記事一覧

ロングパットこそ「的を小さく」絞って打とう

4ac305766c1ef1b7c663ee5e2e3559b4906c7267.jpg

スコアアップの近道は、パットが上手くなることに尽きるといっても過言ではありません。とくに、確実にカップインさせたい「1メートル」のパットをしっかりと練習しておけば、スコアのロスをかなり防げます。100なんて簡単に切れるはずです。

それでも3パットや4パットなど、グリーン上の大叩きがなくならないというのは、ロングパットがカップの近くに寄らないからです。

10メートル前後か、それ以上もある長いパットで5メートル以上も手前にショートしたり、オーバーするようでは、3パット以上もうってしまうのは当然の成り行きです。

まずは、「ロングパットを1メートル圏内に確実に寄せる」ことが肝心です。そのための準備として、スタート前の練習グリーンで、10メートル前後の距離を必ず練習してください。その日のグリーンの速さに適応した「距離感の目安」を把握しておく習慣をつけましょう。



狙いをカップに絞れば、ラインが明確になる

そして、コースでのプレーにおいては、10メートルもある長いパットでも、グリーンの傾斜をよく確認し、目標をカップ絞ってラインをしっかりと読むことです。

「ロングパットの場合は、カップを中心とした半径1メートルの大きなカップを想定し、それに入れるイメージで打つのがいい」と言う人がいます。「目標を大きくとることで、余分なプレッシャーから解放され、アプローチ感覚でのびのびストロークできる」というのがその理由だそうです。

果たして、本当でしょうか?アプローチ感覚でストロークできるのなら、カップの近くに寄る確率がそれなりに向上するはずですが、私が実際に試したところ、ほとんど効果は感じられませんでした。

やはりロングパットでも狙いはカップに絞るべきです。それはなぜかというと、直径2メートルもの大きなカップを目標にしてしまうと、「ラインが無数となり、逆に的を絞りにくい」からです。

ロングパットで目標をカップに絞れと言っても、それだけの長い距離のパットを必ず入れなさいと、強要しているわけではありません。

カップという小さな目標をしっかりと狙う意識を持つことで、ラインが絞られ、かつ集中力が高まります。また、ボールをラインに乗せていくための、転がりのスピードも予測できます。

長いパットの場合、ボールが転がり出す初速から、中速、カップ周りにたどり着いたときの終速まで、それぞれのスピードの変化が大きいことが特徴です。

そのため、大きなカップをイメージすると、ラインが無数に生じてしまい、こうした転がりのスピードのイメージが組み立てにくくなります。逆に不利となるケースが多いのです。

また、カップが遠くて見にくいようなら、キャディさんか同伴競技者にピンを立ててもらいましょう。カップを平面で見るよりも、カップの場所に人やピンなどの「立体」が見えていたほうが、距離感は合わせやすくなります。

golfer-703788_1280.jpg

ロングパットは狙いを大きくとらないで、カップに狙いを定めましょう。大きなカップを想定するとラインが無数になり、かえって寄せにくくなります。狙いをカップに絞り、ラインと距離感のイメージを明確にしましょう。

ロングパットを寄せる確率を向上させて、より少ないパット数で上がるためにも、ぜひ試してみてください。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018
グリーン上で『お先に』をあなたはしますか? Apr 10, 2018
プロとアマの最大の差はパター Apr 07, 2018
アドレスの絶対的なひとつのポイント“ゴルフビギナーの基本” Apr 06, 2018
ゴルフ一人予約のオススメ 気軽にゴルとも増やしましょう! Apr 05, 2018