記事一覧

アイアンは「左右のミス」よりも「縦のミス」を警戒しよう

15534860_1191220907592841_6823402229483962368_n.jpg

グリーン、またはピンを狙うアイアンショットの際、プランとして事前にどんなことを考えますか?

ボールがフェアウェイ上の絶好のポジションにあって、7番アイアンくらいで十分に届く距離なら、「何とかグリーンに乗せたい」「できればピンの近くに落としたい」と期待感が高まることでしょう。

ピンの近くに乗せるのはショットの結果に委ねるとして、グリーンオンの確率を高めるには、「グリーンの真ん中を狙う」のがコース攻略のセオリーです。

そのためには、グリーンの中央までの距離がどのくらいあって、手前のグリーンエッジまでの距離が何ヤードかを、よく確認することが重要なポイントとなります。

しかしながら、アイアンショットでは方向を合わせるばかり意識して、距離のことを考えようとしないゴルファーがとても多いのは残念に思います。ピンばかりを見て、縦の距離を合わせるという発想がまるでないわけです。

アイアンショットでは左右の方向よりも、縦の距離感のズレをできるだけ抑えることが決め手です。グリーンの真ん中までの距離だけを確認するだけでなく、手前のグリーンエッジまでの距離も把握して、ショットのイメージを組み立てましょう。



クラブの番手ごとの“キャリー”を正確に知ろう

たとえば、ピンの位置が手前側にあり、ピンまでが140ヤード、グリーンの中央までは155ヤード、グリーンエッジまでは130ヤードというシチュエーションを考えてみましょう。

この場合は、キャリーでグリーンエッジのやや先に落とし、グリーンに落下してからの転がりでグリーン中央まで届かせるのがベストです。ということは、キャリーは少なくとも135ヤードは必要で、ランが15ヤードくらい出ればグリーン中央の手前5ヤード地点付近で止まってくれる公算が高いと言えます。

ところが、ピンまで140ヤードなら、「140ヤードを打てるクラブで打とう」と安易に考えてしまう人が大多数です。しかもその140ヤードは、実際にはキャリーとランを足した距離なのに、「自分は140ヤード飛ぶ」と過信しているから、特に打ち上げの場合などはランも少なくなるので、グリーンまで届かず、手前のバンカーに打ち込んでしまうという結果になるのです。

普段のアイアンショットの練習では、自分のキャリーの距離を正確に把握しておきましょう。7番アイアンを思い切り振り回して、150ヤード飛ばす練習に明け暮れても意味がありません。

理想論を言えば、100回打って100回とも大体130前後のキャリーが出るという具合に、縦の距離のブレを減らす練習こそ肝要です。そのためにも「飛ばそう」などとは思わずに、狙った目標に「運ぶ」感覚でスイングしましょう。

13827335_1778011392413770_912636024_n.jpg

方向のブレがあまりなくても、グリーンの手前にショートしたり、奥にオーバーしたりでは、スコアがまとまりません。縦の距離を合わせることを第一に考えれば、方向が多少左右にズレてもグリーンに乗せやすいのです。

グリーンの真ん中に上手く乗ってくれれば、ピンの位置がどこであれ、2パット以内でホールアウトできる確率がアップし、スコアがまとまります。

アイアンショットでは方向を合わせるよりも、“縦の距離感”を合わせることを第一に考えましょう。手前のグリーンエッジまでの距離を把握し、グリーン中央まで運べるクラブを選択し、狙った目標に「運ぶ」感覚でスイングしましょう。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

ゴルフ場での熱中症対策 おすすめグッズ8選 Jul 18, 2018
パットが打てない原因と対処法 Jul 08, 2018
「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018