記事一覧

ビギナーは「空振り」「ダフリ」「トップ」する “ゴルフビギナーの基本”

コース未経験者でも練習場でボールを実際に打ってみれば、ゴルフはこういうものだとある程度わかってきます。そこそこ当たるようになった。ボールがある程度真っ直ぐ飛ぶようになった。「よし、行けそうだぞ!」という期待感が生まれてくることでしょう。ところが、コースに出たらまったく当たらない。練習場のようにボールが真っ直ぐ飛んでくれない・・・それは、練習場とコースはまったく条件が異なるからです。練習場は基本的に...

続きを読む

飛距離・正確性・スコアアップを手に入れる “「逆転発想」のゴルフ”

世間一般的に常識と考えられていることを「表」とすれば、その「裏」には、いったい何が潜んでいるのでしょうか?私たちの想像の及ばないものが潜んでいるかもしれませんし、場合によっては「裏」にこそ、物事の真実が隠されているケースも少なくありません。こうした世の中の常識を引っくり返す「逆転の発想」は、私たちに多くの新しい発見をもたらせてくれます。イチローに学ぶ、コペルニクス的「発想の転換」2016年に日米通算42...

続きを読む

グリーン上での歩き方 “ゴルフマナーの基本”

グリーンはそのコースの顔とも言えるほど大事な上に繊細でデリケートな部分です。そのグリーン上の歩き方について、ゴルフビギナーに限らず、経験者も理解していない方が多いので必ず習得してからコースに出ましょう。ゴルフシューズはふつうの靴とは違って、スパイクによってグリーン面を傷つけやすいのです。昨今のベント&サンドグリーンの表面は、技術の進歩によって繊細な整備が可能になってクォリティが著しく向上しています...

続きを読む

ボールマーカーのスマートな使い方 “ゴルフマナーの基本”

ボールマーカーはグリーン上にてボールの代わりに置くものです。ボールがほかの人のボールと識別できるマイボールでなければならないように、ボールマーカーもほかの人のものと識別できる必要があります。ゴルフ場にはそのコースのボールマーカーが用意されてはいますが、みんながそのコースのボールマーカーを用いるのは好ましくありません。むしろよそのコースのものを使う方が理にかなっています。ボールマーカーは2・3個違うも...

続きを読む

短いパットのカップイン率を劇的にアップする意識

カップまでわずか1メートルのパット。「入れ頃、外し頃」なんて言われるように、普通に打てば簡単に入りそうな距離でありながらも、ラウンド中にポロっと外してしまうミスが案外多い距離です。試しに練習グリーンやパッティングマットで、1メートルの真っ直ぐなラインを10回打って、入る確率がどのくらいかを自分でテストしてみてください。10球とも入る人もいるでしょうし、7・8球しか入らないという人もいることと思います。1球...

続きを読む

スポンサーリンク

最新記事一覧

「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018