FC2ブログ

記事一覧

冬の枯れ芝の薄いライからのアイアンショット対処法

冬の枯れ芝のライからのアイアンショットは、ただでさえダフリそうで怖いのに、さらに池や谷、バンカーなどを越えなければならない状況となると、ミスのイメージしか湧かなくなる方が多くいます。

冬の枯れ芝は、夏など芝が元気な状況と違い、芝が薄くとてもダフりやすいです。ダフリやすいからといって、ヘッドを鋭角に入れてクリーンに打とうとすると、芝の上に球が浮いている状態ならごまかせるわずかなダフりも、芝が薄いと直接地面に当たるので、ちょっとでも手前から入ると大ダフりになってしまうのです。

もちろん上げようとする動きもタブーです。球を上げようとしてあおり打ちになると、スイングの最下点がボールの手前にきて、大ダフリや地面に跳ねてのトップが出るので、上げようするのは一番やってはいけません。

池、谷、バンカー越えでビビッてしまい

ざくっ・・・ポチャン!

「ああ、やっぱり・・・イヤな予感してたんだよなー」

という方に、冬の枯れ芝の薄いライからのアイアンショットの対処法についてご紹介させて頂きます。

冬ゴルフ

少しくらいダフっても大ケガしない“掃くように”打てば大丈夫

冬の薄い芝からの池越えや谷越え。ダフれないうえにキャリーも出さなければいけないこの二重苦、どうすればいいのでしょうか。
たしかに、イヤな状況ではありますが、対処方法を知っていれば、そこまで恐れる必要はありません。

まず絶対ダメなのは、球を上げようとすることです。この動きはダフリの大きな原因となります。別に大きな木を越えるわけではないので、高い球は必要ありません。

そしてもうひとつが、クリーンに打たなきゃと思ってボールを右に置き、上からガツンっと打ち込もうとして大ダフりするパターンです。これが意外に多いです。

ダフリたくないライでは、ボールを右に置いて上から打てとアドバイスをされたりすることありますよね。上手く打てる人はそれも有効な手段ですが、ほんの少しでも手前から入っただけで大ダフリになる冬の枯れ芝ではリスクが大きすぎます。

芝の上に球が浮いているようなライならそれでも大丈夫ですが、薄い芝ではおすすめできません。

薄芝は、番手を上げて“掃くように”打つのが安全です。フェースのトゥ側でボールを拾うような感じでフラットに振れば、少しダフっても大ケガにはなりません。そのためのポイントとして

①ボールをトゥ側にセットして打つ
フェースのトゥ側で打とうとすることで、アイスホッケーのように“掃く”ようなイメージが湧き、入射角がゆるやかになりやすい。

②ボールから遠くに立って届かせるように振る
ボールをトゥ側にセットする分ボールから遠くなり、自然とスイング軌道もフラットになりやすく、入射角もゆるやかになる。

③ヘッドを低く長く動かす払い打ち
上からガツンと入れようとせず、長いインパクトゾーンでボールの手前から掃くように打つことで、少しダフってもソールが滑る。

④フェースの開閉で“掃くように”打つ
トゥで打とうとすると、フェースを開閉するイメージも湧きやすく、ヘッドから返るエネルギーが少しのダフリならカバーしてくれる。

⑤テークバックはアーリーコックで
払い打ちではあっても、フェースの開閉は使いたいので手首のコックは必要。ややアーリーコック気味に上げるくらいでOK。

⑥タメをほどかずに三角形を保って下ろす
ダウンスイングで手首のコックがほどけるのはダフリの原因となります。トップの手首の角度を保って下ろしてくるイメージを持ちましょう。



番手を上げてピンより奥のエリアにしっかりと突っ込もう

番手を上げて“掃くように打つ”ということでしたが、番手を上げるとオーバーが怖くなってゆるむミスが多くなります。

オーバーが怖くなるのは、ピンまでの距離にとらわれ過ぎているからです。アイアンの1番手の飛距離差は、アマチュアの場合10ヤード程度ではないでしょうか。最近の大きなワングリーンであれば、直径で30ヤード近くあるわけですから、ピンまで150ヤードのところを160ヤード打っても、“奥にナイスオン”なんです。

