記事一覧

バンカーショットは「ボール」よりも「砂」を前に飛ばそう

15034549_607126746079188_4876951354771243008_n.jpg

以前にバンカーショットについてご紹介しましたが、今回もバンカーショットについてご紹介させて頂きます。

過去記事:バンカーショットの基本は「フェースを開いてオープンスタンス」ではない



このスクエアフェースとスクエアスタンスのシンプルな打ち方でも、バンカーからなかなか出ないという人は、発想を変えてみてください。

普通に打てばボールが勝手に上がるはず。それなのに、ボールが上がらないのは「自分で上げようとしている」からです。

そのような方は、ダウンスイングでコックが早くほどけて、ボールの30センチも手前の砂を打って大ダフりになったり、フェースの刃がボールに直接当たって低い角度で飛び出し、バンカーのアゴの手前の砂に突き刺さったりします。

トップした場合は、前方のアゴが低ければ50~60ヤードも飛んでしまうホームランとなり、下手をするとOBに打ち込んでしまいかねません。



繰り返しますが、手前をダフろうとは思わず、ボールの周りの砂をサッと払い打つ感覚が必要です。それには「砂を前に飛ばす」意識を持つといいでしょう。

ボールを飛ばすことは考えず、ボールの周りの「1万円札大の砂」を薄く取ってピンの方向に弾き飛ばすのです。

こうすれば下からすくい上げて失敗したり、上から鋭角に打ち込みすぎてフォロースルーが取れず、キャリーがまったく出ないといったミスが解消されます。

バンスを滑らせれば、砂を前に弾き飛ばせる

ポイントは、サンドウェッジの「ソールを滑らせる」イメージで砂を打つことです。サンドウェッジのソールを見てください。ピッチングウェッジやアプローチウェッジよりもソールに厚みがあり、少し出っ張った部分があることがわかりますね。

この部分を「バンス」といいます。普通に打っても自然にダフれて、砂を前に飛ばすことができるのは、インパクトの瞬間にバンスが先に入り、バンスが砂の中を滑っていくからです。クラブヘッドでボールの周りの砂をスムーズに打ち抜ければ、バンスが使えている証拠です。



バンカーショットの上達練習法としては、砂の上に縦に長い線を引き、その線をまたいで構え、線を狙ってクラブヘッドを落とす練習がよく紹介されています。

自分から見て線の左側の砂を飛ばすのですが、取れた砂を見るとクラブヘッドが正確に入っているか、手前をダフリすぎていないかなどがひと目でチェックできます。

しかし私は、砂の上に1万円札大の長方形を描き、その長方形を打つ練習をすすめています。そのほうが砂を薄く取って、前に飛ばす感覚を養う上で、効率がいいからです。

バンカーから出ない人は、ボールをすくい打とうとしていることが考えられます。とにかく砂を前に飛ばすつもりでスイングしてみましょう。

こうした練習でバンカーショットに自信がついたならば、必ず1回で脱出できるようになります。そして、グリーンにも確実に乗せられるようになってから、ピンの近くに寄せるために、距離をコントロールすることを覚えてください。

そこではじめて、フェースを開いたり、スタンスをオープンにセットしたりする応用テクニックを学習すればいいのです。フェースを開くほど、サンドウェッジのロフトが増して、ボールの打ち出し角が高くなりますから、「大きくスイングしてもキャリーが出なくなる」という仕組みがわかります。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018
「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018