FC2ブログ

記事一覧

マスターズで起こった珍しいホールインワン 動画リンク有

2016041110145860367.jpg

ゴルフの祭典『マスターズ』
今年の大会も面白かったですね。

ジョーダンスピースが連覇に向けて好発進し、そのまま行くかと思いきや失速・・・
表彰式でグリーンジャケットを着せる時の心境は複雑だったことでしょう。

また、松山英樹も本当に惜しかったですね。
でもまだまだチャンスはあります。今後もとても楽しみです。

そんな中、最終日でパトロン達の大歓声が巻き起こりました。
ルイ・ウーストハウゼン(南ア)が達成した16番パー3でのホールインワンです。

最終日の16番ホール。ピンは左から5ヤード、手前から30ヤードの位置に切られたマスターズファンならおなじみのポジションですね。
ウーストハウゼンが7番アイアンで放ったボールは右サイドの傾斜を使う“定番”ルートに乗って、スルスルとカップに近づいていく。

ホールインワンに近づくルートにパトロン達もボリュームを上げて行きましたが、ボールはカップに向かう途中、先にピン右1メートルにつけていたJ・B・ホームズ(米国)のボールにコツリと当たりました。
「おっと!」とおもいき当たったボールはカップの上側に方向転換するとトロトロとスピードを落とし、コロりとカップに消えました。
その瞬間16番には怒号のような歓声が巻き起こりました。

ウーストハウゼンは2012年にパー5の2番ホールで史上4人目となるアルバトロスを達成し2位に入っているが、また大きなインパクトをオーガスタに残すこととなりました。

そんなウーストハウゼンのマスターズ16番ホール、ホールインワンの動画はこちら
ホールインワン動画

ちなみにあてられた方ホームズのボールがもしも入っていたらどうなる?
っと思った方も多いのではないでしょうか。

ゴルフ規則 第3章 18-5 他の球により
止まっているインプレーの球が、ストロークされて動いている他の球によって動かされた場合、動かされた球はリプレースされなければならない。

とあります。
ということは、たとえ入ったとしても元の位置に戻す事になります。

ちなみにゴルフ規則 第3章 19-5 a 止まっている他の球により
 ストロークされて動いているプレーヤーの球が、インプレーの止まっている他の球に当たって方向を変えられたり止められた場合、プレーヤーは自分の球をあるがままの状態でプレーしなければならない。マッチプレーでは、誰にも罰はない。ストロークプレーでは、ストロークをする前に両方の球がパッティンググリーン上にあったときは当てた競技者が2打の罰を受けるが、そうでなければ罰はない。

とあります。
つまりウーストハウゼンが7番アイアンで放ったボールはあるがままの状態=カップインとなります。
しかし、グリーン上での場合は当てたら2打罰になるので注意してくださいね。

【関連コンテンツ】

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018