記事一覧

プロとアマの最大の差はパター

201304080006-spnavi_2013040800013_view.jpg

世の中には『勘違いプレーヤー』ってのがいるものです。

『パターだったらプロと勝負できる!』とか思っているアマチュアゴルファーが大勢います。

っと偉そうに書きましたが、私もその一人でした。

しかし、プロの方と何度かご一緒させて頂く機会もあり確信したのですが、そういう自称【パター自慢男】は絶対にプロに勝つことはできません。

というか、プロとアマの決定的な差はパッティングにあるといっても過言ではないのです。

プロだってアマチュア同様に、ショットが曲がることがあります。

でもアプローチできっちり寄せ、最後の締めであるパッティングを何とか決めてスコアを作り上げているのです。

ですからパッティングの技術はアマチュアとは比べ物になりません。

プロとアマは何が違うのか?

では、プロとアマのパッティングにおける差はなんでしょう?

それはパターの芯に当たっているかどうかが最大の差です。

つまりアマチュアのパッティングは芯に当たっていないケースがほとんどなのです。

そもそもパターの時に芯に当てようと意識してますか?

『えっ!パターにも芯があるの!?』

まさかそんなトボけたことを言う方はいないと思いますが、念のために言っておきます。

パターにもドライバーと同様にスイートスポット。

すなわち芯があるのです。

そしてもちろんロフトもあり、パターでも正しく打ち出されたボールは空中を飛び、落下してからまっすぐ転がるのです。



芯に当たると何がいいか?


芯に当たると何がいいかというと、ボールが飛ぶ。

これが大切です。

といってもドライバーみたいに飛ぶということではなく、効率よく飛ぶという意味です。

小さな力でボールが飛んでくれるということは、小さなバックスイングで打てるということだから、精度が高まるのは理解できますよね。

調子のいい時のタイガーウッズが小さなバックスイングから『パチン!』と音が出るように打ってきましたよね。

あの感じです。

ところがアマチュアは逆に、大きなバックスイングからインパクトで力を加減して打つ人が多く、効率が良くありません。

バックスイングが大きいということがそもそもダメだし、減速しながら打つというのがもっとダメです。

芯に当たりにくいし、フェース面もズレやすくなって、ボールに余計なサイドスピンがかかってしまいます。

ショットであれパッティングであれ、サイドスピンがかかるとボールは左右に曲がりますから、狙ったところには打てないし、転がせないということになるのです。



どうすれば芯であたるようになるか


もっともプロゴルファーだって毎回芯で打てているわけでは決してなく、今日一のパッティングというのはけっこう少ないです。

しかし100を切れないようなゴルファーは、まずほとんどが芯に当たってないんじゃないでしょうか。

では、どうすれば芯で当たるようになるのかですが、やはり練習が必要になります。

練習法としては、パターのフェースに何かを貼って、芯に当たらなかったら飛ばないようにしちゃいましょう。

芯以外のフェース部分にガムテープを貼ったり、輪ゴムを巻いてもいいです。

このように芯の両サイドをブロックして打つと、芯に当たったかどうかがはっきりとわかります。

この細工を施したパターで練習すれば芯でとらえる確率は絶対にアップしますから、ぜひ一度試してみてください。



【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018