記事一覧

「いいスイング」より「強いスイング」を作れ!

「いいスイング」とは、どんなスイングを指すのでしょうか?これについては自分なりに知恵を絞りつつ、試行錯誤を繰り返しているゴルファーが多い事と察します。と言いつつ私も自問自答しては、明確な答えをなかなか見出せなかったものですが、様々な経験をし「いいスイングとはこういうものではないか」と、私なりに結論した答えを述べるとしましょう。プレッシャーに強いスイングいいスイングとは何か。それは、パットやアプロー...

続きを読む

プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本”

前の組への打ち込みと同様に、その本当の怖さを知らない人が多いのが、冬のコースでの喫煙です。枯れ芝の火は風に煽られると、なめるように炎が走り、燃える輪の円周はアッという間に大きくなっていきます。その勢いは4・5人の大人が踏みつけたり叩いたりしても、とても追いつけるものではありません。プレー中に喫煙するスポーツ?プレー中に喫煙するスポーツがあるのでしょうか?喫煙するゴルファーには、プレーの合間だからと...

続きを読む

真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本”

冬から春にかけてのフェアウェイは、雪解け、霜解け、春の長雨などで長期的なぬかるみとなる箇所があります。このぬかるみは避けて歩くべきです。靴が汚れるのは当然ですが、それだけではありません。もっと大事な理由があります。この時期の土中には、眠りから覚めたばかりの新しく弱々しい芝の芽や根があります。踏みつけ、こねることで生育を妨げてしまい、死なせてしまいます。ぬかるみはルール上、カジュアルウォーターになり...

続きを読む

スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から

皆さんならクラブをまったく握ったことのない初心者にゴルフをどう教えますか?最初にグリップの握りかたから始まり、アドレスの姿勢、7番アイアンなどを使ってクラブの振り方を一通り学ぶのが一般的な方法と言えますよね。つまり、いきなり「フルスイング」からスタートするわけです。でもよく考えてみてください、何か変だと思いませんか?クラブを持ったこともボールを打ったこともない人が、フルスイングの格好を教わったとこ...

続きを読む

悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本”

ゴルフは自然をグラウンドにして行うゲームです。この場合の自然とは、地の自然と天の自然を意味します。地の自然に急傾斜や谷や池があるように、天の自然には雨、風、霧があります。そしてそれらすべての自然は、挑戦に値するハザードなのです。悪天候を嫌い、悪天候から逃げたがる心は、わがまま、弱虫の心です。強い雨、強風、濃い霧はゴルファーにとってもちろん快適なものではありません。しかし、ゴルフにとってなんら不向き...

続きを読む

アプローチの重要性とまず把握すべき事

ショートゲームが上手くいかずにスコアをまとめられない方は多いと思いますが、そもそもショートゲームの練習してますか?ゴルフスコアにおけるショートゲームの割合ですが、アメリカのPGAのデータによれば、100ヤード以内からのショットが実に70%弱を占めます。つまりスコア100で回るとして、70回近くはアプローチやパッティングだということです。にも関わらず、ドライバーや7番アイアンばかり練習していませんか?ドライバーな...

続きを読む

最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント

今やクラブセッティングに欠かせない存在ともいえるユーティリティー。ユーティリティーの一番の功績は、ゴルファーがもっとも苦手とする180ヤード前後の距離を簡単に打てるようになったことです。自分にあったユーティリティーを手に入れることで、あなたのゴルフはさらにワンランクレベルが上がることでしょう。ユーティリティーはここ数年で劇的な進化を遂げていますが、逆に選び方が難しくなってきています。そこで、ユーティ...

続きを読む

練習グリーンの重要性と効果的な活用法

ラウンド前、練習グリーンでしっかりと球を転がしていますか?ショット練習が忙しくていつもパッティングはおろそかになっちゃってる人いませんか?ましては朝からレストランで宴会初めてないですよね(笑)ラウンド前のドライビングレンジでの練習はウオーミングアップやその日のコンディションを整える意味でもとても重要です。でも、ドライバーやアイアンをいくら打ち込んでも、曲がる時は曲がるんです。朝の練習だけでとても修正...

続きを読む

ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む!

グリーン上でキャディさんにラインを読ませる人って結構いますよね。「どっちに切れるの?」「はい、カップ2個右ですね」なんてやり取りをしてる人がいますが、それではいつまでたっても上手くなれません。まずは自分でラインを読む何でもかんでもキャディにラインを読ませる人っていますよね。そういう方はいつまでたっても上手くはなりません。まず自分でラインを読もうとしないことがよくないです。いつもキャディ任せでは、い...

続きを読む

パッティングラインの読み方の基本

パッティングを沈めるにはラインが読めているかどうかが重要になりますが、ただグリーン上でボールとカップを睨んでいるだけではラインは読み切れません。パッティングラインを読むためには、まずそのゴルフ場がどんな場所にあるのかを確認しておかなければなりません。いわゆるコースロケーションですね。例えば河川敷のコースだったら、どっちか上流でどっちが下流かを把握しておかなければならないし、山岳コースであればどっち...

続きを読む

スポンサーリンク

最新記事一覧

「いいスイング」より「強いスイング」を作れ! Jun 13, 2018
プレー中は禁煙のすすめ “ゴルフマナーの基本” Jun 07, 2018
真夏、真冬ゴルフの注意点 “ゴルフマナーの基本” Jun 06, 2018
スイング作りは「7番アイアン」ではなく「パター」から Jun 04, 2018
悪天候も自然の内 “ゴルフマナーの基本” May 22, 2018
アプローチの重要性とまず把握すべき事 May 14, 2018
最新ユーティリティー選びで失敗しないためのポイント May 04, 2018
練習グリーンの重要性と効果的な活用法 Apr 20, 2018
ラインはキャディに読ませるのではなく自分で読む! Apr 15, 2018
パッティングラインの読み方の基本 Apr 12, 2018