FC2ブログ

記事一覧

コースデビューで慌てなくてすむ方法“ゴルフビギナーの基本”

林からは7番アイアンのアプローチでフェアウェイに戻そうティショットなどで運悪く林の中に打ち込んでしまったときは、ボールをいったんフェアウェイに戻すことが先決です。グリーンの方向を見たら、木と木とのスペースが狭く、枝が左右に張り出していて脱出が困難と判断した場合、グリーンの方向に打つのは断念してください。グリーンが見えているからといって、狭いルートの方向に打ち出せば、ボールを木に当てて、さらに林の奥...

続きを読む

移動は素早く、スイングは「ゆっくり」と “ゴルフビギナーの基本”

コースデビューの時は万事が上手く運ばず、安定したプレーなんてなかなかできないものです。ゆっくりと歩いていられる時間もあるかもしれませんが、おそらくは走っている時間のほうが多いことと察します。むやみやたらに走り回らなくても結構ですが、できるだけ先行することを心掛けましょう。ゴルフは目標から一番遠い人から打つと決まっています。初ラウンドの人は、ティショット以降は、一番先に打つケースが絶対的に多くなりま...

続きを読む

傾斜地ではバランス感覚を第一に “ゴルフビギナーの基本”

ゴルフ場と練習場の一番の違いは、ゴルフ場には平坦な場所がほとんどない点です。ティーイングエリアは基本的には平らですが、ティショットを打ち終えてボールをカップインするまで様々な傾斜に遭遇します。ボールがフェアウェイ上にあっても、平らとは限らないのです。フェアウェイでも傾斜地になっていたらトラブルショットと考えてください。傾斜地では7番アイアンより長いクラブは持たない傾斜には大きく分類してツマ先上がり...

続きを読む

自分のマックス以上のスイングは絶対にしない “ゴルフビギナーの基本”

コースデビューのラウンドで慌てないようにするには、ティショットに限らず、どこから打つときもボールを前に転がすつもりでスイングする意識が大切です。ボールを上げようとすることがスイングをおかしくしてしまう一番の要因ですから、クラブを絶対に下からすくい上げてはいけません。池越えや谷越えの場面も、時にはあるかもしれません。一番距離の出るのは5番ウッドですが、キャリーを150ヤード以上出さないと越えられないよう...

続きを読む

ティショットは方向取りに気を配ろう “ゴルフビギナーの基本”

さあ、いよいよスタートです。迎えたコースデビューの記念すべき第一打の場面です。スタートホールは周囲の目もあるし、「うまく打てるだろうか」とか「空振りしないだろうか」といった不安感と、「いいショットを打ちたい」という自らへの期待感で、緊張はマックスに達しています。そんな場面でビギナーの多くは大抵空振りをしてしまいます。よくてチョロかダフリといったところでしょう。なぜこうした結果になるかというと、「き...

続きを読む

スポンサーリンク

最新記事一覧

コースデビューで慌てなくてすむ方法“ゴルフビギナーの基本” Nov 05, 2019
移動は素早く、スイングは「ゆっくり」と “ゴルフビギナーの基本” Oct 25, 2019
傾斜地ではバランス感覚を第一に “ゴルフビギナーの基本” Oct 17, 2019
自分のマックス以上のスイングは絶対にしない “ゴルフビギナーの基本” Aug 28, 2019
ティショットは方向取りに気を配ろう “ゴルフビギナーの基本” Aug 09, 2019
スタート前の準備 “ゴルフビギナーの基本” Jun 15, 2019
初ラウンド前の予備知識 “ゴルフビギナーの基本” Jan 24, 2019
練習場で効率よく上手くなる6つのポイント“ゴルフビギナーの基本” Dec 26, 2018
ビギナーにおすすめ、自宅で簡単に出来る4つの練習法“ゴルフビギナーの基本” Dec 19, 2018
テンポは速くてもいいけど、タイミングはゆっくりと “ゴルフビギナーの基本” Dec 17, 2018