記事一覧

スライスで困ったら「オープンスタンス」で直せ

15305874_1255735787824496_4177922127149662208_n.jpg

「スライス」自体は決して悪い球筋ではありませんが、狙った方向から大きく逸れてしまう曲がりのひどいスライスは、スコアメイクを苦しくしてしまいます。

ところで、一口にスライスと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか?

スライスはフェースが開いて当たるので、右に曲がるという点では共通ですが、いったん目標よりも左に飛び出して途中から右に曲がる「引っぱり型のスライス」と、目標方向にほぼ真っ直ぐ出て右に曲がる「ストレート系スライス」、最初から目標の右に飛び出してさらに右に曲がってしまう「プッシュ型スライス」の3つがあって、その原因がすべて異なることを最初に知っておかなくてはなりません。

原因が違えば、矯正法も当然違います。現象をよく理解もせずに、間違った処方箋を与えては、症状が悪化する一方です。

昔のパーシモンヘッドのドライバーの頃は、クラブヘッドを上から鋭角にぶつけ、ボールのバックスピン量を増やして、キャリーを伸ばす打ち方が主流でした。その結果として、アウトサイドインの軌道になりやすく、「引っぱり型のスライス」が発生しやすいという特徴がありました。

ところが、現在のドライバーはシャフトが長くて、クラブヘッドの体積が大きく、クラブとボールの反発係数も高くなっています。さらには、シャフトの中心部からクラブヘッドの重心までの重心距離が長いために、インパクトエリアでフェースターンが遅れやすいのです。

つまり、フェースが返りにくく、インパクトのフェースの向きのままで、ボールが飛び出してしまうわけです。



インサイドアウトに振ろうとするのは“逆効果”

こうした現在のドライバーの特性を知らずに、スライスを一生懸命に直そうとして、余計に悪化させているゴルファーがどれだけいるでしょうか。

「スライスがなかなか直らない。きっとアウトサイドインの軌道が原因だ。そうだスライスを直すならフックを打つ練習がいいと聞いたことがあるぞ。じゃあクローズスタンスに構えて目標よりも右に打ち出して、両手を返して打てばいいんだな」

このような勘違いが上達を遅らせるのです。現在のドライバーは球離れが早くて、フックが打ちにくくなっています。ですから、「インサイドアウト」でスライスを直すことは、実は難しいのです。

インサイドアウトに振ろうとすると、ダウンスイングで右肩が下がり、クラブが極端に低く下りてきて、クラブが寝てしまいます。フェースターンが遅れるので、オープンフェースのままで当たれば最初から右に出て、さらに右に曲がる最悪のスライスにしかならないのです。フェースを早く返そうとすれば、クローズフェースで当たり、ヒッカケが発生します。

「ストレート系スライス」ならまだしも、「プッシュ系スライス」ならフェアウェイキープの確率はゼロ。この球筋がゴルフをダメにすることを肝に銘じておくべきです。

スライス矯正の「逆転の発想」といきましょう。スライスを直したければ、逆にスライスを打つイメージで練習するのがいいのです。

目標よりもやや左を向いて立ち、軽いオープンスタンスに構えます。そして、目標の少し左側に打ち出すつもりで「アウトサイドイン」の軌道でスイングしてください。

15046902_606995886146018_3881160429824638976_n.jpg

“ライ角をインパクトで再現する”ことが重要


アドレスの際のシャフトの傾きと地面の角度をクラブの「ライ角」と言いますが、オープンスタンスに構えてアウトサイドインの軌道で振ると、このライ角がインパクトで再現されやすくなります。

インサイドアウトに振ろうとすると、インパクトで両手が浮き上がり、前傾角度が崩れます。そのためにライ角も維持できず、フェースの芯に当たらないのです。

その点、アウトサイドインの軌道ならインパクトで両手が浮き上がらず、アドレス時の位置に戻りやすいので、結果的にフェースがスクエアに戻りやすくなります。

軽いスライスを打つイメージでも、意外に曲がらないことがわかるはずです。こうしてスイングを修正していけば、ひどいスライスと永遠のお別れができます。そしてフェアウェイキープ率が劇的にアップします。

15258750_100329877124270_5028377530667630592_n.jpg

インサイドアウトに振ってスライスを直そうをするのは間違った練習法です。中にはその方法が合う方もいるかもしれませんが、ほとんど方がインパクトで両手が浮き、フェースが開いてプッシュスライスを増長させてしまいます。

逆転の発想で、オープンスタンスに構え、軽いスライスを打つイメージでアウトサイドインに振ってみましょう。クラブのライ角どおりにインパクトを迎えることができ、曲がりを抑えられますよ。

“逆転発想”のゴルフ記事一覧はこちら⇒飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”





【関連コンテンツ】

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

最新記事一覧

旗竿(ピンフラッグ)の持ち方・置き方 “ゴルフマナーの基本” Oct 19, 2017
出発点を間違えると上達が遅れる “ゴルフビギナーの基本” Oct 05, 2017
パッティングのスムーズな進め方とOKパットのあり方 “ゴルフマナーの基本” Oct 02, 2017
ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本” Sep 27, 2017
飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ” Sep 19, 2017
グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本” Sep 15, 2017
コースデビューは「失敗して当たり前」“ゴルフビギナーの基本” Sep 11, 2017
ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 07, 2017
短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識 Sep 03, 2017
ボールマークの修復 “ゴルフマナーの基本” Aug 27, 2017