記事一覧

ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む!

15803822_1659759990984066_143176703361941504_n.jpg

グリーン上でキャディさんにラインを読ませる人って結構いますよね。

「どっちに切れるの?」

「はい、カップ2個右ですね」

なんてやり取りをしてる人がいますが、それではいつまでたっても上手くなれません。

まずは自分でラインを読む

何でもかんでもキャディにラインを読ませる人っていますよね。そういう方はいつまでたっても上手くはなりません。

まず自分でラインを読もうとしないことがよくないです。いつもキャディ任せでは、いつまでたってもラインを読む力はつきません。

また、キャディ付のラウンドならいいですが、セルフプレーになったらどうなりますか?やはりまずは自分でラインを読む習慣をつけなければダメです。たとえそれが間違っていてもです。全然わからなくてもです。

まずは自分自身でラインを読む!これが大事です。その上で自分で読んだラインをキャディに確認する。というはありです。

その意見は違うことももちろんあるでしょう。しかし最後には自分で決断をして打つ。たとえそのラインが間違っていたとしても人のせいにはしない。

それが正しいゴルファーというものです。



キャディがラインを読むと・・・

面白いのはキャディの読みってたいていカップ1個か2個なんです。それ以上に切れるカップ5個分とかのラインって普通にありますよね。

でも「カップ5個左です」
なんてあまり聞かないですよね。

それぐらいアバウトだってことです。でもこれは決してキャディが悪いわけではありません。

そもそもタッチが違えばラインは変わってくるので「どこを狙いなさい」ということは本来言えないはずなんです。でもお客さんに聞かれれば当然キャディは答えなければならないですよね。

例えば、ジャストタッチでカップ2個分切れるラインを強く打てばどうなるでしょうか?

カップ2個分も切れないですよね。

また同じラインを弱く打ったとしたら・・・

ということです。

にも関わららず強く打って外すと「なんだよキャディさん、全然切れないじゃん!」打てなくて外すと「キャディさんの読みより切れたじゃないか!」とふて腐れてしまったり、ひどい時には文句を言う輩までいます。

そうはなりたくないもんですね。。。

タッチも考慮して読んでくれるキャディも当然います。ですが、そのタッチも結局は自分しかわからないですよね。



ラインは自分で作る

ラインが完全に読めればそれに向かって打てばいいだけですが、そうもいきませんよね。

そんな時こそ自分でラインを作ってください。

それは強めにまっすぐです。

カップに届かなければ絶対に入らないし、そもそも我々アマチュアがプレーするグリーンはトーナメントのように速いということはほとんどありません。

悩んだら、ラインは薄めに読んで強めで打ってみて下さい。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018