記事一覧

パッティングラインのイメージの組み立て方

148325.jpg

グリーン上には大なり小なりのアンジュレーションがあり、ボールとカップを結ぶ傾斜によって、スライスラインとフックラインに分かれます。

そもそもスライスラインやフックラインって、よく考えてみるとおかしな表現だと思いませんか?

スライスやフックとは空中を飛んでいくボールが、スイングの軌道やインパクトの瞬間のフェースの向きによって、右や左に曲がる現象のことです。それなのに、ボールがグリーン上を転がっていく「右曲がりのことをスライスライン」「左曲がりのことをフックライン」と呼ぶこと自体が間違っています。

パットの場合、グリーン上の傾斜や芝目によってボールが左右に「曲げられる」のであって、決して自分で曲げているわけではないのです。

ところが、スライスラインやフックラインという不適切な言葉のせいか、ラインのイメージの組み立て方を完全に間違えている人が意外に多いのです。

たとえば、グリーンが左から右に傾斜しているラインを打つとします。ボールが右に曲がるので、カップよりも左側を狙って打つのは当然ですが、ボールは最初から右に曲がりだすような曲線となり、初速から終速までスピードが均等で、全体的にカーブを描くようなラインをイメージしてしまうわけです。



どんなラインでも狙った地点にストレートに打つ

仮に高低差のない(上りでも下りでもない)平坦なラインだとしても、芝の上を転がるボールはカップに近づくにつれてスピードが弱まります。1~2メートル以内の短いパットでない限り、カップまでの距離や高低差がどうであれ、転がりのスピードは、必ず変化します。

右に曲がるラインでも、左に曲がるラインでも「グリーン上のあの辺にボールを打ち出せば、転がりが弱まったところで、グリーンの傾斜に乗ってカップの方に向きを変える」、そんなイメージの組み立て方が大切です。

さらに、ボールを打ち出す方向に仮想のカップを設定し、ボールから仮想のカップまでの真っ直ぐなラインをイメージします。そのラインに対してフェースをスクエアにセットし、肩や腰、スタンスのラインが平行になるように構え、あとは狙った方向に真っ直ぐ打ち出します。結局は右に曲がるラインでも、左に曲がるラインでも、打ち方はストレートなラインと何も変わりません。

だからこそ、真っ直ぐなラインで、ボールを真っ直ぐに転がせるようになるまで、地道なパット練習が絶対に欠かせないのです。



“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018