記事一覧

知らないと下手になる?ゴルフ練習場のワナに気を付けよう!

練習場にはよく行くのに、なかなかスコアが良くならない。なぜ練習場では上手く打てるのに、コースではナイスショットが出ないのか。下手を固めてるんじゃないのか・・・などせっかく練習場に通い詰めているのに、なかなか結果に結びつかずに悩んでいるゴルファーの方いませんか?

そんなあなたに、練習場には特有の上達を妨げる思わぬ落とし穴がありますので、その理由を解明し、知って得する練習場の賢い効果的な活用法をご紹介いたします。

15802342_140252729807705_4926310106779353088_n.jpg

練習場マットの落とし穴 厚い当たりを求めると手打ちになる

練習場ではいい当たりを連発して上手く打てるけど、コースに出るとダフッてばかり。
それは危険な信号です。そんなあなたはもしかしたら「マット中毒」にかかっているかも知れません。

コースでダフリ癖のある人は、練習場で厚く打ち過ぎている可能性があります。確かに厚く打つと感触が良くてボールもよく飛びます。それは中毒性が高く、その感覚を求めていると、どんどん手打ちになります。

練習場マットは強くダフっても滑っていい当たりになります。マットではソールが滑ってヘッドを前に押し出すので、少々ダフったほうが厚く当たり、感触がいいんです。しかしそれがクセになると手打ちになってしまうわけです。

ボールに当たる音の前に「ドンっ」とマットの大きな音を響かせている方は要注意。コースならダフっています。



パー3のショートホールでプロは低くティアップするのに対し、1センチくらい高めのティアップしていませんか?それはインパクトの感覚が違うからです。すくい打ちが気持ち良いと脳が認識してしまっています。

コースではフェアウェイでもボールが多少沈んでいますよね。そのような場合、練習場の厚い当たりは通用しません。練習場のマットはティアップしているのと同じようにヘッドが下から入っても厚く当てられちゃうんです。でもそれってアッパー軌道で求めている距離は出ませんよね。

対処法はマットを叩かないように薄めに打つこと。マットにはかする程度でハーフトップ気味に当てて高いボールが打てれば、上達は早くなります。地面スレスレの薄めに打つイメージで、練習場ではボールに直接コンタクトするのが大事です。マットを強く打たないようにかする程度に薄めに打つ練習をすることで、コースで使えるアイアンショットが手に入ります。



レンジボールの落とし穴 コースボールより「飛ばない」「つかまらない」「上がらない」

中にはコースボールを使用している練習場もありますが、ほとんどの練習場で使用されているボールは練習場専用の「レンジボール」です。毎日毎日クラブに叩かれては回収されてまた叩かれて・・・を繰り返しているレンジボールは、飛距離よりも耐久性を重視して作られています。つまり、コースボールより飛ばないのは当たり前です。

親切な練習場では注意書きをされているところもありますが、レンジボールとコースボールを比較すると、高さも飛距離も1割くらい変わってきます。レンジボールの方が上がらずに飛びません。

コースボールに比べて軟らかいレンジボールは、反発が低く飛距離が出ず、特にドライバーはそれが顕著になり、高さやつかまり具合も変化します。ですから「練習場ではいいのに、コースに出るとチーピンばかり」や「練習場ではひどいスライスばかり」となるのはボールの影響も少なくありません。

練習場では、リズムよく芯に当てることを最優先に。つかまりすぎは手をこねている可能性も否めません。レンジボールは長いクラブではつかまりにくく、サイドスピンも増えるのでやや右に曲がるスライスショットはナイスショットの範疇です。コースで真っ直ぐ飛ばしたいなら、練習場でドライバーはややスライス打つをのがベストです。

また、打ち上げの練習場は特にすくい打ちになりやすいです。ボールを上げたいという気持ちが強くなり、軸が右に倒れやすくなります。コースでも打ち上げのホールになると途端にしゃくり上げてしまうのと同じです。そんなクセがある人は迷わず2階か3階の打席へ移動しましょう。

カット軌道でさらに引っかけてしまう方には、左に圧迫感のある左側の打席がおススメです。また、ドロー打ちは左、フェード打ちは右側の打席を選ぶと、打ち出す方向が広く見えて気持ちよく打てます。打席選びにも気を使いましょう。

レンジボールは長いクラブになればなるほど飛ばないので、それに合わせ150ヤード以上は実際の距離よりも手前に看板の位置を合わせている場合もあります。練習場のスタッフに確認するか、レーザー距離計で実際の距離を知って練習しましょう。



シューズの落とし穴 練習場でもスパイクシューズってどうなの?

練習場でも本番のラウンドと同じ環境でスイングするために「足元はスパイクシューズ」というゴルファーは少なくありません。しかしそれがスイングを崩す原因になります。

滑りやすい芝の上では、確かなグリップ力を求めて鋲付きのスパイクシューズは欠かせませんが、練習場ではスパイクレスシューズを履くことをおススメします。理由はスパイクだと食いつきが良すぎてしまうからです。

インパクトからフォロー、そしてフィニッシュにかけては、左ツマ先を開きながらカカト体重になって体を回転させています。しかし、食いつきのいいスパイクだと、マットの上ではグリップしすぎて左足が固定されるので、スイングが小さくなりフィニッシュがしっかりとれなくなってしまうんです。

練習場の打席でほどよく動けるスパイクレスなら動きやすく、コースの芝の上でスパイクを履いたグリップ間に近く、同じ感覚でスイングできるので練習効率が上がります。

このように練習場にはコースとは違うシュチュエーションやボールなど多数の落とし穴が存在しますので、よく理解してワナにはまらないように効率よく練習しましょう。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

服装規定(ドレスコード)の基本 “ゴルフマナーの基本” Dec 12, 2017
ラウンド中における練習スイングの注意点 “ゴルフマナーの基本” Dec 02, 2017
ゴルフに適したサングラスを選ぶポイントとオススメのメーカー Nov 25, 2017
パー3の進め方 後続の組に打たせる? “ゴルフマナーの基本” Nov 17, 2017
カップインしたボールの拾い方 “ゴルフマナーの基本” Nov 07, 2017
ゴルフにボールを上げる意識は必要ない “ゴルフビギナーの基本” Oct 28, 2017
旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017