FC2ブログ

記事一覧

ボールを替えるだけでスコアが良くなる!

みなさんゴルフボールにこだわりはありますか?上級者たちは同じブランドのボールを使いますが、驚くことにスコア90~100位のアベレージゴルファーでも、多くの人が使っているボールがバラバラなんです。

訊いてみると「専門店でロストボールを購入した」など、10個のボールがすべて違うブランドというケースもザラです。

ボールは決して安いものではありませんから、その気持ちもわかりますが、はじめたての初心者ならまだしも、違うボールを何の抵抗もなく使用しているうちは、スコアアップはまず期待できません。

ボールには大きく分けて、硬くて反発係数の高い「ディスタンス系」と、軟らかめで反発係数を抑えた「スピン系」があります。

前者は飛距離が出やすい反面、スピン量が少なめのためにボールが止まりにくいのが難点です。後者は飛距離は抑えられますが、バックスピンがかかりやすく、アイアンやアプローチでボールが止まりやすいという長所があります。

12276895_1649966068553984_1682054447_n.jpg

スコアをまとめる上では“スピン系”ボールが有利!

ドライバーの飛距離を求めるならディスタンス系が有利ですが、ショートゲームにおいては不利となります。ゴルフはスコアメイクが最優先ですから、プロやトップアマチュアたちがスピン系を好んで使うのは当然のことです。

どうしても飛距離に拘ってディスタンス系を使用したいのならそれもいいと思います。しかし、ディスタンス系とスピン系の特徴の違いも考えずに、ごちゃ混ぜに使っていると、アイアンショットの距離感が合わなかったり、パットもショートしたりオーバーしたりという具合に混乱することになります。

ディスタンス系とスピン系のどちらを用いるかをハッキリと決めて、同一ブランドのボールを使うようにすればスコアはついてくるのです。



OBに打ち込みたくなければ「ニューボール」を使おう

フェアウェイの左右にOBが待ち受けている、プレッシャーのかかるホールを迎えたとします。OBがなくともフェアウェイの両サイドにバンカーや池が待ち受けていると、途端に緊張で体が固まってしまうというゴルファーが多くいます。

OBや池、バンカーなどは、ゴルファーの行く手を遮るハザードです。しかし、もうひとつのハザードがあることを認識しているでしょうか?

それは「心のハザード」です。OBなど絶対に打ってはいけない場所を回避するためのリスクマネジメントに徹するべきなのに、「OBに打ち込まないだろうか」「ミスしたくないな」などと、負のメンタルばかりに走って、肝心のコース攻略が曖昧のままでは、決して良い結果は得られません。

そのようなゴルファーに限って、OBのあるホールにやってくると、古くなったボールを取り出そうとします。

「ニューボールを使って、いきなりOBではもったいない」という心理からでしょう。しかし、それでは最初からOBを打ってしまうという前提、あるいは予測のもとで、わざわざ古いボールを持ち出しているとしか思えないのです。



古くなったボールでは思わぬミスを招きやすい

古いボールはディンプルが少し磨り減っていたり、小さなキズが入っていたりして、適量のバックスピンがかからずに、予期もしない方向に曲がるケースがよくあります。

トーナメントプロたちは、プレッシャーのかかる場面や、ここぞという局面で勝負をかけたいときは、必ずボールを新しいものに取り替えます。

それは自分なりの最高のショットを打ちたいからです。OBに打ち込んでもいいような使い古したボールでは、最高のショットなど打てるはずがありません。

プレッシャーに打ち勝って、グッドショットを打ってやろうと思ったら、迷わずニューボールを取り出し、気持ちを入れ替えてティショットに臨みましょう。



“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

インパクトゾーン素振りでクラブの動きを理解 “ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2018
カッコいいスイングに基本が詰まっている“ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2018
スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018