それが奥にこぼれたとしても、池や谷よりずっとマシです。ピンより奥のスペースにしっかり突っ込むくらいの気持ちで打ってください。

ゆるみ防止に中止すべき点は、スイングがゆるむときというのは、テークバックやトップの力感が逆に強すぎる場合が多いです。ですので、コンパクトにスピーディーに振るのではなく、ゆったり大きくスイングする方がいいです。ヒールアップして体をしっかりと回し、リズムを重視してスイングしましょう。

また、“ちゃんと打たなきゃ”とボールに意識が行きすぎるのもダメです。むしろターゲットを意識したほうがゆるまずに振れますよ。

番手を上げた分、中途半端がゆるみの元になるので、そのためのポイントとして

①オーバー覚悟でピンの奥までしっかり打つ
手前の池や谷とグリーンの奥。外すならどちらがマシかを考えて、ピンをデッドに狙おうとせず、奥まで突っ込む勇気を持つことが大事。

②グリップは“しっかり”持つ
グリップをソフトに握りすぎるのも実はゆるみの原因。ただし、手はしっかり持っても肩には無駄な力が入らないように注意

③“どう打つか”より“どこを狙うか”を考える
「ちゃんと打とう」とボール側に意識が行きすぎると力みもゆるみも出てきます。ターゲットを意識して「どこに打つか」を考えて振りましょう。

④リズムを重視してゆっくりスイング
ゆるみ、力み防止にはリズムが肝心です。自分の普段のスイングリズムを把握し、形よりもそのリズムとスピードを意識して振りましょう。

⑤引っかけを恐れず球をつかまえて打つ
引っかけを恐れてインパクトを弱めるのもゆるみの原因のひとつ。池越え、谷越えほどしっかり球をつかまえる意識を大事にしましょう。



ピンを狙うワンランク上のテクニック

奥まで突っ込むことの重要性は説明しましたが、スコアを出したいときも池越えや谷越えではピンを狙わない方がいいかというとそうではありません。

ある程度の精度を期待できるショートアイアンで狙えるときや、OBやウォーターハザードのペナルティがつかないバンカー越えの場合などは、ある程度のリスクを負って積極的にピンを狙うのもアリです。

そういう場合は、しっかりとキャリーを出す打ち方でピンまでの距離を打って、グリーンにボールを止めたいです。ほんの少しフェースを開くことによって高さを出し、転がりすぎないような感じです。構えを変えるだけで高い球は打てるので、カットに打つ必要はありませんし、スイングで球を上げようとするのは絶対にダメです。

フェースを開いて真っ直ぐ振ると右に飛びそうな気がしますが、ゴルフクラブは、フェースを少しでもかぶせると左に飛びますが、ちょっと開いても右には飛ばずに球は上に行くんです。スタンスはスクエアのまま、少しハンドダウンにしてフェースを上に向ける感じです。クラブの長さもあるので、7番を少し開けば8番相当の高さで8番より少し飛んで、球が止まります。

握りを変えずにハンドダウンに構えることで左手のひらが少し下を向くように押し込まれ、その分フェースが開きます。

重心を下げようとしてヒザが曲がり、お尻が下がってしまうとカカト体重になりやすいです。少し前傾を深めるようなイメージでハンドダウンしましょう。

また前傾を作る際は、猫背にならないように注意しましょう。股関節にクラブを押し当て、それを押し込みながら前傾するような感覚です。

ハンドダウンでちょっとフェースを開き、フェースを開いても“真っ直ぐ”立って“真っ直ぐ”振ることで、ピンを狙うことも可能になります。そのためのポイントとして

①少しインサイドから振るくらいのイメージ
フェースを開いてカットに振ると、飛距離が落ちる上に球も曲がります。ちょっとインサイドから振るくらいの意識でOKです。

②股関節の入れ替えで体を回転させる
手先でスイングすると飛距離が落ちます。股関節の入れ替えを意識して、しっかり体を回転させてスイングすることが大事です。

③腰を水平移動させるイメージ
高い球を打ちたくても、スイングをアッパーに振るとダフります。腰を水平回転させるイメージで、レベルスイングを心掛けましょう。

④頭を残してフェースはしっかりターン
フェースを返さずに開いてまま振るとスライスして距離も落ちます。スイング中は頭を残して、しっかりとフェースターンする意識を持ちましょう。

⑤グリップエンドがおへそを指すようにフォローを出していく
フェースを開いてもしっかり距離を出すには、手打ちはNGです。手元が体の中心から外れないようにキープして体の回転で打ちましょう。



【関連コンテンツ】

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018