FC2ブログ

記事一覧

練習場ではうまく打てるのに、コースではダメな理由

「練習場では、アイアンショットがきちんと打てるのに、コースではダフリやトップの連発でさっぱり当たらない・・・」そんな風に嘆く人が、案外多いものです。うまく当たらないと、クラブヘッドをきちんと入れようとして、ミスショットがますますひどくなるばかり。これではスコアメイクどころではありません。コースに出たときも、練習場と同じスイングを実行しているのに、なぜこうした現象が起こるのでしょうか。それは、練習の...

続きを読む

池越えショットが池が入る理由

池越えのホールというのは嫌なものですよね。調子良く回っていたら、いきなり池越えのパー3が現れるってことあるじゃないですか。嫌だな、入れたくないな、と思いながら打つんだけれども結局池に入れてしまい、6とか7なんていうビッグスコアが来て、結局いつものスコアに戻ってしまう。そんな経験をしたゴルファーは少なくないと思います。池があると景色は美しくなるのですが、いざプレーをするとなると物凄く邪魔なものですよね...

続きを読む

アドレスが完成したら、もう方向のことは気にしない

アドレスの姿勢をつくり、目標方向を2~3回繰り返し見る。さあスイングを開始するかなと思いきや、また目標を見直して、体をモジモジし始める・・・見ているほうもイライラしてしまいそうな仕草ですね。でも、あなた自身もそんな風に、モジモジしていませんか?これはアドレスの体の向きに自信が持てなくなり、「間違った方向を向いているんじゃないかな」「ミスするんじゃないかな」と不安になるからです。アドレス後に、目標を確...

続きを読む

「スイングのミス」よりも「アドレスのミス」をなくそう

コースでミスショットを連発すると、大抵のゴルファーはスイングばかりを気にします。「今はどこが悪かったのかな」「クラブがアウトサイドに上がったかな」「トップスイングの位置がおかしかったかな」「ちょっとフェースが開いて当たったかな、じゃあ今度はクラブをインサイドに引いて、インパクトで手を返して打とう」、こんな感じでスイングチェックモードに入ってしまうわけです。ミスが出だしたからといって、その場でスイン...

続きを読む

最終ホールの悲劇はなぜ起こる

「カーヌスティの悲劇」をご存知でしょうか?ゴルフ史上最大の悲劇と呼ばれるその事件は、カーヌスティで行われた1999年の全英オープン最終日に起こりました。最終ホールを3打差の首位で迎えたのはフランス人のジャン・バンデベルデ。ジャン・バンデベルデは、下馬評にもなくヨーロッパツアーで一勝しただけの無名の選手。しかもマンデートーナメントを勝ち抜いて本戦出場を果たした選手でした。最終ホールは18番パー4。バンデ...

続きを読む

朝イチのティーショットは“気持ちよく”曲げてしまおう

スタートホールのティーショットって気持ち悪いものですよね。その日の調子がどうかとか、きちんとボールに当たるかだとか、ほとんどの人が不安な顔をしていますよね。いや「不安」というより「恐れ」といったほうがいいかもしれません。でも恐れる必要なんてないんです。むしろ朝イチのティーショットだからこそ気持ちよく振ることをおススメします。朝イチショットはその日の大事な情報源朝イチショットは緊張せずに気持ちよく振...

続きを読む

ラウンド前日までの情報の収集、伝達 “ゴルフマナーの基本”

毎回同じコースへ出かける場合はともかく、初めてのコースや何年かぶりに訪れるコースへ行く場合は、ラウンド前日までにコースについて下調べをしておきましょう。あらかじめ知っておくべき情報は、多岐に渡ります。インターネットやカーナビが普及していなかった時代では、ゴルフ場ガイドブック・広域地図帳・列車時刻表などが必須でしたが、今ではパソコンがなくてもスマートフォンさえあれば必要な情報はほとんど手に入れること...

続きを読む

上がらないフェアウェイウッドのミート率アップのコツ

最近では、「ストロングロフト」と言って、アイアンのロフト角が以前よりも少ない傾向があります。「昔はあまり飛ばなかったけれど、今では、7番アイアンで5番アイアンと同じくらいの距離が出る」と自慢するゴルファーもいますが、これはクラブの性能アップに加えて、ロフトが立ってきたからです。そのため、今の5番アイアンは、昔の3番アイアンと同等に難しくなっています。ですから、5番よりも長いアイアンを使用せず、代わりに...

続きを読む

序盤で叩いてしまった時の対処方法

調子の悪い日というのがあるものです。その程度ならまだしも「今日はもうどうにもならない」と嘆き節の出る最悪の日もときには訪れますよね。そんな時あなたはどうしてますか?よくあるのは「いやーキレちゃったよ。今日はもう練習だ」とか言って雑にプレーし始めるパターンですが、これはよくありません。1つだけ確実に言えることは、序盤でつまんないことをやって叩いてしまった時、それを取り返しにいかないことです。その日の...

続きを読む

スライスで困ったら「オープンスタンス」で直せ

「スライス」自体は決して悪い球筋ではありませんが、狙った方向から大きく逸れてしまう曲がりのひどいスライスは、スコアメイクを苦しくしてしまいます。ところで、一口にスライスと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか?スライスはフェースが開いて当たるので、右に曲がるという点では共通ですが、いったん目標よりも左に飛び出して途中から右に曲がる「引っぱり型のスライス」と、目標方向にほぼ真っ直ぐ出て右に曲...

続きを読む

スポンサーリンク

最新記事一覧

スイングづくりの重要ポイント“ゴルフビギナーの基本” Oct 04, 2018
体は“縦”で腕は“横”が大正解! Sep 25, 2018
乗用カートの使い方 “ゴルフマナーの基本” Sep 22, 2018
バンカーは打てるハザード。なげくより喜ぼう♪ Sep 18, 2018
「スエー」は悪い動きではない。実は正しい動きだ。 Sep 16, 2018
スピンで止めようとするのはアマチュアだけ? Sep 14, 2018
適度な「グリッププレッシャー」は素振りで覚える Sep 04, 2018
アプローチのミスに大ショートが多い理由 Aug 14, 2018
本番前の「緩んだ素振り」は百害あって一利なし Aug 08, 2018
なぜプロのアプローチは寄るのか Jul 25, 2018