記事一覧

スマートゴルファーのティショット “ゴルフマナーの基本”

オナーがティショットしてよいタイミングは、前の組の全員が自分たちのショットの最長飛距離地点を超えたときです。それはまぐれ当たりがたとえ出たとしても、ボールが届かない地点という意味です。ボールが届くとは、転がってきたのが気になるような近さまで達することも含みます。

キャディ付の場合はキャディがショットしてもいいタイミングを指示してくれます。しかし、これからの時代キャディのつかないセルフカートによるラウンドが増えてきています。また、キャディは経験則での判断なので間違いもあります。ですからあくまでも自己責任で判断するべきです。日頃から自分自身で前方の距離を測る訓練をし、目測能力を養う必要があります。





打ち込みはもっとも危険な無作法

前の組への打ち込みは、ゴルフにおいてもっとも危険で、忌み嫌われる無作法です。驚かして相手を不愉快にさせるだけでなく、ゴルフボールの直撃は、死や大怪我や裁判沙汰の事件に繋がり兼ねません。

被害者が二度とゴルフができなくなるばかりか、打ち込んだ人とその家族からも、平和な日々を奪うことになりかねません。

紳士淑女たるゴルファーに、打ち込もうとして打ち込む人はいないはずです。しかし、いままでに出たことのないナイスショットが打てたり、予想外の強い追い風に乗ったり、思いがけないランが出たりして、打ち込んでしまうことがあります。これらにしてもやはり出るべくして出たのだから、判断ミス以外のなにものでもありません。

前の組に不愉快や生命の危険をもたらしたショットは、打った人にとってどんなにスーパーなショットであっても、コース内では最悪のミスショットでしかありません。

15877599_749895488501723_7628701278859689984_n.jpg

ティグラウンドでの言葉

スターティングホールでのオナーは、その組のスターターでもあります。アドレスに入る前に「では、いきます」や「では、よろしく」などひと声かけるのが望ましいです。

待ち時間からプレー時間へ、その場の空気を変え、自身の気持ちも引き締めます。また、周辺で気づかずにおしゃべりをしている人たちに気づかせることができます。直接的に「静かにしてください」と注意するよりも断然スマートですよね。

スターティングホールは誰しも緊張するものです。往々にして思わぬミスショットが出る場合もあります。そんな時は自嘲的な言葉を吐き捨てている場合ではありません。目の前でのミスショットは、あとの人にいやなプレッシャーをかけます。まずは「失礼しました」などの挨拶を忘れてはいけません。このひと言でミスショットが少しリカバーできます。

もし打った打球が前方の人に届きそうなら、すみやかに大声で「フォアー」と叫び、危険を知らせなければいけません。「フォアー(fore)」は「前方の」という意味です。「前方の人、気を付けて!」の省略表現です。「フォアー」は、ゴルフ場内で唯一許されている大声です。

しかし、隣りのホールへ打ち込んだ場合は「フォアー」では役に立ちません。隣のホールの人たちにとっては「後方からのボールに注意!」ではないからです。「フォアー、○番ホール!」とか「フォアー、○番グリーン!」とか、具体的に叫んで警告しなければいけません。



「ナイスショット」は控えめに

ナイスショットした人にはそれなりの褒め言葉をかけるのがエチケットです。しかし、「ナイスショット」の褒め言葉は控えめにした方がよいケースが多々あります。

一般的に発声のタイミングが早すぎます。たまに空振りするような初心者にとっては「当たればナイスショット」ですが、それと同じインパクト直後のタイミングで発声する人が多すぎます。ボールの行方、ランの止まった地点が確かめられてから、褒め言葉を掛けるようにしましょう。

また、なんでもかんでも褒めすぎるのはやめましょう。ナイスかどうかは、次打のためのポジションのよしあしにもよります。つまり、ショットバリューを褒めるべきなのです。そのショットバリューはプレーヤーの技量により変化します。

さらに注意したい点は声の大きさです。声が大きすぎる人が多すぎます。褒め言葉はその相手プレーヤーに伝わればいいのであって、隣のホールでアドレスに入っている人たちにまで届くような大声である必要はまったくありません。



人のプレーをよく見ること

ティショットに限らず、すべてのプレーに関して言えることですが、人のプレーをよく見ましょう。ゴルフ規則の第1章『エチケット』ではあまりにも当たり前のことなので書いてありませんが、人のプレーを見ることはゴルフプレー上の第一のエチケットです。

ゴルフは人と人との付き合いのゲームであります。人のプレーを一つ一つ見るところから、そしてホールを追って見ていく経過から会話、称賛、協力、手助け、ときには遠慮など、実のあるコミュニケーションが可能になります。

また、間違いを注意、忠告するためにも、仲間のプレーはよく見ましょう。

ボールの行方を見届けること

ボールがラフや林の中に飛んでいったときは、怒ったり、うなだれている場合ではありません。目を凝らしてボールの行方を最後まで見届けましょう。打った本人だけでなく同伴競技者みんなで見届けることが望ましいです。そうすれば、球探しにムダな時間を費やさなくてすみますし、ロストボールにならなくてすみます。

また、ロストボールのペナルティのソンだけでなく、競技会やコンペなら打ち直しにティインググラウンドまで戻る苦労や迷惑、そして時間のロスをなくします。さらに、次打地点へ持っていく2・3本のクラブの見当もつけることができます。

ボールの行方を覚えるコツ

ラフや林の中でボールが消えた地点のよりどころとなる目印を決めて覚えておきましょう。よりどころとなる目印は、たとえば、ヤーデージ表示の木や杭、形に特徴のある樹木、バンカーの端などを目印にして、その手前、その先、そのどちらか側のどのぐらい離れたところなどと覚えましょう。そして、目印に向かってティインググランドからできるだけ直線的に歩いていくとよいです。



ティインググラウンドは昇降口から

ティインググラウンドの台地には、大抵昇り降りをするための通路があります。カート道路側に階段かマットかラバーチップスの斜面を設けてあります。わざわざそうしてあるということは、ここ以外のところでの昇り降りは遠慮してほしい、というコース側からのメッセージでもあります。ここ以外の斜面の踏み崩れや芝生の傷みを避けるためです。専用の昇降口があるのだから、そこ以外のところをわざわざ通るべきではありません。



ティショットを終えて前方斜面から駆け下りてもいけません。前方斜面は「通り抜け禁止」の表示がなくても通り抜け禁止です。ここをみんなが通ると芝が傷み、はげて土が現れ、ティインググラウンド前面の緑の美観を損ないます。

斜面は雨などで土が流れやすく、もともと芝の根が浮きやすいところです。そんな斜面をスパイクで踏みつけると土砂がますます流れやすくなります。そのためにティインググラウンドには昇降口があり、側道が設けてあるのです。

ティインググラウンドの前方の角の芝がはげかかっていたり、すでに芝のなくなっているのをよく見かけます。原因はもちろん昇降口を通らない人のスパイクシューズです。スパイクで踏む回数が芝の伸びる力を上回った結果であります。毎日加えられる踏圧によって土壌が硬化し、芝が生育困難になっているのです。

コース内でこういう状態のところにさしかかったらまたぐか、よけて通るべきです。パッと見ははげていても、土中には芝の根があります。芝は芽を出すのを止めたわけではなく、人がそこを踏むのを避けて養生すれば、芽はまた出てきます。

ゴルファーならこのぐらいの優しい気持ちは必須条件です。

芝がちゃんとしていてくれてこそ、ゴルフは楽しめるのです。

ゴルフマナー詳細一覧全集はこちらの記事から:ゴルフマナーの基本の「キ」 “ゴルフマナーの基本”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017