FC2ブログ

記事一覧

スイング中の左ヒザは“伸ばす”ではなく“伸びる”が正しい!

欧米の選手のスイングを見ていると、フォローで左ヒザがピンと伸びていることが多いです。たとえば、ローリー・マキロイはその最もたる例ですね。

力強いフォームは、見た目にもカッコよく憧れるゴルファーも多いのではないでしょうか。今回はそんなスイング中のヒザの動きについてお話ししたいと思います。

hi-res-61813a4ff02387c3e4155f9f03f5a50b_crop_north.jpg

下半身を回し続けた結果、最後にヒザが伸びる

そもそも、ゴルフのスイングにおいて下半身の使い方はとても重要です。テークバックでは左足を起点として上に向かって体をネジリ上げ、切り返しでは再び左足からネジリ戻していく。いわゆる下半身リードですが、これは筋肉の構造を考えた場合に最も効率の良い動きなのです。

下半身リードのメリットは、上体と下半身の捻転差を大きくできることにあります。捻転差を作るというと、テークバックで下半身の回転を抑えて、上体を大きく回すことをイメージすると思いますが、これには柔軟性が求められます。

一方で、下半身リードを上手く使えた場合、トップでの捻転差が小さくても、下半身を先に強く回転させることができるのです。そうすればダウンスイングでヘッドを加速させることができ、効率よく飛ばすことができます。小柄な女子プロが得意とする技術でもありますね。

なぜ、下半身リードの話をしたかというと、この切り返し以降の下半身の回転がヒザの伸びに大きく影響するからです。ひとつ注意しておきたいのが、マキロイ達は決して意図的に“左ヒザを伸ばそう”としてスイングしていない点です。

そもそも、スイング中に無理にヒザを伸ばそうとすれば、それがブレーキになって回転が止まってしまいますよね?回転を続けた結果“左ヒザが伸びた”というのが真実なのです。



究極の下半身リードのイメージとその難点

では、そのメカニズムを説明しましょう。前述した下半身リードのスイングをイメージしてください。トップから下半身を強く回転させ、そこから遅れて上半身が回り始めます。そのまま下半身が先行して回転することで、捻転差が最大まで広がると、人間の体の構造上、それ以上は回転できない段階が訪れます。

しかし、体には回転するためのエネルギーが残っているので、そこまでのヨコの動きから一転して、タテの方向に負荷がかかり、左ヒザが伸びるのです。つまり、ヒザの伸びは、下半身リードを最大限に使った結果だと言えます。

ある意味で、究極の下半身リードともいえるこのスイング。全身の瞬発力を最大限に使い切るので、最も効率よく飛ばせるスイングともいえますが、難点はインパクトのタイミングがシビアになることです。

下半身を回転させるということは、それだけフェースが開きやすくなるわけですから、プッシュアウトのミスが出やすいのです。テークバックでフェースをシャットに使って、インパクトで開きを防ぐなどの工夫は必要になるでしょう。



また、柔軟性やヘッドスピードによって左ヒザの伸び方が変わります。実際、左ヒザが伸びていなくても飛ばすプロはいるので、スイングの個性といえるかもしれませんね。ローリーマキロイも意図的に伸ばしているのではなく、下半身を強く回転させた結果、左ヒザが伸びているのです。ここを間違えるとスイング作りに悪影響が出るので注意が必要です。みなさんも、左ヒザを伸ばすのではなく、下半身をしっかり回すイメージを持って練習してみてください。

【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018