元のボールの位置よりカップに近づかせないこと。

③ボールは指でピックアップし、指でプレースすること。クラブヘッドではじき寄せるのはストロークとなります。

そして、それぞれに違反した場合、どのようなペナルティで罰せられるかを心得ていない人は、気安く6インチルールを使ってはいけません。



6インチプレースをやめてリカバリーに強くなろう

「ティショットが曲がってラフや林に打ち込んだ」「ボールが運悪くディボット跡に入ってしまった」「急な傾斜地から打たなくてはならなくなった」・・・。

ゴルフにミスや不運は付き物ですから、ボールが打ちにくい場所に止まる場面が多いのは当然のことで、その結果を謙虚に受け入れ、どうリカバリーしてスコアを作っていくかゲームプランを考えるべきで、そこがゴルフの面白さです。

6インチプレースを常習にしてしまうと、自分のプレーはラクになっても、技術的にはまったく向上しません。6インチプレースをやめて、あるがままの状態でプレーすることで「リカバリー能力」が必ず身に付きます。

こうしてリカバリーの経験値を積んでいけば、ミスの連鎖から大叩きしてしまうことがなくなり、スコアアップがかならず実現します。

前記事にも記載しましたが、ゴルフにおける困難を嫌ってはいけません。

あなたが初級者だとしても、深いディボットマークの中のボールや、あるいは芝生の生えていないベアグラウンドのボールを打てないはずはありません。ナイスショットは困難だとしても、とりあえず脱出することはできるはずです。

脱出はゴルフで重要な意味をもつプレーのひとつであって、冷静で分別のある脱出ショットは、讃えられるナイスショットのひとつなのです。

脱出すらも困難で、プレー続行が不可能な状況では、『アンプレヤブルの宣言』という救済処理がゴルフルールにはちゃんと用意されています。

ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018